M2の山と写真

午年の馬力で近場の四季の山々をトレッキング

32 鷹峯から沢ノ池と沢山三山 2017.04.25

2017-04-25 | 山行


2017.04.25(火) 今年32回目の山行 天候 晴れ後曇り 単独

[行程]  鷹峯源光庵前バス停ー上ノ水峠ー沢山ー沢ノ池ー吉兆山ー桃山ー原谷弁財天ー地下鉄北大路駅

前回は高雄側から登った沢山三山、今回は鷹峯から行く事にした。

沢山、吉兆山、桃山を沢山三山と呼んでいるが公式のものか分からない。

なお吉兆山は吉兆谷山、吉兆寺山と三つの山名が混在する。今回から分かりやすい吉兆山としたい。(GPS軌跡地図は訂正出来ていない)

鷹峯源光庵前バス停から東海自然歩道を上ノ水峠を目指し、そこで東海自然歩道と別れる。

5分程で沢山取付である。ここから林道に出る方が沢ノ池には早く行く事ができる。

先ず沢山に登り、それから沢ノ池に降り池畔を辿った後、吉兆山に向かった。

沢山から下山する時、目印のリボンを付けた地点すなわち吉兆山分岐まで登り返した。

分岐から急坂を降り鞍部に近ずくと緩やかになる。吉兆山の急坂に取り付く所に右に行く道があるが行先は分からない。

そこから4分で吉兆山に着いた。沢山下山路の分岐から26分の行程だった。

沢山と同じくここも全く展望が無いので即桃山に向かう。山頂から東に向かう踏み跡を辿る。始めは急坂の下りだが緩やかになると展望台は近い。

山頂に行く道と展望台が分かれる直前に原谷への下山路が右にある。

桃山にも4分で着いた。ここも展望はない。昼食地になる展望台に降る。

ここは京都市街地を眼下に一望できる絶好の展望台である。10人近く座れる石組の台座は貸切でゆっくりと昼食を摂った。

古くから桃山は鷹峯三山の一つで天峯と呼ばれていたそうだ。天から見下ろす景観に相応しい。

昼食を終えれば原谷に降りるばかりであるが、今日はミツバツツジにも恵まれた一日だった。標高の低い山々なので見頃を過ぎた感もあるがまだまだ綺麗だった。

原谷弁財天に降りてからは前回と同じく地下鉄北大路駅へまっしぐらだった。

先行したバスで一緒だった年輩の男女ハイカーを途中で追い越したのが、今日の出会いの全てであった。





歩行時間 4時間59分 休息 48分 合計 5時間47分 歩行距離 14.6km

コースタイム

鷹峯源光庵前バス停発  8.50
長坂道分岐       9.00
北山工房        9.26
山道に入る       9.27-29
上ノ水峠        9.44
沢山取付        9.48
沢山         10.12-15
吉兆山分岐      10.23-25
沢ノ池        10.39
メイン道(高鼻町分岐) 10.54-56
ホトグリ峠      11.05
吉兆山分岐      11.16
吉兆山        11.44-45
桃山         12.01-02
展望地        12.07-43 昼食
原谷弁財天      13.16-18
地下鉄北大路駅    14.37


