M2の山と写真

午年の馬力で近場の四季の山々をトレッキング

55 JR大津駅から音羽山 2017.06.27

2017-06-28 | 山行


2017.06.27(火) 今年55回目の山行 天候 曇り 単独

[行程]

JR大津駅ー大津道ーBBC分岐ー東海自然歩道出合ー音羽山ー石山分岐ー西山路傍休息所ー国分ーJR石山駅

前半戦最後の追い込みである。昨年に比べてまだ2週間遅れているが、後半で充分取り戻せるところにきた。

今日は梅雨空であるが雨は降っていない。朝の予報では15時頃まで持つとの事で近場の音羽山に出かけた。

一月ぶりの音羽山だが15時頃に戻れるコースを選択した。

山頂には11時に着いたが梅雨空なので靄っていて展望はさっぱりだった。

もちろんハイカーは誰もいない。ゆっくりと昼食を摂った。この先は石山分岐から国分に出てJR石山駅なので登りはない。

昼食を終え出発になって、どう言う訳かカメラのシャッターが切れない事に気が付いた。

電池は問題ないので原因が分からない。仕方なく以後は写真が無い。

その時は故障と思ったが、帰宅後調べるとシャッターが消音になっていただけだった。

消音にするにはメニューから入り、何度か操作しなければならない筈で全く理解できない。

写真を撮らないと歩くのは早い。何時もは150~200枚ほど写すが今日は50枚程だった。

15時前に余裕で帰宅出来た。

出来れば今月中にあと1回行きたいがどうだろうか。



歩行時間 3時間28分 休息 53分 合計 4時間21分 歩行距離 12.5km

コースタイム

JR大津駅南口発     9.25
登山口         9.32
祠           9.35
岩割れ        10.00
鉄塔         10.20-24
BBC分岐       10.27
東海自然歩道出合   10.52
音羽山        10.59-11.46 昼食
膳所本町分岐     12.10
石山分岐       12.17
西山路傍休息所    12.39-40
国分バス停      13.20-21
JR石山駅着      13.46


        JR大津駅南口発  9:25

       一旦国道1号に出る  9:27

押しボタン信号で1号を渡り高山寺石柱から入る  9:31

       登山口  9:32

道なりに進む

       登山口から3分で祠の前に出る  9:35

祠の左側から裏に廻り急坂を登る

    祠から4分で緩やかに尾根に出る  9:39

緩やかな尾根道

 始めの分岐  9:43 直進 右を行けば未踏だが水車谷

       登り詰めて左に90度曲がる  9:51

       ここから左に100mほど下る 9:51

下ったところ  9:54

急登始まる  9:55

       急登



       急登ここまで   9:59

       岩割れ  10:00

      次の急登始まる  10:03

急登なので左にバイパスが

       

       メインと合流  10:09

       しばらくヒノキ林を行く

       登り尾根道

       細尾根

        鉄塔  10:20-24

何とか見えている琵琶湖大橋

      ぼんやりと愛宕山

       近江大橋

      細尾根

      BBC分岐  10:27 右へ

       音羽山へ





      東海自然歩道出合  10:52

振り返る

        音羽山  10:59-11:46 三等三角点  593.4m

肉眼では見えているが琵琶湖大橋

      市街地と遠く愛宕山

      山科中心街

      大文字山と如意ケ岳

        四明ケ岳と大比叡

        東西千頭岳

JR石山駅着  13:46




       





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

54 JR保津峡駅からつつじ尾根を経て愛宕山 2017.06.25

2017-06-26 | 山行


2017.06.25(日) 今年54回目の山行 天候 曇り後雨 単独

[行程] 

