M2の山と写真

午年の馬力で近場の四季の山々をトレッキング

13 登山口バス停から峰道を経て横川、三石岳 2017.02.11

2017-02-12 | 山行


2017.02.11(土) 今年13回目の山行 天候 曇り時々日が差す 単独

明日は所用があるので今日はどうしても行かなければならない。

折しも今年3回目の寒波襲来で予報は雪である。さて何処へ行くか。比良は論外である。

朝、雪が降っていたら音羽山山系、止んでいたら比叡山系。

自宅近辺数cmの積雪はあったが、まずまずの天候なので比叡山系は黒谷から横川に向かう事にした。

京都バスのバス停名が登山口、文字通りの登山口から取付いた。

中途半端な積雪で足元の石ころに足を取られ少々歩き難い。

青龍寺まで登って来ると積雪は増え20cmぐらいになってきた。

西塔からの道がやって来る、峰道出会いで少し寒いのと何時降雪が有ってもいいように雨具上衣を着て小休止をしていると、西塔からソロの若い男性がやって来た。

横川方面に行くとの事。ノントレはここで途絶えるのかと少し残念な気がした。ところがここからの新雪は結構深く20~40cm、所によってはそれ以上有った。トレースに助けられる事になる。

玉体杉の前後が最も深かった。尤も軽い新雪なのでそれ程足の負担にはならなかった。

先行の若い男性は競合い地蔵から横高山に登ったようだ。再びここから横川までのノントレが始まった。

コースタイムの倍近く要して横川駐車場に着いた。一台だけ車が停まっていたがこれは係員の送迎車だった。

何時もは東海自然歩道に入り龍池に降りて来るが今日はゲートから入れて貰った。こんな日にと目を丸くし気を付けて下さいと心配された。

横川中堂では係の人が除雪に励んでいた。鐘楼に向かっているとソロのハイカーと出会った。鐘楼の奥にもう一人のハイカーを見た。

その人たちが付けたらしい踏み跡が中尾坂取付まで続いていた。飯室不動堂から登って来たようだ。

ここからまたノントレである。20~30cmの積雪だが雪質が軽くそのうえ林道なので、この先は段々降って行くので楽勝と思ったが甘かった。

今日初めてのピーク三石岳に向かう三差路に着いた。西側の林道を進む。無雪期なら8分程で三石岳に着くが倍以上掛かってしまった。

西からの風で出来たのか平坦な林道が信じられない程うねり、波打っている。雪が軽いので何とか突破できたがシャリバテ気味の体にはキツかった。

山頂ではたまらずホットビールを飲んだ。寒波襲来中なので寒いだろうと用意して来たのが間に合った。

昼食は八王子山を越えて奥宮の軒下の積りなのでまだ先は遠い。ビールで元気を付けて、その勢いで三差路に戻らず短縮路に挑んだ。

30cm以上の積雪もあり少し不安だったが何とか迷わずに東側の林道に降り立つことが出来た。

林道には数人の踏み跡が有ったのには驚いた。三石岳から東に派生するルートから登って来たらしい。(山と高原地図には載っていない)

踏み跡は横川に向かっているので時間が少しずれていれば出会った筈である。

ここから八王子山のルートは積雪時未踏なので少し不安だった。雪も段々と少なくなって行った事も有り何とか鉄塔に辿り着いた。

ここまで来れば一安心である。迷う心配は全く無い。八王子山を越え滑らないように慎重に奥宮磐座に着いた。

ここの軒下を借りてやっと昼食にありつく。気温は低い筈なのに寒くなく着込まないまま30分過した。

ここで先着の行者らしき男女が磐座に向かって15分程声を改めて祝詞を言上していた。

真剣な祝詞言上は直ぐ側にいるものとしてパンを食べるのが憚れた。気にされていない様だったので遠慮なく昼食を済ませた。

その後ここから大比叡に行くルートなどを聞かれた。

先に下って行った行者さんに途中で追いつき、追い越しJR比叡山坂本駅に急いだ。

今回は新雪の為アイゼンは全く必要なかった。



歩行時間 5時間32分 休息 47分 合計 6時間19分 歩行距離 13.2km

コースタイム

登山口バス停発     8.34
祠           8.48
青龍寺         9.36-38
峰道出合       10.08-15 一枚着る
玉体杉        10.46
競合い地蔵      10.54
横川駐車場      11.30-35
横川中堂       11.40-42
恵心院        11.49
中尾坂分岐      11.55
三差路        12.15
三石岳        12.33-39
東側林道       12.49
広場         12.56
鉄塔         13.28
八王子山       13.36
奥宮磐座       13.42-14.12 昼食
日吉大社鳥居     14.32
JR比叡山坂本駅着   14.53


         登山口バス停発  8:34

         見えた横高山

         翠黛山かな

         祠  8:48 直進すれば横高山へ  右折する

         うっすらと積雪

         急な石段道

         雰囲気有る雪道 この辺りは余裕である

         吹き溜まりを越えて行く

         中央分離帯のある石段

         半端な積雪は歩き難い

         少し増えて10cmぐらい

         だいぶ近づいて来たようだ

         直ぐ目の前

         何でこんな所に車が

         青龍寺  9:36-38

   本堂は閉まっていた

         スロープになった石段を登る

         振り返る

         登り切った所  9:45

         轍のある林道

         樹氷が美しい

         峰道出合  10:08-15 給水して1枚着る

         西塔からはノントレース

         ソロの若者が西塔からやって来た

         若者が付けてくれたトレースを辿る



         後ほど行く事になる三石岳

         的確にトレース

         峰道  10:30

         この辺りから積雪深くなって来た



         吹き溜まりは70cmぐらい

         この辺りが一番深い

         玉体杉  10.46

         玉体杉から京都市街 天気は予想に反してまずまず

         双耳峰の比叡山

         通って来た青龍寺が小さく見える

         競合い地蔵へ



         競合い地蔵  10:54 若者のトレースは横高山へ

         ここからまたノントレ

         獣の足跡がある急階段を下る

         ノントレ街道



         比良山系 権現山が左に見える  11:14

再び見えた三石岳

         横川へ





         急階段を下る

         横川駐車場  11:30-35

 ゲートから入れてもらう

         中堂へ



         龍池

         エスケープルート 大宮林道

         横川中堂  11:40-42





鐘楼の奥に一人のハイカーが

         恵心院  11:49

         中尾坂分岐  11:55 鐘楼からのトレースはここで

         右端のトレースは獣らしい その内消えてしまった

         ノントレースの林道を三石岳へ

自分のトレースを振り返る

         三差路  12:15

三石岳山頂から東側林道への短縮路

平坦な林道に西風の影響かうねりが出来ている

         波打つうねり





         最大のうねり こんな所で未曾有だ

         三差路から倍の時間を要してやっと取付へ

  三石岳  12:33-39 三等三角点  675.7m 15年ほど前はここから琵琶湖の展望があったらしい

    後にして三差路に戻るのは嫌なので不安はあるが短縮路へ

         何とか迷わずに行けてるみたい

         進路を阻む積雪を纏った灌木

         見覚えの有る倒木

         林道を見下ろすところで驚いた林道に踏み跡が  12:48

数人の踏み跡は横川方面に向かっている 西教寺近くから登って来たらしい

         八王子山へ向かう

         広場  12:56 ここはよく昼食場に使った

         分岐 当然左下へ

         ここから山道に入る リボンが有る  13:05

         雪はだいぶ減って来た

         一旦林道に出て直ぐ左の山道へ  13:10

         吹き溜まりを越えて行く

         分岐 左へ  13:13

         リボンが有る

         ここも左折  13:20

ここからは一本道



         分岐 直進  13:26

         鉄塔  13:28 ここまで来れば一安心

         変則四差路を上に登る  13:28

         途中小ピークを越え最後の登り

         八王子山  13:36 381m

         ここまで来て滑落は出来ない慎重に下る

         振り返る

         奥宮磐座  13:42-14:12 昼食

         琵琶湖と坂本の街

         奥宮を後にする

         急な坂道を降る

         琵琶湖大橋が見える

         琵琶湖と三上山

         日吉大社鳥居  14:32

穴太積の里坊

         JR比叡山坂本駅着  14:53






















ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12 つつじ尾根から愛宕三角... | トップ | 14 JR大津駅から音羽山を経... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ノントレースでも (しーちゃん)
2017-02-12 18:22:28
歩かれたのですね、お元気ですね!
雪の恵心院は風情がありますね。
今日は金剛山で樹氷を観ました。
まずまずの天気でした (M2)
2017-02-12 19:42:56
しーちゃん。こんばんは。
幸い予報に反してまずまずの天気でしたので歩けました。
その上、雪が軽かったので足に負担なかったです。
無雪期なら1時間以上短縮できるコースです。
金剛山行かれたのですか。
天候はどうでしたか。それにしても今年は雪が多いですね。
今年は大雪。。。! (ヨネちゃん)
2017-02-12 19:52:25
M2さん、今晩は!
土曜に比叡山系だったのですね。。。
土日は何処に行かれるだろうかと思っていました。それにしても順調そうで何より!
私は昨晩、ワカンは準備しいざ比良へと思っていたのですが天気の様子見で今朝、比良は諦め思案して雪も愉しみたいので西山にしました。朝起きて西山見たら雪景色が綺麗だったのです。
昨年の✿以来約10ヵ月振りですが4山を含む縦走して雪景色と何と福寿草との出会いが有り、この時期にもう咲いていました。
春マジカなのですね!
西山は今度はカタクリとシュンランで訪ねる予定で~す✿

西山でしたか (M2)
2017-02-12 20:26:29
ヨネちゃん。こんばんは。
今日は地元の西山でしたか。
それで雪の積もり具合はどうでしたか。
比叡山も所によっては50cm以上の積雪でした。雪の軽さに助けられましたが。
西山では福寿草がもう咲いているのですか。
ぼくも近々西山に行く積りです。
雪深いですね (tomytomy)
2017-02-12 22:04:34
M2さんこんばんは
tomytomyです。さすが京都は雪深いですね。
僕は日曜の午後から近場の二上山でした。低山なのに食事していたら急に雪が強く降ってきて驚きました。
お疲れ様でした。 (かおり)
2017-02-13 11:00:45
M2さん~ こんにちは。

今年はメチャー雪が多いですネ
愛宕も午前中は日差しが射して先ず先ずの
お天気でしたが山上は曇天で時々雪がチラつき寒かったです。

お互い東西の雪山歩きでしたね 
一度だけ二上山に (M2)
2017-02-13 20:31:05
tomytomyさん。こんばんは。
比叡山系も所によってはかなりの積雪でした。今日のコースは峯道や林道が殆どなので比較的楽なルートです。
無雪期なら大比叡にも足を伸ばすところです。
二上山に行かれたそうですね。
僕も一度だけ無雪期に歩きました。その時は香芝から葛城山の途中に寄りました。
それにしても今年の雪の多さには驚かされます。しばらく比良には行けそうにありません。
波打つ雪 (M2)
2017-02-13 20:47:17
かおりさん。こんばんは。
11日は東西に分かれての山歩きでした。今年の多雪のせいでしょうか、三石岳に向かう西側林道では積もった雪が風の影響で波打つようにうねっていました。高さは1mぐらいあって通過するのに骨が折れました。
こんなのを見るのは初めてでした。
愛宕山と違って横川の鐘楼からは誰一人合わない雪山歩きでした。

コメントを投稿

山行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。