         鷹峯源光庵前バス停発  8.50

源光庵

         光悦寺

         然林房

         水仙

         氷室道分岐  9:00

         今頃の紅葉

         途中に見えた小滝

         色彩のコラボ

         山桜

         分岐 右へ  9:26

山道へ入る  9:27-29

東海自然歩道を緩やかに登る





         ミツバツツジ

         東海自然歩道らしい柵

         上ノ水峠  9:44 東海自然歩道はここで別れる

         細い道を行く

         途中見えた市街

         沢山取付  9:48  地蔵堂がある

ここから取付く

         始めは緩やかな登り



         ミツバツツジ

         見えた右が吉兆山で左が桃山かな

         まだ緩やか

         ミツバツツジ

         少し下って急な登りになる



         沢山  10:12-15 二等三角点  516m 展望はない

         後にする

         緩やかに下って行く



         小鞍部から少し登る

         吉兆山分岐  10:23-25

念の為ピンクリボンを付ける

         ミツバツツジ

         ここから急坂を降る





         トレイルからショートカットで降りる  10:33

ミツバツツジ

         ホトグリ峠から降るとここに出る

         沢ノ池へ

         ミツバツツジ



         沢ノ池へ

         ミツバツツジ



         馬酔木

         沢ノ池  10:39

ミツバツツジ



         沢ノ池



         渡る 今日の沢ノ池は水量が多そうだ

         沢ノ池









         南端に向かうが行けるか 何とか行けた





沢ノ池南端から京都一周トレイルに復帰  10:54

  ここは標識83の直ぐ近くで高鼻町に降りられるところ

         標識 83

          樹間から市街が

          やぶ椿

          トレイルを東に向かう

          馬酔木

          ホトグリ峠  11:05

   標識 82  沢山方面に向かう

右上から降り立つ 沢山方面は手前になる 反対側は何処に行くのか

      先刻ショートカットで沢ノ池に降りた地点

          吉兆山分岐に向かう

          急坂を登る



          吉兆山分岐  11:16 ここを右折する

          ミツバツツジ

          急坂を降る



         展望地

          ミツバツツジ

          分岐  11:31 左上へ

          緩やかに行く

          岩場を越える  11:35



          ミツバツツジ





         分岐  11:40 右方向にテープが有るが

         左を登る

         4分で吉兆山  11:44 460m

吉兆寺山の山名標もある

         東に向かう踏み跡を追う  11:54

         急坂を降る

分岐  11:56 右は原谷下山路

         分岐から直ぐ上に展望台の分岐が有る 左上を登る

 ここも分岐から4分で桃山  12:01-02 466m 展望は無い

         展望台に戻る

         展望台  12:07-43 昼食

         京都市街

         眼下

         展望台のミツバツツジ



         展望台を後にする

         左方向原谷へ下山

         始めは緩やかなトラバース道



         展望地

         トラバース道

         尾根道に変わる

         巨石の横を通る

         ミツバツツジ



         分岐  12:57  右へ  

         倒木多い

         ミツバツツジ

         急坂を降る





 ここで間違う 当然左を行くが踏み跡消えたので戻り右に行った

         民家の庭に出てしまった  13:16-18

本来はここに出る筈 原谷弁財天

 後はひたすら車道を地下鉄北大路駅に向かう京都市バスが走っているがタイミングが合わなかった。14:37に到着。
         

















ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 31 平バス停から蓬莱山、打... | トップ | 33 新緑の竜王山から綿向山... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
沢ノ池から沢山。。。 (ヨネちゃん)
2017-04-29 02:41:53
M2さん、お早うございます!
これから広島に帰省するので山歩きは
5月GWからに予定してます・
今回は沢山&沢ノ池だったようで私も2度経験がありますが市街地に抜けたことはなく何時も最終的には清滝から嵐山でした。
コメント拝見すると枝道が多そうでややこしそう。。。
玄人好みの歩きになりそうです!
では又で~す❀
見頃やや過ぎたミツバツツジ (M2)
2017-04-29 21:08:04
ヨネちゃん。こんばんは。
久し振りの帰省で今頃はゆったりとした気分に浸っておられる事と思います。
沢山三山はピークに山名標こそありますがコースに道標類はありません。
それでも所々にテープがありますがそれが何処に導くか悩ましいのもあります。
低山の里山は大概そういうものでしょうか。
やや見頃を過ぎた感がありましたがミツバツツジはそこかしこに咲いていました。
昨日は綿向山に行って来ましたが初めから左膝の変調で苦労しました。
明日も山行の予定でしたが様子を見たいと思います。

コメントを投稿

山行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。