M2の山と写真

午年の馬力で近場の四季の山々をトレッキング

21 坊村バス停から武奈ケ岳、北稜下降 2017.03.19

2017-03-20 | 山行


2017.03.19(日) 今年21回目の山行 曇り後時々薄晴れ 同行者 かおりさん、ヨネちゃん、大阪のTさん

[行程]  坊村バス停ー御殿山ー武奈ケ岳ー北稜ースゲ原ー広谷ーイブルキノコバー八雲ケ原ー北比良峠ーダケ道ー大山口ー駐車地

今日は山友、ヨネちゃんの17年間に及ぶ比良山系400回記念山行に参加した。

ちなみにM2は20年間で290回である。

武奈ケ岳に12時から13時集合と云う事で最短で行ける坊村からの御殿山コースを選択。

堅田からのバスでは厳しいが、今週から出町柳から京都バスが運行されるので昼頃には到着できる見込みである。

中一日でかおりさんも参加、出町柳では先頭近くでバス待ちである。

坊村では準備でかおりさんに5分程遅れてスタートした。窪地まで殆ど雪は無く泥濘の九十九折れ道を登って行く。

1月前はこの道は直登にトレースがあった。その点今日は少し楽であった。

窪地に着くとかおりさんはアイゼン装着の最中だった。早速M2も装着する。

ここからの直登が大変だった。雪が無くザレた所も多くズルッと後ろに落ちそうで必死になった。

かおりさんとは何時の間にかルーハイの違いで離れてしまった。幸いにこちらが早く安全地帯に到着、少し待つことになる。

あとは冬道、御殿山と問題なく通過するが天候は予報に反して曇天で肝心の武奈ケ岳はイマイチであった。

西南稜第一ピークに近ずくと上から大声で呼ばれた。

今日の主役ヨネちゃんだった。7時前に比良駅を出て時間調節の為王道廻りで、第一ピークに達しここで30分程待っておられたようだった。

予定通り昼頃に武奈ケ岳に着くと何と大阪のTさんが30分程前に先着して待っておられた。

山頂付近は風が強く寒いので東側を少し掘って場所をつくり昼食となった。

雪庇の発達した北稜を降りる事になった。北稜は何十回と歩いているが積雪時は初めてである。ヨネちゃんは今年になって6回目とか。

巨大な雪庇に目を瞠りながら北稜を快適に降りて行った。未知の体験機会を与えてくれたヨネちゃんに大感謝である。

細川越まで降りずに、杉の木が数本集まっている所から東に転じてスゲ原に降り立った。

スゲ原はまだまだ残雪が多く2mぐらい有るのではないかと思う。夏道は左岸だが右岸を広谷まで辿る事になる。

イブルキノコバ、八雲ケ原を経て北比良峠に着いた。

ダケ道を下って行く。先月膝を痛めた事がトラウマになっているのか不安を抱えての下降になった。

10本爪アイゼンでも滑るのである。踏ん張りが効かずバランスを崩れそうになるのでストックに頼る。

挙句にストックに身体を預けてしまい真ん中からポキッと折れてしまった。

その後も何度もバランスを崩しこけてしまった。その都度Tさんに助け起こされた。本当に世話をかけて申し訳なかった。

その上JR比良駅まで送って頂き、大変有難かった。駅まで歩くのをポリシーにしているが今日だけは返上であった。

先行したかおりさんは12本爪アイゼンの威力で全く滑る事なかったとのことだった。

来シーズンは12本爪を考えなければと思った。



歩行時間 6時間14分 休息 1時間48分 合計 8時間02分 歩行距離 12.5km

コースタイム

坊村バス停発     8.54
登山口        8.58
窪地         9.43-52 アイゼン装着
夏冬道分岐     10.27
見晴台       10.53-58
御殿山       11.10-19
第一ピーク     11.34
第二ピーク     11.46
武奈ケ岳      12.03-13.01 昼食
北稜下降
スゲ原       13.43-48
広谷        14.20
イブルキノコバ   14.29-32
八雲ケ原      14.49-52
北比良峠      15.09-21 スノーシュー外す アイゼン装着
大山口       16.30-44
Tさん駐車地     16.54


