はる日記

「人間万事塞翁が馬」

日々の出来事を綴ってます。

『新装版 46番目の密室』

2017-07-13 17:34:28 | テレビ・映画・本
有栖川 有栖 著

あらすじ。

日本のディクソン・カーと称され、45に及ぶ密室トリックを発表してきた推理小説の大家真壁聖一。クリスマス、北軽井沢にある彼の別荘に招待された客たちは、作家の無惨な姿を目の当たりにする。彼は46番目のトリックで殺されたのかー。有栖川作品の中核を成す傑作「火村シリーズ」第一作を新装化。

(「BOOK」データベースより)


(;・ω・)

ドラマ化もされているシリーズです。

私はドラマを見ていなかったのですが、演じていた役者さんは知っているので、頭の中で火村&アリスはお二人になっていました。ドラマでイメージを知ってから原作を読むと、キャラを一から想像しなくてもいいので楽です。一から想像するのも楽しいですけど。

(  ̄▽ ̄)

犯人・動機・トリックなどは王道で、まとまっているなと感じました。

ですので、推理小説の入門編にいいと思います。言葉も難しくないので、読みやすいですし。

(* ̄∇ ̄)

そう、これは王道の推理小説。

なんですが、推理小説を読んでいて、こんなことは初めてです。途中から犯人探しではなく、火村&アリスの二人の萌え具合を楽しんでいました。

(;゜∇゜)

私の友人関係がサバサバしすぎでしょうか?20代の頃ですら、こんなにキャッキャッしてませんでしたけど。

…腐女子、このシリーズ好きですね。

推理小説、読んでみたいけど難しそう、と思っている方は是非。あと、腐女子の方も。

(  ̄▽ ̄)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色々ありすぎ | トップ | 1日目終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。