ANOTHER~Hiromi_Hosokawa

札幌【Another】スタイリスト
髪の健康を第一に考え丁寧な仕事を心掛けてます。ブログなどで情報を発信していきます

スキバサミについて。

2017年05月15日 | 戯言

友だち追加←ここね

ネット予約取れない?
じゃLINE@にしちゃいなよ。


『スキバサミでガツガツ梳かれちゃって』

という言葉を美容師をしていたらよく聞きます。


イメージ的には

パサパサしてしまう

雑にされてる

ボリュームが出ない

でも軽くしたいけど、軽くするとふくらむから
美容師に反対される。

などあるけれど実はスキバサミを使う

僕はかなり慎重に使ってます。


僕のスキバサミはドライカット用の15%~20%

つまりわかりやすく言えば100本の毛束に対して15本から20本くらいしか切れないってことです。

しかも均一に軽くしてくれるメリットもあるので

スライドカットや

ハサミで梳く場合に比べると

割と正確に毛量調整ができます。


ただ、髪の毛が動きにくいというデメリットも、あるのであえて

を開けるようなカットをする場合もあります。


ただ、基本的には動きを出したい場合や軽く見せたい場合はレイヤーと言って

トップの毛を短くするカットの仕方なんですが

こちらの方が無駄な削ぎをしないでも

軽くなり

動きが出て

ツヤが出るのでスキバサミは毛先をぼかす程度しか使いません。


スキバサミを使う美容師は

楽をしていると思ってる方も中にはいると思います

けれど実はとても神経を使う施術なので


一概にスキバサミはダメとか

シザーだけで毛量、質感調整するのが

良いとも言いきれないと思います。

それぞれのメリット

デメリットは必ずあるので

あとは美容師との相性と信頼関係の元に

成り立ってる技術だと思います。


ちなみに、

軽くすると膨らんで髪の毛がまとまらない


これ


重くてもまとまりません。


なので多少の毛量調整が必要な場合もあります。
(ケースバイケース)


美容師に相談してみてはいかがでしょうか。




おわり。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そうゆう時もあるよね | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL