自然のまま 気の向くまま・・・

田んぼの虫や 畑の生きもの。
 いのち って みんなつながってるんだなぁ・・・

農業の世界基準とは?

2016年11月05日 | のうぎょう
昨年、五所川原農林高校では、リンゴ栽培で、国内の高校では初めてグローバルG.A.Pの
認証を取得しました。

   

そして、グローバルG.A.P大賞を受賞




今年は、お米も取得を目指し、その公開審査が9月20日に開催され、見学して来ました。

   


午前中は、書類審査。審査中は撮影禁止だったので、これは始まる前。

いろいろと準備を重ねてきた、先生と生徒、そして関係者の皆さん。

一番大変だったのは、項目をひとつひとつ理解することだと長男は言っていました。

まだ働いたこともない学生が、農業を知る為にはもってこいの教材かもしれませんが
大変だったろうと思います。

けれども、夢を希望を持って取り組む姿は、とても感動しました。

グローバルG.A.Pは、G(Good)A(Agricultural)P(Practices)
適正農業規範の世界標準という意味となるそうです。

AF:全農場基本 CB:農作物基本 CC:コンバイン作物 FV:青果物という
項目があり、全部で230ほどのチェック項目をクリアしなければなりません。

けれども、その項目を読んでいくと、管理としては当たり前のことだと感じます。
それを資料として添付したり、データ化したりするのが大変なのかも。

グローバルG.A.P協議会のサイトにも
「素直な心とチャレンジ精神があればグローバルGAPは普通にできます」とありました。

機械化していくことで、ちゃんとした安全とは何なのかを確かめていくことだと
長男は言っていました。



そして、午後からは現場での審査。


その様子は、こちらで配信しているようです。

日も暮れて、真っ赤に燃えていた空。みんなの心も燃えていたのかな?


日がとっぷり暮れるまで、審査は続いたようです・・・(寒さもあり、途中で帰りました・・・^^;)



そして、その後、オランダで表彰式があり、飛行機にも乗ったことのない長男は
初めてのフライトが国際線という、いきなりな展開になり。


無事に表彰式も終え


でかっ!な市場も見学し、





同じく、でかすぎる農場を見学して、無事に帰って参りました。


こんなスゴイ経験をさせていただき、五所川原農林高校には感謝感謝です!


経験は宝!ですね



この様子は、NHK「クローズアップ東北」~おらほのリンゴをオリンピックへ~
11月11日19:30~から放送されるそうです。

認定を目指してみたい方、東京オリンピックに提供を考えている方、農業に興味のある方
参考になればと思います。



人気ブログランキングへ
おらほのおこめも オリンピックば目指してみるがな~ ^^
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲刈り その後2 | トップ | 新米はいかが? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

のうぎょう」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。