よみびとしらず。

基本的にガラケーしかない環境にありますゆえに、普段は記事の投稿のみの身です。稀にパソコンから、まとめてチェック&編集を。

恋心

2017-07-27 11:29:42 | 小咄(トチトキ)
あなたに会いたい思いの丈はいつしか天まで届いてしまい、その丈に欠けた月が引っかかった。
「おおい、交通のじゃまだよ。その思いはどこかに追いやってくれ」
月は空から叫んだものの、答えはない。仕方なく月は、その丈をつたって地上へと降りてきた。降りたとたんに、月はびりびりと体が痺れるような感覚におちいった。いま自分の目の前にいる、天までまっすぐとのびる思いの丈を募らせている女性から目が話せなくなった。月は女性に恋をした。

しかし月は、いまの現状をよく把握していた。この女性がこんなにも思いの丈を募らせている相手は自分ではないことくらい分かりきっていた。
さりとて何をどうできるものではない。月は自分が主張した言葉の愚かさを理解した。この思いはどこかに追いやれるものではない。
月はふらふらと女性のとなりに座ると、声をかけることもなくただうっとりと彼女の横顔を見つめていた。月からもまた、しゅるしゅると思いの丈はのびだして、その丈は空を飛ぶ鳥に突き刺さった。

そんな月の思いの丈を自分へのものだと誤解した鳥は「こんなにもわたしのことを思ってくださるなんて」といたく感激し、「さあ今すぐこのままハネムーンへと参りましょう」と欠けた月をくわえてどこかへと飛んでいった。
月に惚れられた女性は我関せず、ただひとりあなたを待ちわびている。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【通り雨】 | トップ | 旅人の詩〜7月26日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小咄(トチトキ)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。