 かおりさんに5分程遅れて坊村バス停をスタート まだ若者団体は準備中 最後まで追いつかれる事は無かった  8:54

三宝橋

         御殿山コース登山口  8:58

今日は夏道九十九折れ ぬかるんでいる

         この辺りから残雪が  9:32

   窪地  9:43-52 かおりさん先着 アイゼン装着

         いよいよ急斜面の直登へ

         悪場を脱し安全地帯に

         かおりさんを待つ 10:10

尾根を登る



         標識  10:16

         この辺り残雪少ない

         夏冬道分岐通過  10:27

冬道の雪庇



         振り返る

         雪庇

         見晴台まであと少し  10:46

見晴台  10:53-58

御殿山の途中振り返る

         御殿山からびわ湖バレー  11:10-19

かおりさん

         御殿山から武奈ケ岳





         御殿山を下る

         先ず第一ピークを目指す

  第一ピークの登りもう少し 上にはヨネちゃんが  11:30

ヨネちゃん

         第一ピークから武奈ケ岳



         西南稜から武奈ケ岳

         ヨネちゃんとかおりさん

         武奈ケ岳

雪庇

         かおりさん

         雪庇

         第二ピークより振り返る

         ヨネちゃんとかおりさん

         西南稜

         第二ピークからの登り

         西南稜のヨネちゃんとかおりさん

         西南稜

         ヨネちゃん

         ヨネちゃんと西南稜

         西南稜

         雪庇

         西南稜

         山頂に近ずくヨネちゃんとかおりさん

         武奈ケ岳  12:03-13:01

山頂に別れを告げ北稜を降る



         釣瓶岳と蛇谷ケ峰

         ヤケオ山と釈迦岳

         ヨネちゃん

         北稜を降るTさん

         北稜を降る







         振り返る

         雪庇に近ずく



         巨大雪庇

         雪庇に乗るヨネちゃんにハラハラする

         雪庇と戯れる

         小休止

         北稜を降る



         振り返る

         巨大雪庇に乗るヨネちゃん

         北稜の雪庇





         スゲ原に降り立つ 13:43

         スゲ原の残雪





         かおりさん

         右岸にある山小屋

         まだまだ残雪多い

         Tさん

         橋を渡らず右岸沿いに下る

         山小屋  14:15

         流れの幅が広がる

         広谷  14:20
  
 イブルキノコバ  14:29-32

          八雲ケ原  14:49-21

         北比良峠  15:09-21

         琵琶湖と内湖も春霞でぼんやりと

         次郎坊山と重なる釈迦岳

         大山口  16:30-44

  Tさんの車駐車地  16:54




                  



ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20 戸寺バス停から仰木峠を... | トップ | 22 つつじ尾根から愛宕山を... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雪たっぷりの比良山系! (ヨネちゃん)
2017-03-20 19:57:59
M2さん、今晩は!
レポアップ予定通りでしたね。。。
今年は昨年の雪が少なかったせいで余計に
多く感じます。
さてM2さんの足の調子が良かったようなので何よりです。
くれぐれも無理せず回数を延ばしてくださいね。。。
では又、機会が有れば御一緒しましょう☃
北稜からスゲ原の豪雪に・・ (かおり)
2017-03-20 22:28:19
M2さん~ 今晩は。

ヨネちゃんの記念山行滞りなく無事終了
お疲れ様でした。
雪の北稜歩きは巨大雪庇を見ながら
雪山歩きの醍醐味を味わうことができ
良かったです。

関西の1200mそこそこの山が信州の山々に勝るとも劣らぬ豪雪には  でした。
又ご一緒できるといいですネ 
歩けてバンザイ! (摩耶山さん歩)
2017-03-21 06:53:46
ヨネちゃん 記念登山にM2さんも
参加されてたんですね。
私は息子が出張でだめでした。
つぎこそ参加したい。
M2さんも なんと290回目とか。
すばらしいですね。
私は摩耶山に何度登ったのか数えてないです。数えてみようかな。
すばらしい 景色をたくさんありがとうございます。お膝の不安を抱えながらの
歩きだったのですね。
知り合いの方も 北アルプス途中で痛められました。不安の下山でした。
医者から歩きながら治すように言われたとか、M2さんももう一息でしょうか。
テーピング 湿布 ストレッチなど
で お大事になさってくださいませ。

雨乞岳 尾根ではお世話になりました。
あの時の感動 忘れないです。
お味噌汁をごちそうしてくださいましたね。あのお味も忘れられないです。
3年前 平から 歩こうとした時
バスでお目にかかれました。(かおりさん もおられました)
また どこかで お目にかかりたいです。
記念登山 (しーちゃん)
2017-03-21 09:54:51
M2さん、おはようございます。
お膝の具合も良くなられたようで、
ヨネちゃんのお祝いに参加されて、バンザイでしたね。
ダイナミックなセッピと雪のお写真で、一緒に歩いた気分です。
まだ比良では雪が楽しめますね。
寒さが戻っています。
お膝をお大事になさってください。
これからもよろしく (M2)
2017-03-21 19:25:22
ヨネちゃん。こんばんは。
19日は400回記念山行に参加出来、積雪時武奈ケ岳北稜下降という初めての体験が出来た事は忘れられない山行となりました。
膝に不安を抱えての山行でしたが何とか無事に下山出来てホッとしました。
それにしてもヨネちゃんの軽快なワカン歩行には目を瞠るものが有りました。
10年前に戻れたならとつくづく思いました。
これからも何かとお世話になると思いますがよろしくお願いします。
これからもよろしくです (M2)
2017-03-21 19:36:19
かおりさん。こんばんは。
19日はお疲れ様でした。
窪地からの直登には難儀しましたがヤマレコによるとピストンの人は夏道を下った人が多かったようです。
当然ですね、登りでもずり落ちそうになる難路でしたもの。
残雪期が何かと難しいのはダケ道の下りでも実感しました。
もっともヨネちゃんゃTさんはスイスイと歩いてましたが。
また、よろしくお願いします。
よく覚えています (M2)
2017-03-21 19:46:54
摩耶山さん歩さん。こんばんは。
雨乞岳ではかおりさん、しーちゃんも一緒でしたね。よく覚えています。
雨乞岳は綿向山から何度も見ていますが、実際に登ったのはあの時が初めてで、その後も登れていません。
貴重な体験となっています。
ご心配かけている膝の具合は殆ど回復しています。
これからも機会が有りましたらご一緒したく思っています。
北稜下降は豪快でした (M2)
2017-03-21 20:00:43
しーちゃん。こんばんは。
ヨネちゃんの400回記念山行に何とか膝の回復は間に合いました。
北稜を下るのは東尾根と違って巨大雪庇を豪快に降る痛快極まる体験でした。
今週末は比良に行かれるようですが出来ればぜひお薦めしたいと思います。
アイゼン、ワカンは必携です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。