父と小4の息子の家庭学習と塾の記録

四谷大塚提携塾に通い2020年受験。小学4年生、地方在住、スポーツを続けながら灘・開成・ラサールレベルをめざす。

理科

2017-02-22 | 中学受験
理科の勉強を始めてもう少しで2ヶ月になる。
今、使っている教材だ。



はなまるリトルは一通り終えた。

教学研究社の段階別問題集は現在進行中だ。この問題集は既に廃盤になっている。というより出版社が倒産してしまったようだ。なので、新品はおそらく手に入らないと思う。
この問題集は問題数も揃っていていいと思う。3年生の理科は問題集がこれといったのがあまり無い中、オススメの1冊だ。

自由自在と学研の❓シリーズは基本的には調べ用だ。

予習シリーズの演習問題集は塾の宿題で出される。これはさすが良く出来ている。

覚えるべき事は無限ではないので、繰り返し続けていけばある程度は出来るようになるだろう。
理科社会に関しては丸つけまで息子にさせている。間違えた問題は解説を読み、大切だと思う所には線を引くように言っている。すると解説に手当たり次第蛍光ペンで線を引きまくり、やたらとカラフルになってはいるが頭に入ってるのかな?

仕上げは間違えた問題に絡めて私からの質問で、理解しているかどうかのチェックをしている。その時に参考書を見ながらこれも覚えた方がいいんじゃないか みたいな感じで拡げている。

問題を解く→間違えた問題の分からなかった部分を調べる→それに関連するものも調べる

これを繰り返す。
特に、最初の生物分野は覚えさえすればおしまいだ。広く細かい知識は必要だろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トップクラス最後の文章題が... | トップ | 国語と社会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL