漢字が使われている。七月十八日 火 ひのえ うま 三碧 廿五 大安 とづ 室 ab・sor・bent 吸収性の 吸収剤。

2017-07-18 05:34:23 | 日記
文章を作成する上で、殆どと言っていい程使われている言葉は、漢字を使用していますが漢字という言葉の使用法は、古来中国から伝わって来たと聞いています。言葉というものは、世界の人の間で必ず使用されています。日本の現状では平仮名、片仮名、漢字、を主に使用していますがその昔では、象形文字から変化してきた文字が、漢字という文字に変化してきました。言葉というのは、現代社会でも勿論変化していて、子供達の間でも、主婦の言葉使いの間でも、高校生の間でも、毎日変化しているようなきがしています。意外と文章を作成する時などは、しっかりとした言葉を使用するようにしている気がしますが、日常会話の中では、例えば、言葉が変化するように、変化した言葉で「漢字が使われている。」現状の様な気がします。日本人及び中国人が名前において漢字を使用しています。ある時期のお婆ちゃんたちは、名前に片仮名を使用している気がします。ツネ、タネ、ウメ、等が一昔前のお婆ちゃんの間に使われているのを憶えています。名前において、漢字を使用する事とは絶対なのか解らない箇所も有りますが、「漢字が使われている。」のは実際の処です。使われている言葉が漢字だと、解らない言葉も勿論様々現れて来ます。象形文字から少しづつ変化して、現代漢字としてしようされる漢字とは実は、人の行動からの変化が漢字として使われているとも考えています。逆に行動を知ると漢字の大元が少しづつ解るような気もします。「漢字が使われている。」現在からの行動を憶えてみる方法でも、言葉と人の関わりや、使われる漢字の意味を知っていく事に繋がるかもしれないですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失敗。婚約指輪 七月十五日 ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。