はる日記

「人間万事塞翁が馬」

日々の出来事を綴ってます。

『カラスの親指 by rule of CROW's thumb』

2017-06-22 13:03:40 | テレビ・映画・本
道尾 秀介 著

あらすじ。

人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品。第62回日本推理作家協会賞受賞作。

(「BOOK」データベースより)




この作品、「伏線です!」という描写が多いです。多すぎです。伏線なのに堂々としていて、隠れる気ゼロです。

伏線って、こんな奴だったけ?

( ̄▽ ̄;)

物語の世界に集中しそうになると、わざとらしく現れるので、なかなか物語の世界に入っていけません。

ごめん、もう少し小さい声で喋って。という気持ちになります。

好みでしょうが、これ伏線かな?と考えたり、あれが伏線だったのか!と悔しがるのが楽しみの1つなので、楽しみが半減してしまいました。

(;>_<;)

あと、もっと人物描写?心理描写?が欲しかったです。

それらが少ないせいか、あまり感情移入ができず平面的に感じてしまいました。

(; ̄ー ̄A

でも、その後の話はお気に入りで繰り返し読みました。

ネタバレになりますが、その後の部分は時系列で書かれていません。テレコになっています。だから、ほっこりするわぁ、って感じで終わっている気がしてしまいます。

しかし、その後の話を時系列にしてみると。

((((;゜Д゜)))

ほのぼのしない。

かなり哀しいよ。

((((;゜Д゜)))

と、言いたい放題ですが、あれだけある伏線を回収するのは見事です。伏線回収を楽しみたい方は是非どうぞ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『愚人の毒』 | トップ | 再開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ・映画・本」カテゴリの最新記事