頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

宮ヶ瀬ダムへ

2016年12月07日 | iPhone
日曜日、旦那と宮ヶ瀬ダムまで、紅葉を見に行ってきた。
我が家から、一時間程度のツーリング。



今週は、キングジーが在宅だから、何処にも行けないなぁ〜と思っていた。
旦那は、暫くパチンコに行って無いし、朝から行くようなことを言っていたし。

だけど、前日の帰るライン、、、
暫くバイクに乗って無いし、天気も良さそうだし、何処かに行く?って。

キングジーがいるから、早くは出れない。
遅く、帰れない。

でも、、、出掛けたい。
出掛けたいに、決まってる。


じゃー、お弁当持って、宮ヶ瀬は?


宮ヶ瀬ダムのある、人工湖で、エメラルドグリーンの湖水に紅葉で、有名な場所なのだ。
あ、神奈川では、、、ね。

4月から11月、ダムの放流を公開していて、水飛沫の中に出来る虹と、紅葉が見れる。

行きたいなぁ〜って言っていたのだけど、なかなかお天気だったり、行きたい場所のタイミングが合わなかった11月。

近場の、短い時間のツーリングなら、ピッタリだ。

天気も良いし、早く出れない分、たまにはお弁当を作って外で食べるのも良いかなぁ〜と。


キングジー、この不穏な季節の変わり目、どうも気持ちが鬱傾向。
あちこち痛いらしい。

神経痛だ。
痛いのは分かるけど、どーすることも出来ない。
あまりにも病気と向かい合い過ぎて、固まってしまうキングジー。
暗闇の中、一人で篭る。
引き出そうとムキになる私、引っ張られそうになる。
毎日一緒にいると、こちらまで苦しくなる。
痛みは、分かる。
私も、痛いから。
もちろん、痛いって、言っていーのよ。
聞くくらい、聞くし、、、

ただ、黙ってしまって、口さえきかなくなったり、怒り口調で話すのは、やめて欲しい。
返事もしなくなるのは、やめて欲しい。

マイナスとプラスを掛けたら、マイナスになる。
私も、キングジーに、引っ張られてしまうのだ。


いっそ、マイナスとマイナスなら、慰め合って、プラスになるかもしれないけど、私は、マイナスになりたくなくて、必死なんだもの。


てな具合で、毎日、ヘロホロだった。

クタクタで、、、イライラで。




考え過ぎ。
いろいろ、考えなくて良いとこまで、考えちゃう。
まだ、そこまで考える必要が無いとこまで、延々と、考えちゃう。

その通りなのだ。

私も。
キングジーも。
石橋を、叩いて壊すタイプだ。

やはり似ているんだろな。

親娘だからね〜


でも、、、


ホッといて、出掛けなさい。
そういう老人は、沢山いるよ。
大丈夫、大丈夫だから。
生きることに必死な人、死ぬことが怖い人、お父さんは、死なないから。
もし、万が一、コケたら、、、
その時は、その時。
お父さんの運命を、久美子さんが背負う事は、無い。
自分の人生を、大事にしなさい。


訪問医療の先生が、言ってくれた。



お父さんが、返事をしたくないなら、ホッときなさい。
どうせ困ったら、話さないわけにはいかないんだから。

共倒れになるか、ならないかは、自分次第よ。



訪問看護師さんが、言ってくれる。


過保護になる必要は、無いんだよな。



自分ができる事を、やるだけでもいいよね。
それ以上でも、それ以下でもなく。

誰がなんて言ってくれても、結局、知らん顔は、出来ないし、知らん顔をしないのが私。
それが、嫌で、文句も言えば、愚痴も言うしで、あんまり変わらない毎日なんだけど。


いなくなったら、淋しいに決まってるから、、、


毎日、頑張ってる。



で、旦那とのツーリングは、これからも、キングジーを放ったらかして、行っちゃうのだ。
















ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう、イヤダァ〜 | トップ | まただ。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ウルル)
2016-12-09 01:23:30
良かったわ
気晴らしできたんやね
ちゃんと旦那さん、気がついてくれてるんよな、優しいね

医者と看護士さんの話はほんまそうやで
心鬼にしてもばちはあたらんと思うよ
私も鬼になるときあるもん
そうでなきゃ、自分が壊れちゃうから

寒くなってきたからバイクはもうきついかな?でも、走るの気持ち良さそうだわ~
ウルルちゃんへ (久美子)
2016-12-10 21:46:43
ウルルちゃん、ありがとう。

おかげ様で、わずかな時間でも、まだ出掛けられてるから、いいのよね。
でも、まだまだ、これからどうなるか。
ショートの度に、何かしらあって。
受け入れてもらえなくなったら、どうしよう。
もう、なんだか疲れちゃった、、、

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む