乙姫のつぶやき

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

夾竹桃の花咲けば

2017-08-09 15:38:19 | 日記

     夾竹桃(ピンク 八重咲)  しろ
   今日は広島に続いて長崎に原子爆弾が投下されてから72回目の夏を迎える。
   そして後5日で終戦記念日だ。この花をみると終戦前後の幼かった自分の記憶が甦る。
   永久に草木も育たないと言われた被爆地に翌年赤々咲いたので忌みきらわれたとも。
   この花そもそもが公害に強いが有害植物であるという。
   少女小説の「夾竹桃の花さけば」という本を読んだ記憶はあるが、なぜか内容は覚えていなくて
   花を見ると思い出す。私にとって不思議な花だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のんびりして | トップ | 私の夏休み »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うばざくら)
2017-08-12 01:09:34
綺麗な花なのにねぇ~
原爆を落とされ、すべて焼け野原となったのに土の下でじっと耐えて蘇るなんてすばらしい花だと思うけど色が悪かったのでしょうか。人間て勝手ですね。
Unknown (ば~ば)
2017-08-13 11:24:15
私もこの花を見ると、吉屋信子の「夾竹桃のはなさけば」
を思いだします。

同世代なんですかね~。
Unknown (うばざくらさま)
2017-08-14 23:07:49
 夏になるとあちらこちらで見かけた花でしたが、今年は私の徘徊する範囲では一か所でした。温暖化が影響しているのか、それとも木も高齢になったのでしょうか
Unknown (ば~ば)
2017-08-14 23:10:49
 ウフ話が通じてれしいです。本がなくて同じ本を
何回も読みました。活字離れなんて悲しいですね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。