M2の山と写真

午年の馬力で近場の四季の山々をトレッキング

29 ファミリー山行 音羽山から高塚山 2017.04.18

2017-04-20 | 山行


2017.04.18(火) 今年29回目の山行 天候 曇り時々薄日 総勢4人

[行程]  京阪大谷駅ー東海自然歩道ー音羽山ー牛尾観音ー桜の馬場ー高塚山ー長尾天満宮ー醍醐寺

関東から帰省中の次女夫婦は山は初めて、腰を痛めていた嫁は5年振りなので、一抹の不安もあったが決行する事になった。

前日の大雨も明け方には上がり自宅を9時に出発した。

JR大津駅からのコースも選択肢だったが雨後という事で安全な東海自然歩道を歩く事にした。

始めから階段が続くが3人ともバテる事なく階段地帯をクリア出来たので安心した。

これなら楽勝と思った矢先トラブル発生。婿の履いていた靴底が剥離してしまった。

この靴は10年ほど前に購入した殆ど新品同様のアプローチシューズだったが年月の経過に勝てなかった。

こんな場合はテーピングテープで応急処置するものだが生憎用意はない。幸い1m程の紐が3本あったのでぐるぐる巻いて何とか歩行可能になった。

その内、片方も同様になった。3本の紐を工夫して補修するが20分も歩けば外れてしまう。やり直しで時間を取られるが何とか音羽山に到着出来た。

山頂で改めてじっくりと靴の補修だった。補修と昼食で1時間半ほども山頂に滞在した。

その後、何度も補修を繰り返した。桜の馬場から舗装道路を地下鉄へと思ったが本人の希望で山伝いコースを選択。

高塚山を越えられたのは奇跡としか思えなかった。(オーバーとちゃうか)最後には紐での補修も限界になり底無し歩行になった。

初めての山行でアクシデントに見舞われながら、全然めげる事なく最後まで粘り強く下山行した婿さんに脱帽であった。

これに懲りる事はなかったようで、秋にはもう少しランク上の山に行きたいという。嬉しい事を云ってくれる。

ブランクのあった嫁や、初山行の娘も終始問題なく歩けたのでファミリー登山の途が開けたようである。



歩行時間 4時間33分 休息 2時間12分 合計 6時間45分 歩行距離 11.6km

コースタイム

京阪大谷駅発    10.09
逢坂の関趾     10.14-20
始めの階段     10.28
ベンチ場      10.45-50
次の階段      10.57
ビューポイント   11.19-23
路傍休息所分岐   11.27-28
大津道出合     11.39-43
音羽山       11.51-13-18 昼食
牛尾観音分岐    13.33
牛尾観音      13.58-14.09
桜の馬場      14.20-23
小滝        14.29-31
高塚山(展望台)   15.11-21
アーチ 中間点   16.01-03
長尾天満宮     16.32-34
醍醐寺仁王門    16.40
醍醐寺西門の外   16.54 タクシーに乗る


         京阪大谷駅発  10:09

逢坂の関趾で  10:14-20

         始めの階段  10:28

         階段終わり平坦になる  10:36

         メインから外れ左のバイパスを登る  10:41

         ミツバつつじ



         ベンチ場  10:45-50

バイパスを行く

         二回目の階段に取り付く  10:57







階段終わりにあるビューポイントから大津と遠く比良山  11:08

比叡山

          琵琶湖大橋



   路傍休息所分岐になる距離的中間点  11:27-28



音羽山へ

         馬酔木

         音羽山へ

         やぶ椿

         大津道出合  11:39-43

出会いを振り返る

音羽山  11:51-13:18 三等三角点  593.4m 昼食 靴の補修

         山頂からの展望 琵琶湖大橋

         東西千頭岳

         山科 東山 京都市街 遠く愛宕山

         大文字山と如意ケ岳

         遠く西山

         山科中心街

         双耳峰の比叡山

         遠く比良山系

         琵琶湖大橋

         記念写真

 山頂を後にして少し下ったところから近江大橋



         我が家から見える赤鉄塔

         鳴滝不動分岐  11:46

         牛尾観音分岐  11:46

         牛尾観音に向け下る









         新緑と山桜

         牛尾観音に下る

         牛尾観音



         天狗杉

         これから向かう高塚山

         牛尾観音を後にする

         水害後植えられた桜

         桜の馬場  14:20-23



音羽川を渡り高塚山へ  14:23

         途中の小滝  14:29-31



徒渉して高塚山へ  14:39

緩やかに登って行く



         数年前の水害の跡も生々しい

         平坦になる

         高塚山へ

 高塚山  15:11-21  三等三角点  485.2m  すぐ側の展望台へ

         展望台から山科 東山 京都市街

         山科

         山科東部

         展望台を後にする

         ここまで良く持ってくれた靴

         惨たんな靴 勧めた責任を感じる

         ミツバつつじ



      高塚山と長尾天満宮の中間地点  16:01-03

ミツバつつじ

         長尾天満宮  16:32-34

   長い参道を降る

         醍醐寺仁王門

         醍醐寺三宝院外の八重桜

         醍醐寺を出た所でタクシーに乗る  16:54


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 28 カタクリの花を求めて大... | トップ | 30 叡電鞍馬駅から天ケ岳、... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ファミリー登山! (ヨネちゃん)
2017-04-20 20:05:29
M2さん、今晩は!
まだレポ途中との事ですが、御家族との山歩きは、一人や山仲間と違って新鮮な気持ちでしたでしょう!
私も時々、娘を誘っていますが今週末は約二年半の単身生活を終え実家に戻ってくるので来月は比良へ連れ出そうと思っています。
今度は比良で娘を紹介出来るかもです。
では直1年の三分の一が終わりますが山歩きには良い季節なりますので焦らず自然を愉しみましょう!
靴のトラブル (M2)
2017-04-20 20:48:12
ヨネちゃん。こんばんは。
昨日は仕事でしたので今日になりました。
娘夫婦が意外に健脚で危なげなところはなかったです。
嫁も5年ぶりの山行で少し危惧したのですが全く問題ありませんでした。
なにしろ山では嫁の方が先輩で槍ケ岳も連れて行って貰ったくらいです。
ぼくが婿に勧めた靴が惨たんたる事になって一時はどうしょうかと思いました。よく紐を持ってたものです。
不満のそぶりも見せずよく我慢してくれたものです。
比良でのお嬢さんとの出会いを楽しみにしています。
さすが健脚揃いですネ (かおり)
2017-04-20 22:16:37
M2さん~ 今晩は。

グループ登山の後はファミリー登山でしたか~ いいですネ。

当方も知人から頂いた登山靴をサイズが合わないので仕事仲間の方に差し上げたのですが履くと同時に靴が割れたそうです。
預いた靴を履かずに数年、家に置いていたのが原因で劣化していたようです。

新品であれともかく履かないと先ずだめですネ
今回は剥離だけでなんとか持ったようなものM2さんファミリー記念山デビュー皆さん健脚揃い、さすがです。

思わぬ靴剥離にも関らず不平不満も云わず歩き通した婿さんの凄い根性にはビックリです。
いいですねぇー。 (摩耶山さん歩)
2017-04-21 11:39:42
M2さん ご家族と歩かれ
良い笑顔されてますね。
アクシデントも乗り越えられて
楽しい山歩きとなられたようで、
忍耐力に感動です。
反省しています (M2)
2017-04-21 21:31:31
かおりさん。こんばんは。
初めての山行なのに寿命切れの靴を履かせて、大いに反省しています。
こんな事になるのならスニーカーの方が良かったです。娘はスニーカーで難なく歩いていましたので。
歩き難いはずなのですが終始笑顔で我慢してくれました。
今秋は第二段階で愛宕山に行こうと思っています。
いろいろ有りますね (M2)
2017-04-21 21:37:17
摩耶山さん歩さん。こんばんは。
そうなんです。よく我慢して最後まで歩いてくれました。
それにしても紐が有ったので何とかなりました。
これに懲りて紐のほか、テーピングテープを必携したいと思います。

コメントを投稿

山行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。