偏差値30から辛くも合格 後日譚& 第2子だけどお初満載中学受験

なんとか第1子が男子中入学。え?!第2子は女子校志望!!
能天気Bonの男子校ライフと内弁慶Jyohの中学受験記です

小さい山と高い山 〜ブレたまま過去問にトライ〜

2016年10月19日 | 季節の話題
朝晩めっきり肌寒く、床暖房の甘い誘惑と戦う日々でございます。
Jyohの塾のお迎え時に見上げる星空も、ひと際輝きを増して…。

つまりどんどん秋が深まり、1月受験まで100日を切りました。

学校行事もあったりして、まとまって集中できる時間がとりにくい…
(みんな状況は同じといっても、つい愚痴ってしまいたくなります)

そんななか、3校の過去問になんとかトライしました。


                     合格最低点まで
前回の「あんまり好きじゃない…」= ASJ中学  あと42点
繰り上がり的に第1志望となった = K1中学   あと22点
繰り上がり的に第2志望となった = K2中学   20点クリア

という結果。二校は合格最低点に届かず…。

とはいえ塾の先生によれば初回にしてはまずまず…ホントでしょうか。
ケアレスなど「惜しい間違い」が目に付くのが残念です。


先日Bonのとき同様、各校の過去問の傾向を表にして色分けしてみたところ、それほど大きな差はなく、3校ともオーソドックスな女子校的傾向だな、と思っていたのですが、いざ問題を解いてみると各教科の得点に学校ごとの差が見られます。


たとえば算数、
ASJ中学は計算と一行問題が60%を占め、うちJyohが得点できたのは6点(涙)
K1・K2中学はともに計算と一行問題が40%程度ですが、ほぼ取れている!

ASJ中学の問題は、ひねりがあるのかもしれませんね…。

またBonがいうには、
一行問題が多いということは、それぞれゼロから考え直さなければならない。
それに対し、大問の中にいくつか小問があるパターンだと
(1)は易しく、つづく(2)(3)のヒントとなることも多いもの。
つまり順に解いていくことで、考え方が整理されたり気づきを得たり…。

「オレは一行問題みたいな小さい山をガンガン登るほうが得意で
 Jyohは順を追って考えながら高い山を登るのが好きなのかもね」


おぉ~言い得て妙!
さすがは中受経験者! Bonよぉ~あの苦労は無駄ではなかった。

たしかにJyohの答案は、終わりのほうの大問ができているのです。


ほかの教科でも得意な国語と理科で、ASJ中学は苦戦…。
つまり、Jyohとは相性がイマイチなのでしょう。


ブレてきた志望校を、過去問との相性で絞ろうという目論見は
いちおう成功といえるのかもしれません。

これでいいのか、という気もしますが…。


3校やってみた感触も含めて、
近々Jyohとじっくり話をしようと思います。

▼過去問の出題傾向の表 (今回は手書きじゃない)




ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごめんよJyoh…。  | トップ | 大妻ですか…「恥を知れ」って... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (藤臣)
2016-10-26 01:46:20
はじめてコメントをさせて頂きます。
息子(現在4年)がご子息の通う学校にとても憧れていまして、お子様が通っている方のブログがないかと探していましたところ貴サイトに出逢い、熟読させて頂きました。実際に通っていらっしゃる方のブログはやはり参考になりますしありがたいので、お嬢様の受験が終わりましても続けて頂ければと思います。

そして、お嬢様の受験、心より応援しております。
季節柄体調を崩される蚊だ多いと聞きます。
どうがご家族様、ご自愛くださいませ。
突然のコメントで失礼いたしました。
これからも応援していきます。
Unknown (藤臣)
2016-10-26 01:48:00
誤字があってごめんなさい。
季節柄体調を崩される方が多いと聞きます。

と書きたかったのですが変換に失敗しました。
重ねてお詫び申し上げます。
ありがとうございます (Bon母)
2016-10-27 08:56:55
藤臣さま

コメントありがとうございます。

すったもんだして受験に挑戦する家族のひとコマを
忘れてしまいたくなくて記すようになったブログです。

読み返せば本当に日々に追われて、あたふたした内容ばかり…。
ご子息は4年生ですか。
そのころBonは山猿のようで受験勉強どころでは…。

ご参考になることは何もございませんが
これからも読んでいただけると大変うれしいです!
天候が安定しない日がつづいています。
どうぞご自愛くださいませ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL