晴耕雨読なくらし

ジネンジョに夢をかけるおじさんの物語

来期も担うことに

2017-03-20 06:44:08 | 地域の文化や出来事
誰もいない会場はひんやりとしてエアコンの助けで暖かさを確保です。
しかし人が集まってきて議事が進む頃には、
暖房無しで過ごせる日曜日の午後でした。
昨日は区の1年間を締めくくる総会でした。
4時間近くしっかり議論しました。


日本で年度末といえば3月です。
主に会計年度をさす制度として当たり前に使われており、
我が町内もこれに合わせて会計と人事を一新します。

ちなみにちょっと調べてみたら4月を始めとする国は、
日本とイギリスぐらいで、
ドイツ・フランス・ロシアなどは太陽暦と同じ1月とか。
アメリカは10月で、
そう言えば学校の入学が半年違うと昔聞いたことがありました。

この一年間私は防災対策をメインに地域活性化の糸口をつかもうと、
努力したつもりですが一歩となりえたか評価は様々です。

そんな中で課題解決のために、
もう一つの側面からのアプローチを試みました。

普段市長や県会議員は雲の上の政治家とみなされ、
せいぜい後援会行事で顔を合わせる程度の人が圧倒的です。
しかし市会議員も含めて地方政治に携わる人たちこそ、
現実の暮らしや環境改善に力を発揮してくれる人なのです。

その距離を短めようと10月に市長に来てもらって語る会を開催し、
昨日の総会には県会議員に来てもらい、
地区の抱える課題の一端を知っていただきました。


たかが50戸たらずのど田舎の小さな集落に、
貴重な時間をさいて来ていただき感謝ですね。

まだまだ道半ばということで、
もう一期だけ区長を担うことになりました。
齢70に近づいて生まれ育ててくれた地域への最後の努めとなるでしょう。

< 一歩前へあの手この手でもう一年 >




ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一期工事完了 | トップ | ポイント時代 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人望 (しまそだち)
2017-03-20 11:39:50
晴耕雨読なくらしさんは 地域を引っ張って行く人なんですね
それに 要望に応えてくれる 若い市長さんも
素晴らしい

来期も地域の為に一肌も二肌も脱いでくださいね

しまそだちさんへ (晴耕雨読なくらし)
2017-03-20 16:59:40
順番でいけば現役世代となるのだが、
様々な課題を進めていくには酷です。
そうなると出来ないと言えない辛さがあります。

やってもやらなくても過ぎていく時間です。
ならば気力と体力が多少でも残っている今しかないでしょう。
まぁ一年ぐらい直ぐに過ぎるでしょう。
そうなんですねー (まつやま)
2017-03-20 20:12:41
せっかくお知り合いになれたのに、年度末は少し淋しい感じがするのですが、そのお話を聞いて、申し訳ないですが嬉しくなってしまいました。大変だとは思いますが、ぜひ来年度もよろしくお願いします。
まつやまさんへ (晴耕雨読なくらし)
2017-03-20 21:30:15
慣例でいけば1年ですが、
規約には再任を認めるとあって、
はまってしまいました。

次は無いと思いますが、
もう一年宜しくお付き合いください。
Unknown (紫桜ブログ)
2017-03-20 22:22:47
晴耕雨読なくらしさん
色々と出役が多くてご苦労様ですが、あと1年地域のためにお役に立ってほしいと思います。私の集落でも自治会長は1年間に250回出役をされたようです。
辞めれば気楽に暮らせますが、声がかるうちが華でしょうね。
紫桜さんへ (晴耕雨読なくらし)
2017-03-21 05:53:21
250回の出役とは凄いですね。
私は事業報告で日にち毎に書面化したら、
それでもA4用紙に細かくびっしり書いて、
130回ほどでした。
多くは短時間で済む用事ですが、
現役世代に押し付けるのは忍びないです。
今年も自然薯と二刀流でいきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL