ANOTHER~Hiromi_Hosokawa

札幌【Another】スタイリスト
髪の健康を第一に考え丁寧な仕事を心掛けてます。ブログなどで情報を発信していきます

金持ちにスカウトされたらどうします?

2017年09月30日 | 戯言

友だち追加←ここね

ネット予約取れない?
じゃLINE@にしちゃいなよ。


いや、この前シンガポールからのお客様が飛び込みで来たんですよ。

メニューはシャンプーのみでしたが

まぁ、お金はありそうな雰囲気…


「もしや、めちゃくちゃ気持ちいいシャンプーしたら専属美容師になれるかも」



ユー

シンガポール来ちゃいなよ


と悪巧みを試みたんですが見事失敗しましたが

もし、


本当にスカウトされたら


どうします??


僕は間違いなく行きます。


月に50万くらいくれないかな。



おわり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近気づいたどうでもいいこと

2017年09月24日 | 戯言

友だち追加←ここね

ネット予約取れない?
じゃLINE@にしちゃいなよ。


最近気づいたどうでもいいことを言います。


お腹空きすぎると本当に喋りたくなくなる。

というか思考回路が止まる。

おわり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに死ぬかと思った話

2017年09月22日 | 戯言

友だち追加←ここね

ネット予約取れない?
じゃLINE@にしちゃいなよ。



昨日の木曜日って休み取ってたんですよ。


せっかく晴れてるし昭和新山の近くの虻田漁港ってあるんですよ。

そこに釣りに行ってきたんですよ。

風も少し強かったし波もギリギリ釣りができるくらい

釣り人もそんなにいなかったんですよ。


後に、釣り人がいないってことが

こんなに怖いってなるとは思ってもみなかったんですが(普段は誰もいない方がいいと思ってました)


今回は僕の不注意なんですが


いつもつけてるライフジャケットと

スパイクシューズじゃなく

普通のスニーカーとライフジャケット無しの状態で行ったのですが

(ちゃんと準備しましょう)

防波堤にあるテトラポットって分かります?



今回の漁港ってのは防潮堤が凄く高く設定されてるので4~5メーター高く積まれてるんですよ。



高さもこんな感じです。


今回スニーカーだったのですが

ひょいとテトラポットに跳び移ったら


滑るんですよ。

ヤバイ止まらない

ズルズル滑ってます


下は穴です(海底)


しかも2~3メーターはあります。
(2階建てくらいの高さに感じました)

しかも水深はめちゃ深い


ズズーってまだ止まらないんですよ。




「あ、これ落ちるし死ぬヤバイ!」

と一瞬で分かるレベルです。

まだ死にたくないー


溺死か頭を強く打って出血死のどちらか。


しかも、先程の話に戻ると

釣り人は誰もいない。

運良く助かっても叫んだ所で誰もいない


僕はiPhone6なので海に落ちた時点で

ただのガラクタと化します。

波にのまれてどっちみちアウトのとこでした


幸い、

ギリギリの所で止まってくれたので

落ちなくてよかったー。

生きた心地がしなかったです。


ライフジャケット無しで海に行って釣りはダメですね。

ちなみに今回行った虻田漁港

札幌から109キロあったみたいですが

東京から宇都宮くらいあるらしいです。

どんだけ広いねん北海道。




おわり。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに映画を見に行った。

2017年09月20日 | 戯言

友だち追加←ここね

ネット予約取れない?
じゃLINE@にしちゃいなよ。


実は久しぶりに映画を見に行ったんですよ。

最後に見に行ったのはなんだったかも覚えてないくらいしばらく行ってませんでした。

今回見に行ったのは

ダンケルク




たしか、この監督はインセプション撮った人だったと思うんだけど自信ありませんが


なんとなく期待して見に行きましたが


結論

よく分からなかった。

終わった後は

???


でした。


個人的な感想です。


欧米ではダンケルクの話は歴史の授業とかで習ってるんですかね?


まぁ歴史の授業ではなんとなく

ファシズムと連合国軍が戦ってるのは

知ってるけれどサラッと流すように

教えられたので日本人である僕にはピンと

来ませんでした。

ぶっちゃけ、ドイツ軍の猛攻は知ってましたし

英軍と仏軍の救出のお話なんだなと

途中から分かったけれど

それを知ってるか、知らないかで

この映画の面白さって変わってくると思うんですよ。


ただ、この映画の良さって


戦争映画にありがちな

リアルすぎる描写がないんですよ


血が出たりとか

内蔵出てたりとか


グロいの苦手なんで


そこはなくてよかったと思うし


ドイツ軍の姿も全く見えないんですよ。


心理的描写を描くのが天才なんだと思います。



奥田民生になりたいなんたらって映画あったんですが

そっちにすればよかったかも


個人的な感想です。


おわり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やー。お久しぶりです

2017年09月18日 | 日記

友だち追加←ここね

ネット予約取れない?
じゃLINE@にしちゃいなよ。



しばらく更新してなかったので見てくれてる方いるのかなと思ったんですがどうでしょうか。

なんせ9月に入って店内も落ち着いた雰囲気に
なってるときこそブログ更新しやすいのですが

逆に抜け殻のようになってしまいましたね。


書きたいことを好き勝手に書くのが好きなので
この3週間くらいはどうかしてたのでしょう。


さて、本題に戻ろうと思うのですが

将来の仕事に関することです。



まぁ年齢的にもそうですし、美容師の同期の仲間はもう独立してオーナーになってる人もいますが

ただ、


語弊のないように先に言っておきますが美容師は好きですし、基本的には一生続けていきたい素敵な仕事に就けて本当にラッキーだなとも思いますが最近考えが変わってきてます。


正直、生きてく上での職業として美容師にこだわってないんですよ。


稼ぐなら佐川でもいいですしね。

大変そうだけど


いち、個人的な考えですが。


自転車で帰ってる時とか

美容室の前とか通ると夜中まで営業とか練習とかしてるんですよ。

自分も26歳までは本当に残って勉強会だとか

練習会だとか

たまにでしたが休日も講習会だとか参加してたし

辛くはなかったし、むしろ楽しかったけれど

これ、一生続けていくの自分には無理だな。

とも思うんですよ。


体力もそうですが精神的にもキツイ。


最近の僕の接客って本当にテキトーなんですよ。


もちろん新規のお客様にはちゃんとします。


ただ、長く来てもらってる方って

生意気なこと言うと僕の事を信頼してくれてるんですよ。

それは僕も理解してるつもりだし

逆に裏切るなんて有り得ないですから

カチカチの接客しても意味ないんですよ。


そうやって神経すり減らしてやるんじゃなくて、短命と呼ばれる美容師という仕事を細々とですが長くやっていきたいんですよ。


よく聞くワードですが

もうあんまり仕事で消耗したくないんすよ。

楽しく仕事したいだけなので。

その見返りでプライベートも楽しみたいし。

もちろん消耗しなきゃダメな時もありますよ。

仕事ですから。


ちなみにもし、僕が仕事を辞めたら

フィッシュランド(釣具)で働きます。

スカウトの方いたら是非お願いします。



おわり。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加