M2の山と写真

午年の馬力で近場の四季の山々をトレッキング

39 桟敷ケ岳にヤマシャクとクリンソウを求めて 2017.05.16

2017-05-18 | 山行


2017.05.16(火) 今年39回目の山行 天候 晴れ後曇り 単独

[行程]  岩屋橋ー志明院登山口ー薬師峠ー岩茸山ー桟敷ケ岳ーナベクロ峠ー祖父谷峠ー祖父谷林道ー岩屋橋

桟敷ケ岳のヤマシャクはヨネちゃんによれば、あと数日という事で急遽でかけた。

昨年5月8日、かおりさんの記念登山に同行し初めて桟敷ケ岳を踏んだ。その時に見たヤマシャクヤクは北山の貴婦人と云われるだけあって凛と気品のある美しさは格別だった。

どちらかと云えば山行は縦走が多く、時間の制約も有ってあまり花の写真は撮らない方だが、ヤマシャクヤクだけは例外である。

ヤマシャクヤクを撮るために重い一眼レフを携行した。

自宅から1時間で岩屋橋に着いた。林道の広い所に駐車してスタートした。

ルートの記憶はあまり無かったが迷うことなく薬師峠に到着。この後、岩茸山の手前で偽ピークに行ってしまった。

取付からしばらく急登が続いた後、緩やかになる。そのあとの急坂を登ったのが間違いだった。急坂を登らずに右に巻いて行けば良かったのだが気付かなかった。

地形図も用意したのに見なかった。見れば一目で分かったはずだ。少し時間をロスして岩茸山に到着。展望もないので直ぐに桟敷ケ岳に向かった。

30分かからずに桟敷ケ岳に到着。時間は早かったが昼食を摂る事にした。汗で濡れたシャツ2枚とも着替えていると、少し方向違いから女性ハイカー2人が登って来た。

途中、ヤマシャクの群生地があったようで、その写真をスマホで見せられた。

彼女たちは別の群生地に向かった。昼食を終えたころ山頂に戻ってきたので、始めの群生地の所在を聞いて行くことにした。

まだ昼食には早いのか正規ルートに降りて行った。

山頂から東南方向に10分程降った所にヤマシャクヤクは咲いていた。群生地にしては少なく10株ぐらいだった。

再び山頂に戻り本来の群生地に向かった。こちらはさすがに株数も多く群生地に恥じなかった。

ヤマシャクヤクの美しさに酔いしれ乍ら撮影に没頭した。50~60枚程写しただろうか。その後、元に戻り未踏のナベクロ峠を目指した。

ナベクロ峠の直前で今日3人目の女性ハイカーに行き会った。

ナベクロ峠から鉄塔を経て祖父谷峠に向かい、祖父谷を降りて行く途中にクリンソウが10株ほど咲いているのを見つけた。

祖父谷峠から10分程で林道になり長い長い林道歩きになった。





歩行時間 4時間52分 休息 48分 ヤマシャク撮影時間 13分 合計 5時間53分 歩行距離 15.0km

コースタイム

岩屋橋発     8.12
志明院登山口   8.39
薬師峠      9.05
岩茸山      9.55
反射板     10.03
鉄塔      10.15
桟敷ケ岳    10.22-11.02 昼食
群生地から戻る 11.25-29
次の群生地へ  11.30
戻る      11.54
ナベクロ峠   12.13
鉄塔      12.15-19
祖父谷峠    12.30
林道      12.41
岩屋橋着    14.05


         岩屋橋発  8:12

惟喬神社  8:13

   ここからも桟敷ケ岳に行けるらしい西谷コース  8:28

         志明院登山口  8:39

         クリンソウ

         沢沿いに行く



         六体地蔵  9:04

薬師峠  9:05

         古い墓石群  9:06

         まず岩茸山へ





         緑が心地よい

         ヤマツツジ

         岩茸山取付  9:32

急坂を登る

   途中コースアウトしながらも岩茸山到着  9:55 811m

この辺り林道

         昨年も写したヤマツツジ

         反射板  10:03

         白と赤の花

         気持ち良い道を桟敷ケ岳へ

         

         樹間の山は?

