父と小4の息子の家庭学習と塾の記録

四谷大塚提携塾に通い2020年受験。小学4年生、地方在住、スポーツを続けながら灘・開成・ラサールレベルをめざす。

hard luck

2017-06-14 | 中学受験
四谷大塚のホームページで決勝進出者の発表があった。

やはり今回は決勝進出は叶わなかった。


ある掲示板には437点で通過したという書き込みがあった。

437点がボーダーかは定かではないが、そんなに低いとは意外だった。

もしあの一問が…

これが現実。包み隠さず息子にも見せた。

日頃から一問を大切にやっていこうな!

まさに hard luck!

今回はそういう事にしておこう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塾の国語の宿題について | トップ | カープ 交流戦最終決戦! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マグマグ)
2017-06-14 09:09:33
発表今見ました。
うちの子はないのは分かっていたのですが、、
春の合宿で一緒だった進学塾の子名前がありました。
その子と夏の合宿で競うのを楽しみにして頑張ってたので帰ったら教えてあげようと思います。
(競うと言っても勝てる教科など一つもないのですが、同じ部屋で過ごせるのがたまらなく嬉しいらしいのです)
〇〇頑張れ!絶対に絶対にアメリカに行くんだよ!!頑張れ!!という気持ちで悔しさを噛み締めてます。
我が子も、11月、絶対に行くんだ。そう思って頑張ってくれたら嬉しいです。

スポーツかっこいいですよね。サッカーと野球もやってるなんて素晴らしすぎですね。
私も近くの道場に子供を入れようと何度か試みたのですが、
絶対イヤだと足にすがりついて泣くので仕方ありません。。。
野球のチラシが学校で配布された時も私に見つからないように隠したとのこと。
こりゃ大変です。

アメリカはダメだったけど、10歳の夏休みは何か特別大切な気がしてならないのです。
代わりなど到底無理だけど、真剣に考えて色々経験させてあげたいです。
(親にとっては子供と過ごせる夏休みで幸せなのかななどと思ったりもしますが。)
行けなかった子にはこの経験がもっと大切な場面で大いに役立ってくれることを祈ります。

お互いに大きく成長できる夏休みになりますように。
Re:Unknown (981boxsters)
2017-06-15 23:31:35
マグマグ様

ようやく親子共に平静を取り戻しつつあります。

しんどい経験になりましたが、親子共々パワーアップしなければ…と思っています。

人一倍努力した人が突破出来る壁、もしその壁を破れなければまだ努力が足りないという事だと再認識しました。

次はその壁を吹っ飛ばすくらいのつもりで取り組んでいきます。息子もその気になっています。(今のところですが…)


塾の合宿は4年生からなので、うちは初の参加になります。
スケジュールを見るとひたすら授業とテストを繰り返す感じで、自由時間もほとんど無いようでしたが、それでも塾の友達が行くので一緒に行きたいみたいです。


うちも久しぶりに家族旅行に行こう!という話になっています。ただ、今回の旅行は息子に計画を立ててもらう事にしました。2泊3日の予定ですが、一体どんな旅行になるのか期待と不安でいっぱいです。。


確かにアメリカ行きに匹敵するものはないですよね……。しかし、それとはまた別の経験だったり、普段なかなか伝えられない事だったりをしっかり伝えたいと思います。それはそれで今しかないと思うと私自身にとっても、とても貴重な時間になるかな思います。


「最後は笑顔で!」

ブログのコメントの中で、そんな言葉をくださった方がいらっしゃいました。
私も最後は笑顔になれたらと思う一方で、結局は息子の笑顔が見たいというのが究極の願いだと気付かされました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中学受験」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL