茅ヶ崎発!勉強通信

茅ヶ崎在住の著者が日々の自身の勉強のあれこれを発信致します。

ただそれだけの、ただそれだけの自分がいる

2017-07-17 10:45:28 | 学習

第99回の発信です。  お暑う〜ございます。おかわりありませんでしょうか。

父が退院し、1か月半。いろいろな事があり、何とか家族の協力のもと、日々乗り切っています。前回98回の発信5/6では、畑に苗を植えたこと報告しています。自分のブログを開くのがこれ以来...というなさけなさ。畑は雑草との勢力争いを続けてきましたが、ここ10日ほど行けておりません。悲惨な様子をレポート出来ず、残念(自虐)です。読書の考え方、少し変えました。より今の自分の気持ちに寄り添うものをと。

さて本の紹介です。

著者 稲垣えみ子「魂の退社」東洋経済新報社 片岡鶴太郎「しみ入る心の山頭火」主婦と生活社 です。www.amazon.co.jp

最近、退社顛末記なんて聞かない、話題にならないなあ..と思って手に取ったこの本ですが、10年前の自分の気持ちのプレーバックさせてくれます。例えばP28の勝つ・負けるの話「会社員を経験している人ならわかると思いますが、-中略- 人の欲望というのは実に恐ろしいものがあります。-中略- そこそこで満足するというのは意外なほど難しいのです」麻薬あるあるです。私ナラも牛乳会社時代は、同期には絶対負けたくないと思っていましもの。才能ある後輩に負けを感じ、違うフィールドでやってみたいと旅行添乗員に転職した一因かと、今思います。本にはなりにくい会社論を、居酒屋で友とやっているようなこの本、寄り添ってくれます。

次は山頭火です。片岡鶴太郎氏が自身にピンときたものの選句集です。何冊か山頭火の評伝を読み、どうしようもない奴という評価は、自分のどうしようもないところを気づかせてくれる+でも生きていきたい=こころの琴線に触れるようです。いくつもの句の中から、あえてひとつ。P50より

おもひつめたるこころの文字は空に書く   山頭火

一昨日、ほんとひさしぶりに、何も予定のない土曜日。空をしげしげ、いえ、たっぷりと広い空をみました。ただそれだけであり、家に帰ってビール飲んだだけです。ただそれだけの自分がいたのかなあ。

今日はここまでです。 秋季勉強Cafe は10月21日(土)になります。何やら始めたい方、お気軽にのぞいてみてください。では失敬!ナラ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家庭菜園は土木工事です | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。