頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

難しい。

2017年08月10日 | 私。
いろいろ、、、ありましたが、、、


昨日、腰のMRIを撮り、大学病院の医師とも、会うことが出来ました。

ちゃんと、主治医だと思っていてくださったようでした(笑)

旦那の実家に帰省しなくてはいけないと話したら、ブロック注射、、、痛いやつ、してくれました。
麻酔をして、薬を注入するわけですが、痛いのよね〜〜ホント。
途中、針が曲がったか、折れたかで、、、涙ちょちょぎれ。
が、あまり変わらず、、、

大学病院で手術をしてくださるそうで、ご自身宛に紹介状を書いてくださり、今日、大学病院へ行き、再び診察。

レントゲンも6枚追加撮影。
レントゲン技師さんの、乱暴さに、痛みが増し、ちょっとムカつきました。
仕方ないかもしれないけど、口より先に手が出るのって、どーかと思ってしまいました。

「痛いから、撮るんだから、仕方ない」


そりゃ、そーです。

仕方ないけど、、、痛いんです。
もう少し、優しく出来ないもんですかね。

患者の、我儘ですかね、、、


医師は、やはり優しい方でした。

いろいろ、聞いてくださる。
理解しようとしてくださる。

それが、やはり一番。

大学病院の、准教授。
いろいろな資格もある方です。
お任せ出来そうです。




手術日も決まりました。

第四腰椎の、変性滑り症。

グラグラと、かなり骨が動いているらしいです。


大丈夫!
痛みを取って、生活レベルをあげよう。
また、バイクでツーリングに行けるようにしてあげる。
何かあっても、最後まで責任持つから。


そう、言ってくださいました。


その前に、レントゲンを撮りながらの、ブロック注射を二回する事になりました。

それ、痛いらしい、、、けど、仕方ないかなぁ〜

それをしてみて、やはり痛みが減らなければ、手術予定は、決定になります。




が、、、しかし



長期に、父を預かってくれる場所が、なかなか決まらないのが現状。

入院、出来ません。


日帰り手術では、ないわけです。


どのくらい入院するのかは、医師にも分からないらしいです。


そりゃ、そうですよね〜


一か月、父を頼みたいと、ロングショートを申し入れましたが、、、


難しいらしいです。



簡単に、考えていました。




検査、治療、手術前のいろいろ。



難しい。




帰宅してから、電話しっぱなし。



もう、疲れてしまいした。




自分の身体が一番よ!
頼りなさい!
一人じゃないわよ!


口で言うのは簡単、、、

ごめんなさい。


つい、、、





介護する側は、病気にもなれない。

まして、入院なんて、、、


ですかね。



要介護3だから、難しい。

要介護4や、5なら、難しくない?らしいです。




なるほど、、、



介護者は、病気にはなれませんね。


特に、私みたいに一人っ子で、親戚一同、遠くにいるような家庭では、、、

入院は、難しい。


私の旦那や、娘達がいるじゃない?


、、、。



無理。

どう考えても、無理ですよ。



共倒れどころか、、、

家族倒れに成りかねません。




どうなるかは、ケアマネさん次第?


そうなんですか?



誰にも、頼れない気がしてきました。






手術、やめよっかなぁ。



なんか、めんどくさくなってきた。






なんとかなる!


と、思ったんだけど、、、


甘かった。








在宅介護を勧める行政の方は、みんな、お金があって、不倫もする元気もあって。

ホント、羨ましいです。


嘘、全然羨ましくないですけど。



身体が不自由な老人を抱えている家族の事を、もう少し考えては貰えませんかね。



今更ですが、、、




いろいろ、難しい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すべり症② | トップ | なんとか、、、 »
最近の画像もっと見る

私。」カテゴリの最新記事