頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

春だね〜

2017年03月13日 | iPhone



箱庭に、スミレ。
春が来るね〜

ご無沙汰していました。


三寒四温。
もう、春だね〜

旦那とのツーリングも、少しは楽しんでいるので、大丈夫。



三保の松原 一泊




三浦、城ヶ島





でも、、、先週は、しんどかった。

疲れたなぁ。

気持ちが、チョット荒むと、いろんな事を開き直れず、笑い飛ばせなくなる。

小さな事も引っかかって、見えない何かにまで、敏感になる。
関係ない事まで、全部自分に向けられている気になって、なんだかなぁ。

そう、私は案外と気にしぃだし、気が小さい(笑)
もしかしたら、自意識過剰なのかもしれない。

単に、考え過ぎ、、、かな。


もっと、大らかにならなきゃな。


春は、すぐそこにあるんだしね〜

明るく、楽しく過ごさなきゃね。






今週初めの月曜日、大学病院へ。
キングジーが、補聴器を作るので、耳の型取り。
今は右側だけ補聴器をしているのだけど、右側も聴力が落ちてきたら、左側も補聴器を作ることになった。

キングジーは、両耳、内耳難聴で、聞こえない。
若干聞こえの良い右側の耳にだけ、補聴器をしていたけど、限界らしい。


大学病院に、補聴器外来ってのがあってさ、そこで補聴器を作る。
医師と、聴覚療法士さんと、業者の人とで、キングジーに合った補聴器を作ってくれるわけだ。
もちろん実費。
高いけどね〜メンテナンスがしっかりしてるし、検診もあるから。
お金は、キングジーが自分で出すんだから、お好きに、、、なんだけど、、、

大学病院だから、待つ。
予約していても、待つ。
昼過ぎに行き、帰宅したのは、夕方だった、、、。

次は、型が出来上がり、貸し出しの試し装着。
次は、試し装着が良ければ、申し込み。
次は、自分の補聴器完成。
次は、試し装着。
次は、微調整で、終了。

その後は、半年後に定期検診。

、、、、ゲ。

補聴器がら出来上がるまで、二ヵ月くらい?
何回も大学病院に、行くわけだ。

全部、私が付き添うわけだ、、、



私の人生の何パーセントが病院通いか?
って、思わずにはいられない、、、
私自身の病院もある。

病院ばっかり。

しかも、そのうちの半分以上が病院の待合室でさ、、、待つ。

人生に、無駄な時間は無いって言うけど、この時間だけは、無駄な気が、、、する。




そして、火曜日の真夜中、2時12分。
私のIphonが鳴った。
一階で寝ているキングジーからだ。

時々、あるのよね、、、
汗掻いたから、着替えたいとか、、、
コケたとか、、、?!


急いでキングジーの部屋に行くと、キングジーが部屋でバタバタしていた。

「耳から血が出て止まらない」って。

テーブルの上には、血まみれのテッシュが山程。
右側の耳から、血が流れてる。

寝る前に、綿棒で、傷つけたらしい。
って。

枕カバー、血まみれ。


理由が分かっているから、とりあえず良かった。

頭に問題があって、、、なら、怖い。
でも、そういう訳では無いようだし。

心臓弁置換手術をしているキングジーだから、血液サラサラにする薬、ワーファリン等を飲んでいるから、小さな傷でも大出血になる。

かつて、何度もそんな事が起こった。


見える場所なら、止血も出来るけど、耳の中では、どーしたもんやら。
まして、キングジーが言うには、かなり耳の奥みたいなんだよね〜

とりあえず、ガーゼを詰めて、様子を見ようって事にした。
「明日、早目に耳鼻科に行こう」って。

とりあえず、寝た。


火曜日、朝、6時過ぎ。
旦那を見送って、キングジーの部屋へ行ってみた。


枕カバーが、真っ赤。
やはり止まってなかった。


そこからが、怒涛の一日となり、、、

訪問医師に相談したり、病院へ電話したり、、、キングジーの血の始末したり。



結果、訪問医師が紹介状を書いてくれて、お陰様で、予約以外は診てくれないはずの国立機構病院の耳鼻科で診て貰えた。
わざわざ病院まで、看護師をしている奥様が紹介状を届けて下さった。

