本当に文字を書くのが苦手な方へ

難しいひらがなを出来るだけ単純化して
習得しやすいようにいろいろ考えてみました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひらがな「き」

2017-07-11 19:50:06 | ひらがな

ひらがなは今から1200年くらい前(平安時代初期)に

漢字からつくられました。

元になっているのは漢字の草書体です。

よくくずし字と言われたりしている書体です。

草書体を(分かりやすく言うと)よりシンプルに単純にあらわしたものが

ひらがなです。

なのでひらがなは基本曲線的に出来ているのでは

と思われます。



で、その難しい曲線をなるべく取り除き

習得しやすいように「き」を

単純に直線的であらわすと








横線2本は平行です。

2本目を書く時は少し右からずらしてスタートします。

そして平行に揃えます。


ななめのたて線は1筆目の中心から少し右寄りをねらって

ななめまっすぐに差し込みます。

そして最後の線に続くようにほんの少しだけはねて下さい。












ジャンル:
学習
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ふ」の練習 | トップ | 手紙は書けません・・・ »
最近の画像もっと見る

ひらがな」カテゴリの最新記事