黒猫 とのべい の冒険

身近な出来事や感じたことを登載してみました。

時間三昧

2016年10月18日 16時17分49秒 | ファンタジー

 時間貧乏とか貧乏暇なし、器用貧乏、学者貧乏など、いかにもせわしない熟語を目にすると、何だかうら寂しくなってくる。質素なら身ぎれいでいさぎよい感じがするが、貧乏はいけない。だが、そういう熟語がいっぱいあるのは、昔からゆったりした満足げな境地と縁遠い人たちが多いということなのだろう。
 私の場合、日中は財布が壊れるほど時間があり余っている。とくに、昼にならないかと時計を見ているときは、秒針は回転するが分針はめったに動かないので私も動けない。休日は、家にいると、あれもこれも用事を頼まれるので、私の時間は目にも止まらないほど一目散に行ってしまう。つながれているので外出もできない。
 月曜日、夫が会社へ出かけると奥様方はほっとするらしいが、夫たちも同じくほっとする。そうこうするうち、平日、暇を持てあますことに慣れてきて、時間が長ければ長いほど、たくさんの仕事や趣味がこなせる、と思うようになった。貧乏転じて贅沢という言葉にはまだお目にかかっていないが、今どきは時間三昧の日々である。(2016.10.18)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウッドストック ビッグピンク

2016年10月17日 17時29分16秒 | ファンタジー

 先日、ウッドストックを懐かしんでいたら、ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞のニュースが飛び込んできた。1969年、この地でフェスティバルが行われたころ、ビッグピンクと呼ばれた家が近郊にあって、そこにディランが家族とともに静養していた。付近には名だたるシンガーたちも住んでいたという。
 彼はバイク事故で首の骨を折って、再起不能だといううわさが流れていた。事故の件はきっと大げさに伝えられたのだろうが、長いブランクを置いて発表された「レイレディレイ」の歌を聞いたときは飛び上がった。彼の声が透き通るような美声になっていたからだ。
 ウイキペディアによれば、ウッドストックがコンサートの開催地になったのは、企画者たちが、ディランたちの住まいの近くにレコーディングスタジオを作るための資金集めをしようとしたからだという。彼らがそこにいなければ、時代を画すと言わないまでも、時代の影をあからさまに映し出したウッドストックフェスティバルは行われなかったかもしれない。
 ピンクの外観の家には、後日、ザ・バンドとしてデビューするメンバーもいて、ひそかにデモテープを大量に製作していた。この家には今、それらのことに価値を見出した別の家族が住んでいる。数年前、テレビの映像で家の中までのぞき見た。
 ところで、ボブ・ディランのノーベル賞受賞を懐古趣味のように評する向きがあるが、私はそうは思わない。彼がディランでなかったなら、今の世界の音楽シーンはまったく別ものになっていたはずだ、ベートーベンが存在しなかったらと想像するのと同等なくらいに。
 なので、ディランに文学賞はなじまないという人もいる。一方で、音楽と文学は切っても切り離せない一体的なものという考えもある。そうだとしたら、文学にこだわらないで、芸術賞に集約してはどうか。などと、選考委員でもなく金を出すでもない人々が口を出すのは自由だ。(2016.10.17)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネコキングとの 最高法規

2016年10月14日 09時51分29秒 | ファンタジー

 ものの本によれば、十三世紀初頭、イギリスではすでに、王権を制限し、貴族の特権や都市の自由を認めさせる「マグナカルタ」が成立した。これは「法による支配」などの立憲主義の出発点と見なされている。近代よりはるか以前、国民が王権や国家権力を監視し制約するための成文法が制定されている。
  
◇ネコ国の現憲法は、制定から七十年間まったく手を入れられなかった。ネコ国の場合、諸外国に比べ、憲法改正手続きが特別厳しいからなのか?
 そうではないだろう。アメリカ憲法の改正には各州の議会の同意が必要で、フランスにいたっては、改正してはならない基本条項(国家体制や基本的人権)が決められている。
◇オオカミ国から押しつけられた憲法なので、ネコの手で改正しなければならないか? 
 現憲法の前文冒頭にあるように、政府の行為によって引き起こされた先の戦争によって、東アジア地域において、諸外国を含め、内外、軍民、老若引っくるめて、数千万にものぼる無惨な犠牲が払われた。現憲法は、このことを心底悔やみ、悲惨な戦争を永久に引き起こさないとのネコの決意のもとに成立した。押しつけられたと感じる方々は、現憲法を読んだことがない不勉強ネコだということ。
◇憲法はすべて現状に合致しなければならないか? 
 現憲法は、前時代への反省を込めて、掲げた理想と目的を全力をあげ達成することを誓う。つまり、憲法があるから自動的にその理念や目的が達成されるというのでなく、国及び国民は、憲法の理念に基づいた努力を日々怠ってはならないのだ。もちろん九条もそのひとつ。
 九条の平和主義は、ネコ国総体の希望でありその実現に向けて努力するという決意を世界に公表したもの。残念だが、この努力と決意は、七十年経過して今なお、いや以前に増して厳しい局面を迎えている。そのことをネコたちは忘れてはならない。

 ジミ案はどうだろう? 
 現憲法の基本理念をねじ曲げようとする企みが随所に見られる。基本的ネコ権、思想及び良心の自由、表現の自由について制約を強めようとするばかりか、象徴天皇を元首に位置づける記述など、まったく支離滅裂で現憲法の精神に比べようもないお粗末なもの。
 元首とは内閣総理大臣や最高裁長官と同様、国の機関名のひとつで、象徴とは国や国民の理想を体現するシンボルを意味する。今さら元首を置くとは、戦前の天皇機関説を戦後七十年にして公に認めるというのと同じ。いったいこれは、いつの時代のどこの国の憲法草案なのか? 箸にも棒にもかからないとは、まさにこの草案のためのことわざと言っていい。
 現在もグローバル化した世界各地で未だ不幸な紛争が止まず、経済・社会較差も拡大の一途をたどっている。普通の感覚の持ち主なら、こうした時代情勢を踏まえ、現憲法の平和や幸福実現といった基本理念に思いをいたし、自国の役割をさらに拡大するような憲法を希求するのが当然だろう。
 ジミ案画策者に提案するが、憲法を変えようとする前に、己の精神を見つめ直し、思い込みや誤りを改めるべきだ。手始めに、戦争の悲惨さを実体験する世界ツアーに行ってみてはいかがか。そして、性根がどう猛なのですぐ闘いたがるネコ族として、自国が戦争しあるいは戦争に加担することができないシステムを考案し、それを全世界に普及することを国是とすべきではないか。

◇最高法規
「ジミ案」
「1 全て国民は、この憲法を尊重しなければならない
2 国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を擁護する義務を負う。」


『現憲法』
第97条
『この憲法が国民に保障する基本的ネコ権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。』
第99条
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。』


◇基本的ネコ権
「ジミ案」は次のとおり。
「国民は、全ての基本的ネコ権を享有する。この憲法が国民に保障する基本的ネコ権は、侵すことのできない永久の権利である。」

『現憲法』は次のとおり。
『国民は、すべての基本的ネコ権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的ネコ権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。』

【帝国憲法】を参考に載せる。
《臣民たる要件は法律の定めるところによる》
《臣民は法律の定めるところにしたがい兵役の義務を有す》


◇自由及び権利
「ジミ案」は次のとおり。
「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力により、保持されなければならない。」
「国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。」


『現憲法』は次のとおり。
『この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。』

◇法の許の平等
「ジミ案」は次のとおり。
「全て国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、障害の有無、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。」

『現憲法』は次のとおり。
『すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。』
(2016.10.14)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネコキングとの 囚われの身

2016年10月13日 14時50分14秒 | ファンタジー

◇個人情報に関するもの
『現憲法』にないが、「ジミ案」にこう記載されている。
「何人も、個人に関する情報を不当に取得し、保有し、又は利用してはならない。」
 ※不当でなければ、他人の一定の個人情報を入手できるとする。不当の定義は何なのか。

◇大臣
「ジミ案」にこう記載されている。
「内閣総理大臣及び全ての国務大臣は、現役の軍人であってはならない。」

『現憲法』は次のとおり。
『内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。』

◇検察官
「ジミ案」の記載。
検察官、弁護士その他の裁判に関わる者は、最高裁判所の定める規則に従わなければならない。」

『現憲法』は次のとおり。
検察官は、最高裁判所の定める規則に従はなければならない。』

◇地方自治体の長、議会の議員等
「ジミ案」の記載。
「地方自治体の長、議会の議員及び法律の定めるその他の公務員は、当該地方自治体の住民であってネコ国籍を有する者が直接選挙する。」
 
『現憲法』は次のとおり。
『地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。』

 ネコたちは、長らく、大名や幕府の領民、天皇の臣民として自由や権利を制約される立場にあったが、現憲法下で初めて、主権者たる、つまり誰にも飼育されたり囚われたりしないネコ国民になった。それを保障するのが現憲法の役割だ。(2016.10.13)
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウッドストックのDVD

2016年10月11日 11時45分20秒 | ファンタジー

 数日前のこと。ふと、十代に一度だけ見た映画、ウッドストックフェスティバルの騒音の中にもう一度どっぷり浸かりたいと思った。ジャニス、コッカーの後ろにいたレオン・ラッセル、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)、CSN(クロスビー・スティルス・ナッシュ)、ザフー、早世したジミー・ヘンドリックスなど、懐かしくて泣けてしまいそうな面々が浮かぶ。
 実は数年前から、断続的にその衝動がよみがえっている。その度に、DVDを手に入れたいと思うのだが、なかなか購入の決心がつかない。きっと、家のブルーレイデッキにかけたとたん、妻は耳障りだと怒り出し、はな は鼓膜が破れると大きな声で文句を言うだろう、と私の心がビビってしまうからなのか。ちなみにストーンズのライブ版DVDは持っている。
 ところで、家には元々、パイオニア製の古風なセパレート型ステレオ一式があったが、若いころ、音楽好きの独りよがりの趣味にまかせて、ソニー製のプリメーンアンプとそのころ流行だったダブルのテープデッキを買った。その数年後、スピーカーをダイアトーンの3ウェイに取り替えた。安物のテープデッキは早々に、そこそこの値段だったスピーカーも二十年くらい経つころには調子が悪くなった。今では家でほとんど音楽を聞かなくなったので、埃をかぶったスピーカーはつながったままでも支障はないが。二台目の東芝製ビデオ・DVDデッキは壊れたわけではないが、線を外されて置物になっている。
 今でもシャンとしているのは、ソニーのアンプとパイオニアのレコードプレーヤー、ラジオチューナー。十数年前ころ、レコードプレーヤーのターンテーブルを回すゴム輪が劣化したので、直接パイオニアに電話したら替えの製品をすぐ送ってくれた。パイオニアがリストラでゴタゴタしているのは残念だ。ナガオカのレコード針も替えを二本手に入れたが、使うことはもうないだろう。
 そんなわけで、若いころに興味のあったことがランダムにぶり返してきて、ジワジワと私の精神を侵食してきているような気がする。こういう気持ちは年寄りに共通するものなのか、この傾向に素直に従った方がいいのか、それとも、このままだと世にも迷惑なわがまま老人になってしまうのか、今のところ判断はつかない。(2016.10.11)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思想・良心、そして表現の自由

2016年10月06日 13時23分04秒 | ファンタジー

◇思想及び良心の自由
「ジミ案」は次のとおり。この案を作った方は、憲法とは、国家権力の形を規定するために存在することを知らない。
「思想及び良心の自由は、保障する。」

『現憲法』
『思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。』

 思想・良心の自由は、ネコの精神活動のなかでも最も根本的なもの。諸外国の憲法では思想・良心の自由は当然で絶対的なものと考えられているため、わざわざ規定せずに表現の自由を保障すれば十分、と考えているほどだという。
 では現憲法で、思想・良心の自由を規定しているのはなぜか? それは、思想・良心の自由が明文化されてなかった帝国憲法下で、特定の思想を反国家的なものとして弾圧した時代背景があったから。

◇信教の自由
「ジミ案」は基本的に信教の自由を認めるが、意味深なただし書きがある。
「国及び地方自治体その他の公共団体は、特定の宗教のための教育その他の宗教的活動をしてはならない。ただし、社会的儀礼又は習俗的行為の範囲を超えないものについては、この限りでない。」

『現憲法』は、実に淡白。
『国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。』

【帝国憲法】の信教の自由のくだりは次のとおり。国の機関等への言及はない。
【臣民は安寧秩序(あんねいちつじょ)を妨げず及び臣民たるの義務に背かざる限りにおいて信教の自由を有す】

◇表現の自由
「ジミ案」は次のとおり。
「1 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、保障する。
2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは認められない。」


『現憲法』は次のとおり。
『1 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。』


【帝国憲法】の記述。
【臣民は法律の範囲内において言論著作印行集会及び結社の自由を有す】
 
 ネコ国の現憲法で、「一切の表現の自由はこれを保障する」と唱われている。
 一方、ジミ案では、ただし書きで「公益及び公の秩序を害することを目的とした活動は認められない」とする。帝国憲法より明らかに後退した感がある。この案に基づき憲法が成立したら、必ず治安維持法が復活し、との のような、市井の政治・思想犯が続々摘発されるだろう。
 この件はもっと突きつめて考えるべきだと思う。繰り返しになるが、現憲法は、ジミ案と違い、表現の自由を全面的に認めている。つまり、こういうケースでこういう表現をしてはいけないなどという、下品なただし書きは一切ない。
 ただ、現憲法においても、「表現の自由を侵してはならない」でなく「保障する」と表記されている。真意はわからないが、何だかわりきれないものが残る。それと関連するかどうかわからないが、現代のネコ国には、「内心の自由」という概念があって、最高裁はじめ、多くの憲法学者たちによって、「表現の自由」は「心の内」だけなら認められるという受け身の解釈がなされている。法的根拠がないにもかかわらず、ネコたちは自分自身から「表現の自由」を奪っている。
 過去を振り返ると、ネコ権力者によって、「自己規制は美しい」とするネコの性を利用されて、次々と自由を奪われた時代があった。マスコミさえ他社の動向を見ながら横並びの論説しかしなくなり、ネコ同士が行動を看視し合い、みんな貝のように泥にもぐり、やけくそになって思ってもいない万歳を叫んだ。
「心に思うことを言ってはいけないのはほんとうに悲しい。ネコなで声で心にもないことをしゃべっているうちに、愛の告白さえ信じてもらえなくなってしまった」と、との はポツリと言った。(2016.10.6)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いらない憲法条文案

2016年10月05日 14時51分55秒 | ファンタジー

◇いらない憲法条文案
「ジミ案」には、先に掲げた「国旗国歌法」のように、関係法令に明快な定めがあるにもかかわらず、上位法の憲法に条文をもぐり込ませようとするなど、およそ憲法らしからぬ文章が散見される。
 次の「ジミ案」は、いずれも『現憲法』に記述がなく、何だか裏がありそうなものばかり。たとえば、自衛権については従来からやみくもに発動させない努力をしてきたのに、やれるところまで拡大しようとしているのではと疑わしかったり、教育とは国の都合に合わせたネコを作るためのものになっていたり、公務員の統制を強化し全体への奉仕というネコ権無視の聖域に追いやろうとしたり、地方自治に枠をはめ、その上、家族のあり方にまで口を出したがるとは。明治時代のネコ教育勅語の再来かとゾッとして言葉も出ない。
 
「ジミ案」の記述。
「国は、国外において緊急事態が生じたときは、在外国民の保護に努めなければならない。」
「国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。」
「国は、教育が国の未来を切り拓く上で欠くことのできないものであることに鑑み、教育環境の整備に努めなければならない。」
「公務員については、全体の奉仕者であることに鑑み、法律の定めるところにより、(略)権利の全部又は一部を制限することができる。この場合においては、公務員の勤労条件を改善するため、必要な措置が講じられなければならない。」
「1 地方自治は、住民たるネコの参画を基本とし、住民に身近な行政を自主的、自立的かつ総合的に実施することを旨として行う。
2 住民は、その属する地方自治体の役務の提供を等しく受ける権利を有し、その負担を公平に分担する義務を負う。」
「ネコ家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として尊重される。ネコ家族は、互いに助け合わなければならない。」


 その最たるものは、憲法に定めがなければ緊急事態に対応できないと言わんばかりの、緊急事態に関する文言であろう。
「ジミ案」の記述。
「1 内閣総理大臣は、我がネコ国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。
2 緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、事前又は事後に国会の承認を得なければならない
3 内閣総理大臣は、前項の場合において不承認の議決があったとき、国会が緊急事態の宣言を解除すべき旨を議決したとき、又は事態の推移により当該宣言を継続する必要がないと認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、当該宣言を速やかに解除しなければならない。また、百日を超えて緊急事態の宣言を継続しようとするときは、百日を超えるごとに、事前に国会の承認を得なければならない。」


 なお、【帝国憲法】にもそれに関する条文があるので参考に掲げる。
【帝国憲法】の記述。
【第8条(1)天皇は公共の安全を保持し又はその災厄を避けるため緊急の必要により帝国議会閉会の場合において法律に代わるべき勅令を発す
(2)この勅令は次の会期において帝国議会に提出すべし、もし議会において承諾せざるときは政府は将来に向けてその効力を失うことを公布すべし】


【帝国憲法】の下、議会が完全に無視された事態はほんとうにあったことなのだ。【帝国憲法】を下敷きにしたような「ジミ案」にも、国会の議決をすり抜けようとする意図がみえみえだ。これらの条項が悪意で使われたとき、国民に大きな被害が及ぶのは間違いない。やってしまった後で、憲法や他の法令の記述を盾にして自己正当化するような政治家連を生み出さないため、ネコたちはしっかり政治を看視し、彼らを教育する必要がある。(2016.10.5) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加