         新緑の中を桟敷ケ岳へ

         残念ながら三座同定が出来ない





         新緑

         鉄塔の向こうに桟敷ケ岳  10:15

         三座同定できず





         何とも鮮やかな新緑

         同定できず

         桟敷ケ岳へ

         新緑



  桟敷ケ岳  10:22-11:02 二等三角点  895.8m

         東部方面を望む

         第一群生地のヤマシャクヤク  11:09



















         再び桟敷ケ岳  11:25-29

ここからは第二群生地のヤマシャクヤク





















         三度桟敷ケ岳

         ナベクロ峠に向かう



         ヤマツツジ

         緑が何とも言えない

         ヤマツツジ

         ナベクロ峠  12:13



鉄塔  12:15-19

         この山は桟敷ケ岳?

   これは分かる 左から愛宕山、竜ケ岳、地蔵山

         鉄塔を後にして祖父谷峠へ

         巡視路を降る

         同定できず

         雑木の伐採地



         祖父谷峠  12:30

祖父谷を下る

         クリンソウの自生地















         ここから林道  12:41

     植林帯の下草?植えたのかそれとも自生



         クリンソウ



         ここから舗装林道  13:07

          ムラサキサキゴケ  

         昨年桟敷ケ岳から降った取付  13:09

5mほどの小滝

         フジの花



          クリンソウ



         ウマノアシガタ 

不明花 C

岩屋橋に帰着  14:05
















 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 38 上野登山口から表登山道... | トップ | 40 坊村から鎌倉山を経て峰... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤマシャクヤク! (ヨネちゃん)
2017-05-18 20:22:55
M2さん、今晩は!
ヤマシャク写真綺麗ですね。。。さすがで~す。
早速、見に行かれたようで何よりです。
あと数日とは少しオーバーだったかもですが出来るだけ早い方が確実かな~と思っていました。
そうそう、御存じのかおりさんは前日に行かれたとHPレポで知りましたが今年は昨年に比べて開花が遅いようです。
いずれにしてもお二人ともグッドタイミングで見学され満足されたようで私もホッとしています。
ではこれからシロヤシオ、ドウダンツツジ系、ササユリと梅雨前の花めぐりを愉しみましょう!

ジャストタイミングでした (M2)
2017-05-18 21:27:37
ヨネちゃん。こんばんは。
桟敷ケ岳のヤマシャク、ジャストタイミングで見る事ができ有難うございました。
翌日かおりさんも自転車で行かれたそうですね。びっくりしました。
平日なのでお仕事と思い声を掛けませんでしたが16日同行できたかもしれません。
明日はシロヤシオの偵察に行こうかと思っていましたが急に仕事が入り土曜日になりそうです。

新緑とお花に恵まれ (かおり)
2017-05-19 11:02:48
M2さん~ こんにちは。

前日にヤマシャクヤク求めて桟敷へ行かれたと知りビックリです。
16日は誘われても仕事で行くことができず残念どす。

群生地の足跡はM2さんでしたか・・・
綺麗に咲いて見頃に感動でした。写真もバッチリきれいに撮られて花も喜んでいることでしょう。

ヨネちゃん、復活人さんの下見の賜物ですネ、有難いことです。
一番美味しい所を我々は頂いたようで桟敷ヶ岳の新緑とお花に恵まれ
一番爽やかで静かなる山行、先ずはお疲れ様でした。
ヤマシャク万歳 (M2)
2017-05-19 21:37:11
かおりさん。こんばんは。
自転車で岩屋橋まで往復されたとか、びっくりしました。
前日車で行きましたが、かなりの距離が有るのにタフですね。
昨年に続き今年もヤマシャクに出会えました。これもかおりさんのお蔭です。
かおりさんのレポで祖父谷峠の位置が間違っている事に気づきました。
有難うございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。