駅 七月二十三日 かのと ゐ 朔 赤口 さだん 昴 aceph・a・lo・car・dia 無頭無心症

2017-07-23 18:10:36 | 日記
公共交通機関の中で発着回数が多い電車は、時刻表をみるとわかる様に、一日の本数がとても多い交通機関です。ローカル線から貨物列車、新幹線に至る、電車の通貨する停車場所を例えば「駅」と呼んでいます。一日の動きの中でお客さんを乗車して、動く回数は時刻表を見て解る通りに、駅から駅に移動する時間間隔が様々です。電車に乗っていると解りますが、様々な人が公共交通機関として乗車してきます。家族連れから、行楽客や通勤者など様々です。「駅」の営業は日本全体を通じて、電車の最終発着が終わり次第に一日の営業を終了しています。朝の始発電車から始まり、最終電車が終わる時刻には、夜になれば昔からですが酔っぱらっているお客さんや、飲み会帰りや、仕事帰りの通勤客が乗車しています。朝になれば、始発列車に通勤者が乗車してきます。「駅」には駅職員が常駐していますが、無人駅と言われる駅には職員が居ない「駅」も」存在します。最近suicaの無人改札を使用していると駅員との関わりが殆どなく、無人改札を通過しています。電車によっては駅職員が、対面にて切符を販売してくれる路線が有ると思いますが、suicaと、並行して切符を販売するか、切符をメインにしてsuicaを販売しても良いのかもしれないですね。電車の種類には様々有りますが、公共交通機関は使用してみると解るところが多いと思いますが、時刻表の在り方を考えて電車を利用してみるのか、「駅」を知って電車をしようするのかをある程度把握しておけると、利用する方法が広がるのかもしれないですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漢字が使われている。七月十... | トップ | 半熟目玉焼きとベーコンのサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事