足、向けて寝れない、、、あらがたい。


診断は、キングジーが、綿棒で引っ掻き過ぎて、遂には出血した。

キングジーの予想通りだった。

一週間分の点耳薬を貰って、無事に帰宅出来たけれど、完全に止血するまで、一週間は掛かるかもしれないと、、、

いつも補聴器を入れている右側の耳だ。
左側の耳の補聴器は、作成を開始したばかり。

つまり、医師の話も、私の声も、殆ど聞こえない。

優しい女医さんでさ、パソコンで筆談してくれた。

写真撮る?とも、言って下さった。
耳の中、鼓膜の下あたりからの出血らしかった。
ジワリジワリと、滲み出してる。






キングジー、綿棒没取。

一生、耳掻きは耳鼻科以外では、したらダメって事になった。
歳を重ねると、見えない皮膚、粘膜は特に、弱くなるらしい。
医師曰く、耳掻きは、誰しも危険。

その日は、たまたま訪問看護士さんも来訪日で、お風呂も上手に入れたし、、、夜の点耳薬を入れる時間には、出血もかなり治っていた。

良かったよぉ〜




既に、五日目。

まだ、点耳薬してガーゼ入れてるから、補聴器は出来ず、、、
デカイ声を張り上げながら、たまに筆談してる。

近所の人に、丸聞こえだろなぁ。

私の怒鳴り声、、、なんか、つらい。


ホント、疲れた。
とにかく、疲れた。

久々の、キングジーの大流血事件だった。




朝晩の点耳薬さし、ガーゼ詰めて、、、
着替え、モロモロ、介護の醍醐味。


うっとーしいし、大丈夫だからと、勝手にガーゼ取るから、喧嘩になった。

しかもケアマネがやってるディサービスの入浴後にだ。

前日にケアマネに直接電話して、、入浴後にはガーゼを替えてくれと頼んだのにだ。
医師の話が聞こえてないキングジーの、言うままに、ガーゼをしないで帰宅のキングジー。

薬を点耳している間は、ガーゼをするように言われているのに。

ケアマネにまで、イラっ。
苦情の電話をした。
怒りたくもなる。



数日後、キングジーが、もう一回診て欲しい、、、と、言い出した。


仕方がないから、病院に電話した。
看護師さんが、電話に出てくださった。

もう、血が流れていなければ、大丈夫だから、、、来てもガーゼ取り替えるだけだから、来なくても同じ。

そりゃ、そうだよね。


予約は出来なかった。
大丈夫だって、ことなんだよ。




87歳。

臆病になる、、、年齢かもしれない。




私とは、永遠の30歳差。

だから、今の私には、キングジーの心のうちは、分からない。

でも、、、

いつか、キングジーと同じ年になった時に、分かるかもしれない。

それまで生きてるかは、、、神のみぞ知るだけどね。

私は、あんまり長生きしたくないなぁ。

なんて、思ってはいけない!!

生きたくても、生きれない人がいるのだから、、、
いたのだから。





私も、頑張ろう。


小さな、家族の中だけど、、、
私も、頑張ろう。


あと少しは、頑張ろう( ◠‿◠ )



無事に、母の三回忌も終了。




次は、七回忌。


わぁ、、、私、還暦?!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美容院で。 | トップ | 心臓神経症 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (オヤジな私)
2017-03-13 14:23:04
三保の松原一泊。
城ケ島巡り。ストレス解消になりましたか。

87歳の父上。
良い娘さんがいらして幸せです。
我が娘は駄目でしょうなぁ。
自分の家庭のことだけで精一杯でしょう。
仕方ないです。

娘さんたち。お元気ですか?
オヤジ様へ (久美子)
2017-03-13 22:26:24
オヤジ様、ありがとうございます。

いえ、、、私は良い娘ではないです。
もう、文句タラタラ。
父が、可哀相かもしれません。

でも、私の父ですから、、、
戦争、火事、息子の事故死、手術、、、妻の病、死。
沢山の悲しみを乗り越えてきた、父ですから、、、
尊敬しています。

だから、父には、笑っていて欲しいのに、だから私も頑張っているのに、笑わないから、、、疲れます。

私の、自己中な思いです。

内緒ですが、、、出来たら、私も、、、自分の家族のことだけを、考えていたい時もあります。
そうはいかないのは、、、父だから。
案外と、親は大事なんです。

案外と、、、私も娘達に、そう思われていたらよいのですが、、、

娘達、、、今は、自分磨きと遊びと仕事に精一杯。
家事は私がするものと、決めているようです。
残念ながら、嫁に行く予定もありません。
早く孫でも見せてくれたら、父も私も、元気になれるかもしれませんが、、、ナカナカ縁が結ばれません。
赤い糸の相手は、何処に?(笑)

コメントを投稿

iPhone」カテゴリの最新記事