JR保津峡駅ーつつじ尾根ー荒神峠ー表参道出合ー水尾別れー黒門ー石段下小屋ー大杉谷ー第四ベンチー第三ベンチー第二ベンチ

第一ベンチー梨木林道出合ー金鈴橋ー清滝バス停

梅雨本番で天気予報は連日傘マークばかり。昨年は6月中に58回なので、出来ればあと2~3回行きたいところ。

地震に驚かされて起き、外を見ると降っているようないない様な微妙な感じ。

とにかく朝食を摂り、様子を見る事にする。結局、雨覚悟で出掛ける事にする。

10時前自宅を出る時は小雨模様。二条駅でJRに乗り換える時は止んでいた。

保津峡駅に着いても雨は降っていないが愛宕山は雲に覆われて途中雨に遭いそうだった。

幸運なことに途中雨に遭わず石段下小屋に着いたとたん降って来た。13時半頃からひどい降りになってきた。

下山は雨の中を大杉谷道に降りる事になった。14時半頃から小降りになって15時には止んだ。

清滝バス停に着くとデカザックの若い女性が二人先着していた。夏のアルプス訓練のようだった。

今日はリトル比良から中一日で体も重く体調は良くなかったにも拘らず、保津峡駅から石段下小屋までの所要時間が久し振りに2時間を切った。

途中でペースの速い事に気づき、それならばと後半ピッチを上げたのが功を奏したようだ。

とにもかくも天候不良にかかわらず山行出来た事は大きい。昨年に比べて未だ遅れているが何とかなりそうな気がしてきた。




歩行時間 3時間33分 休息 40分 合計 4時間13分 歩行距離 11.0km

コースタイム

JR保津峡駅発    11.12
つつじ尾根取付   11.17
踊り場       11.21
急登ここまで    11.27
ヌタ場       11.34
第一ピーク     11.36
第二ピーク     11.38
ビューポイント   11.47
荒神峠       12.06-09
急登ここまで    12.28
表参道出合     12.39
水尾別れ      12.44
黒門        13.00
石段下小屋     13.06-42 昼食
大杉谷分岐     13.54
第四ベンチ     14.10
第三ベンチ     14.20
第二ベンチ     14.23-24
ヒグラシ滝分岐   14.32
小橋        14.36
第一ベンチ     14.43
梨木林道出合    15.01
金鈴橋       15.18
清滝バス停着    15.25 15.32発 阪急嵐山行に乗車 嵯峨小で下車


         駅ホームから 雨は止んでいる

       愛宕山は降っていそう

        JR保津峡駅発  11:12

       つつじ尾根取付  11:17

       踊り場から駅ホームを見る  11:21

急登







       急登はここまで  11:27

        緩やかなつつじ尾根

       ヌタ場  11:34

第一ピーク  11:36

第二ピーク  11:38

       第二ピークから中尾根を見る

       つつじ尾根

 ビューポイントから愛宕山雨は止んでいるようだ  11:47

つつじ尾根



        荒神峠  12:06-09

ここから急登始まる  12:09

急登















        急登はここまで  12:28

ガスが出て来た

       ネット沿いの急登



        表参道出合  12:39

水尾別れ  12:44

表参道



         黒門  13:00

         ガスであまり先が見えない



      石段下小屋  13:06-42 昼食

        下山にかかるが雨キツイ  13:42

雨に濡れる巨石群

       大杉谷分岐  13:54

        第四ベンチ  14:10

         第三ベンチ  14:20

        第二ベンチ  14:23-24

第二ベンチから霧の中の樹林

        ヒグラシ滝取付  14:32

   濡れているので少し怖い橋  14:36



第一ベンチ  14:43

シダの緑

       梨木林道出合  15:01

金鈴橋から下流を見る  15:18

        清滝バス停着  15:25




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

53 リトル比良から北比良峠縦走 2017.06.23

2017-06-24 | 山行


2017.06.23(金) 今年53回目の山行 天候 晴れ時々曇り 単独

[行程] 

JR高島駅ー登山口(大炊神社)ー賽の河原ー白坂ー岳観音堂跡ー岳山ー鳥越ーオウム岩ー鳥越出会ー岩阿沙利山ー鵜川越ー嘉嶺ケ岳ー滝山ー

寒風峠ーヤケ山ー一本松ーヤケオ山ー釈迦岳ーカラ岳ー北比良峠ーカモシカ台ー大山口ーイン谷口ーJR比良駅

2015.10.10以来のリトル比良である。以前は良く歩いていた。2001年、02年、05年と全縦走をしているぐらいだ。

何故か足が遠のいているのは、賽の河原から白坂まで水の浸食でツルツルになっている道が歩き難いからである。

今回は登りなので滑る事は無かったが濡れている事が多いのである。

この道は昔から岳観音堂への参詣道だったので老人でも歩けたのだろう。観音堂も山麓に移築されたので歩く人はハイカーぐらいになった。

前回の歩行記録を持って歩いたが、今日の暑さのためか老化かは分からないが少しずつ遅れて行った。

前回は堂満岳まで行っているが寒風峠で29分の遅れとなった事で堂満岳は諦めた。

釈迦岳で昼食にするつもりでヤケ山に取り付いた。途中の急坂で降りて来る若い女性ハイカー3人と行き会った。今日初めての出会いだ。

堂満岳は断念したので気持ちは軽くなったがヤケオ山の登りはきつかった。一本松からは樹木が少なく日差しを浴びるので熱中症になるのではないかと心配になった。

日陰での立休息を頻繁にとって何とか乗り切った。

やっとの思いで釈迦岳に着いた。前回より47分遅れていた。疲れ切って直ぐには食べられなかった。ビールもぬるくなっていた。

昼食を終えリフト道を降る事も考えたが、前回は堂満岳なのでせめて北比良峠まで行く事にした。

北比良峠からダケ道は足が攣りそうになったのでゆっくりと降りて行った。



歩行時間 8時間50分 休息 1時間18分 合計 10時間08分 歩行距離 21.9km

コースタイム

JR高島駅発      6.51 (2015.10.10の記録)
音羽         7.06
登山口        7.08
賽の河原       7.28
白坂         7.48
岳観音堂跡      8.04-06
岳山         8.34-38 (8.22-27) 12分の遅れ
鳥越         8.55
オウム岩       9.14-17 (8.59-9.01)
鳥越出合       9.26
岩阿沙利山     10.05-11 (9.45-52) 20分の遅れ
鵜川越       10.28-30
嘉嶺ケ岳      10.50
滝山        11.01
寒風峠       11.21-24 (10.52-53) 29分の遅れ 
ヤケ山       11.47-49 (11.14-15)
一本松       12.16-21
ヤケオ山      12.43-46 (12.02-04) 41分の遅れ
釈迦岳       13.18-13.51 昼食 (12.31-40) 47分の遅れ
リフト道分岐    14.02
カラ岳       14.07
オガサカ分岐    14.29
北比良峠      14.38-43
カモシカ台     15.27-30
大山口       16.04-08
イン谷口      16.27
JR比良駅着     16.59


         JR高島駅発  6:51

        音羽  7:06

        登山口 大炊神社  7:08-11



   防獣柵  7:12

         始めの分岐  7:19  左へ

         次は右へ

         今度は左へ

        右へ

        賽の河原  7:28

右の白坂コースへ

    細い流れを渡りいよいよ難路の始まり  7:32

これは歩き易いほうである

         難路

         灯籠が見えた  7:44

琵琶湖は霞んでいる

        見張山の稜線か

         白坂  7:50



不動尊

         弁慶の切石

         苔むした旧参道

         岳観音堂跡  8:04-06

         岩場

         露岩地帯  8:19







 鳥越峰の反射板が小さく見える

       岳山  8:34-38 565m



反射板

         鳥越  8:55

いくらか萎れているが一輪のササユリを発見





        コアジサイ

        オウム岩取付  9:14-17



オウム岩から岳山を振り返る

        鹿ヶ瀬 黒谷

         蛇谷ケ峰

         鳥越峰に向かう  9:17

         コアジサイとヤマツツジ





        コアジサイ街道

        鳥越出会  9:26 近くの鳥越峰は702m

前方に岩阿沙利山が

        岩阿沙利山  10:05-11 三等三角点  686.4m

後にして鵜川越に向かう 

        激下りを終え一旦車道に出る  10:28

鵜川越  10:30

振り返る岩阿沙利山

   道標 10:39 高島駅まで約5時間は余裕あり過ぎ 反対に寒風峠を経てJR北小松駅まで1時間半は到底無理な数字 昭文社のコースタイムは170分

         嘉嶺ケ岳に行って見る  10:49

         ここがピークなのか 10:50 665m

今度は滝山へ  11:00

滝山かな  1101 662m



寒風峠  11:21-24

二本松  11:29

         ヤケ山  11:47-49 700m

 蛇谷ケ峰

        ヤケオ山 釈迦岳

        左に武奈ケ岳 右は釣瓶岳

         ヤケオ山との鞍部  12:02

一本松  12:16-21

琵琶湖

 手前はヤケ山 滝山の稜線の向こうに岩阿沙利山 岳山

        日差しが強くへばる

         ヤケオ山  12:43-46 970m

釈迦岳

       琵琶湖

       釈迦岳の向こうに蓬莱山

        琵琶湖

        遠くにコヤマノ岳と武奈ケ岳

        フジハゲ

         振り返る

        武奈ケ岳

        琵琶湖

       ヤケオ山を振り返る

        崩壊地

 釈迦岳 13:18-13:51 三等三角点  1060.6m 昼食

        昼食を終え後にする

       振り返る

       ブナ林を行く

       ベニドウダン

        リフト道分岐  14:02

        カラ岳の電波塔 1030m

        タニウツギ

        ヤマボウシ

         縦走路

         蓬莱山にかぶさる堂満岳

         縦走路

         コアジサイ

         崩壊地  14:26

14:27

歩く人が少ないのか草に埋もれそうなオガサカ道  14:29

     旧比良ロッジ跡地

       武奈ケ岳

        崩壊地  14:34

         北比良峠  14:38-43

         琵琶湖

         後にする

        次郎坊山と釈迦岳

         ダケ道









         カモシカ台  15:27-30

ダケ道





   正面谷  16:04-08 手と顔を洗いさっぱりする

        大山口  16:08

イン谷口  16:27

JR比良駅着  16:59
  





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

52 黒河峠から三国山を経て赤坂山、寒風 2017.06.20

2017-06-21 | 山行


2017.06.20(火) 今年52回目の山行 天候 晴れ後曇り 単独

[行程]  

マキノ高原駐車場ー林道黒河マキノ線ー黒河峠ー三国山ー明王の禿ー赤坂山ー高島トレイルー寒風ー西山林道分岐ーマキノ高原駐車場

今年の1月に4人で赤坂山から寒風の周回をした。今回は黒河峠から三国山を付け足した。

県道を北に向かって歩いていると乗りませんかと声をかけられた。黒河峠に行かれるようだったが丁重にお断りした。

車を広い路肩に駐車して黒河越林道を先行する先程のご夫婦を後方から認めた。

しばらくして追いつき何処までと聞くと初めてで良く分からないとの事だった。多分車があるので三国山で引き返すと思われた。

お先にと先を急いだ。昼に赤坂山の予定である。林道分岐から53分、駐車場からは1時間47分を要して黒河峠に着いた。

しばらく待っても来ないので先に行く事にした。入れ替わるように白い車が到着した。ここまで車で来られる事に驚いた。

三国山に登り、降りて来る途中、白い車のハイカー(多分夫婦だと思う)に出会った。林道で追い越した人とは違う。どうしたのかなと思った。

明王の禿を堪能して赤坂山に着いた。風が強くTシャツ一枚では少し寒いのでウインドブレーカーを着て昼食にした。

赤坂山で40分近く休息していたが二組の夫婦ハイカーはやって来なかった。途中で引き返したのだろう。

休息中にソロが二人、夫婦らしき男女が登って来た。ソロの一人は直ぐに明王の禿の方に向かって行った。

1月に歩いている高島トレイルを寒風に向かった。想定では3時頃マキノ高原駐車場到着である。

トレイルを歩きながら何度も赤坂山を振り返った。驚いた事には寒風からも赤坂山、三国山、明王の禿が見えた事である。

寒風からは降り一辺倒である。少し右膝が痛んだが何とか西山林道分岐に着いた。ここまで来ればあと一息でマキノ高原ゲレンデだ。

寒風から1時間17分で駐車場に到着した。赤坂山で下山時刻は3時頃と想定したがその通りになった。



歩行時間 5時間52分 休息 56分 合計 6時間48分 歩行距離 17.9km

コースタイム

マキノ高原駐車場発  8.09 ショートカットする積りが別荘街で迷う10分程ロスタイム
黒河越林道分岐    9.03
ここからダート    9.22
黒河峠        9.56-10.02
三国山分岐     10.46
三国山       10.58-11.02
分岐に戻る     11.13
明王の禿      11.34
赤坂山       11.55-12.32 昼食
粟柄越       12.41
高島トレイル分岐  12.44
寒風        13.35-40
展望所       14.11
西山林道分岐    14.24-28
マキノ高原駐車場着 14.57


マキノ高原駐車場発  8:09

10分程ロスした後、県道に出て北に向かう

         水田風景が美しい

         白谷

         明王の禿が見えた  8:38

林道分岐  9:03

三国山まで4.5km

         先行する二人

         ここからダート  9:22

   コアジサイ

         黒河峠  9:56-10:02

高島トレイル 何と長距離 今日はその1/10ほどにもならない

         赤坂山へ  10:02

コアジサイ



         赤坂歩道

         一旦林道に出る  10:08

直ぐに山道  10:10

   コアジサイの道



         唯一の3mほどの鎖場

         展望所  10:25





乗鞍岳?

         コアジサイの道は続く

         ガレが見える

         コアジサイの道

         ベニドウダン

         木道  10:40

   湿地

         小沢を渡る

         三国山取付  10:46

         始めは緩やかだが最後は急登の階段

          階段

          三国山  10:58-11:02

    何の実

          三角点  三等三角点  876m

   山頂からの展望  乗鞍岳か

          琵琶湖方面

         下る ベニドウダン

         取付に戻る  11:13 途中車の二人に出会う

         赤坂山へ

         ベニドウダン

         赤坂山まで0.7kの標識

         明王の禿が見え出した







         琵琶湖は白く霞んでいる

         明王の禿に近ずく

         見えた赤坂山  11:34

  明王の禿  11:34













赤坂山

         ガレ場



         明王の禿



         赤坂山へ



         赤坂山  11:55-12:32 824m

三国山を振り返る

         明王の禿も



         霞む琵琶湖

         これから行く高島トレイル

         福井県の雲谷山か

         山頂を後にして寒風に向かう 〇〇ツツジ

         高島トレイル

         振り返る

         岩地蔵

         粟柄越  12:41

         高島トレイル分岐  12:44

     振り返る



         三国山と重なる

         〇〇ツツジ

         高島トレイル

         寒風は遠くの鞍部を越えた辺り

         高島トレイル

         振り返る三国山と赤坂山  13:00

霞む琵琶湖

         左に90度曲がる P841の近く  13:07

   振り返る赤坂山



        メタセコイヤの並木道が見える

         高島トレイル

         メタセコイヤ

         まだ見える三国山と赤坂山

         高島トレイル

         鞍部を越えた辺りが寒風か

         樹林帯を行く



         寒風に着いた  13:35-40 赤坂山から1時間



         見えた三国山、赤坂山、明王の禿

         ここから降る

         下る

         ブナ林を降る





         コアジサイ

         下る

         展望所  14:11

マキノを俯瞰する

          西山林道分岐  14:24-28

下る

         見えたゲレンデ

         ゲレンデを降る

         斧研川

         マキノ高原駐車場着  14:57


         


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

51 ガリバー旅行村から八渕の滝 2017.06.17

2017-06-18 | 山行


2017.06.17(土) 今年51回目の山行 天候 晴れ メンバー ヨネちゃん しーちゃん M2の3人

[行程]  

ガリバー旅行村ー魚止滝ー障子の滝ー大擂鉢ー貴船の滝ー七遍返しの滝ー八雲ケ原ー奥の深谷ー金糞峠ー大山口ーイン谷口

過去に何度も行った八渕の滝。2年前、水量の多い時に怖い目をして以来行けていない。

今回、八渕の滝のエキスパートであるヨネちゃんからお誘いがあった。単独行は控えていたがヨネちゃんとならば安心である。

二回目のしーちゃんも参加して3人で出かけた。

梅雨に入ってほとんど雨の降らない日が続いている。今日も絶好の天気に恵まれた。

魚止の滝から障子の滝を通らなければ八渕の滝に行った事にならない。一応危険コースになっているが何回も経験している上、今日は水量も少なく不安はない。

油断をしたわけでは無いが最初の徒渉でいきなり膝上までドボンした。危なくカメラとガーミンを水没させるところだった。

ヨネちゃんとしーちゃんにも心配かけて申し訳なかった。このあと鎖場や梯子が断続的にあるので気合を入れ真剣になった。

魚止滝は巻いて通過、障子の滝では慎重の上にも慎重に突破して遊歩道に出た。

ここからしばらくは危険な所はない。大擂鉢は倒木で著しく美観を損ねていたのは残念だった。

小擂鉢、屏風の滝を経て貴船の滝右岸に着いた。新旧2本の鎖に頼り先ず下に降りる。流れを渡るが鎖がぐらぐらしてあまり頼りにならない。何とか左岸に渡り梯子とホールドで崖を攀じ登り上に着いてホッとする。

ここから先にはたいした難所はないが、未だ鎖場もあり七遍返し滝にある老朽化した丸太橋を渡らなければならない。

恐々丸太橋を渡った後もしばらくは気を許せない。このあと10人位の沢登りグループに出会った。

八雲ケ原に抜ける山道は空腹がひびききつかった。何とか八雲ケ原に辿り着いたのは13時を回っていた。

ここには奥の深谷の橋補修でお世話になっているヨネちゃん旧知のYさんが先着されていて山談義に花が咲いた。

この時間になっても武奈ケ岳から降りて来るハイカーは多かった。堅田駅、出町柳駅も2台のバスが出たようだ。

50分のゆっくりとした昼食を終え奥の深谷廻りで金糞峠に向かった。

金糞峠からは中峠から降りて来た大阪のソロハイカーも交えて正面谷を降りて行った。

イン谷口ではバス待ちのハイカーが行列をつくっていた。

何時もの事ながらヨネちゃんのペース配分は流石だった。

比良駅でしーちゃんを知っておられるせらさんに出会った。

今日参加の予定だった摩耶山さん歩さん、かおりさんと旧知のようで車内は山談義であっという間に山科駅に着いた。





歩行時間 不明 休息時間 不明 合計 6時間58分 歩行距離 12.6km

コースタイム

バス停着      9.35
ガリバー旅行村発  9.46
魚止滝分岐    10.01
魚止滝      10.17
障子滝      10.25
大擂鉢      10.53
小擂鉢      11.02
屏風の滝     11.12
貴船の滝     11.18
七遍返しの滝   12.01
まぼろし滝望見所 13.07
八雲ケ原     13.16-14.06 昼食
金糞峠      13.51-55
大山口      16.09
イン谷口     16.33  16.40発JR比良駅バスに乗車 満員だった


   ガリバーショップ前スタート  9:46

         ヨネちゃん写す

魚止滝分岐で蛇の歓迎を受ける

         コアジサイ

         八池谷に降りて行く

    始めの徒渉  10:07 このあとドボンする

         鎖場

         魚止滝は巻いて行く

         障子の滝へ

         ヨネちゃん写す

         ヨネちゃん写す

         障子の滝

         近づく





         対岸に渡る  10:27

         渡り岩壁を攀じ登る



         障子の滝



         遊歩道に向かい登る





         見えた唐戸の滝

         ヨネちゃん写す

         ヨネちゃん写す

         遊歩道まであと少し

         大擂鉢に向かう  10:52

貴船の滝に向かう

        小擂鉢  11:02

ササユリのつぼみ

ハナニガナ

         貴船の滝へ

         屏風ケ淵

         貴船の滝に近づく

         鎖場

         ヨネちゃん写す

         貴船の滝  11:19

先ず降りる



         渡る

         貴船の滝

         

         攀じ登る

         貴船の滝上部



         ヨネちゃんセルフタイマーで写す

          七遍返しの滝の手前の丸太橋  12:01

渡るしーちゃん

恐る恐る渡る  ヨネちゃん写す

          鎖場



         何を見ているのでしょうか

         10人程の沢登りグループに出会う



 沢から山道に入りここは見えないまぼろし滝の展望所  13:07

旧ゲレンデに出る  13:11

         コヤマノ岳と武奈ケ岳

         八雲ケ原  13:16-14:06



         ヨネちゃん写す

   南部湿原

         モリアオカエルの卵

         サラサドウダン

         金糞峠へ

         新設された橋

         芦生杉  14:24

金糞峠  14:51-55

タツミナソウ

         青ガレを降る

         青ガレ

         大山口  16:09

イン谷口  16:33















コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加