自然のまま 気の向くまま・・・

田んぼの虫や 畑の生きもの。
 いのち って みんなつながってるんだなぁ・・・

古代米の稲刈り(続)

2016年09月15日 | のうぎょう
この前刈った古代米、脱穀いたしました。



そして、今日は古代米 赤諸(つがる)の稲刈りをしました。







イネ1本の茎(1稈)から2本穂が出ています。
これは在来種の古代米の特徴だそうです。
現在のお米は、1本から1つの穂が出ていますよね。


今日も おつかれ様でした。



そして、十五夜でしたね♪ わが家はススキではなくて古代米です。

古代米の穂は、ほんとに美しいです。毛並みのいい馬のような・・・


そんな古代米、発売しておりますので、よろしくお願いいたします!


イノチのネ とよかわ自然農園HP

お問い合わせは kirari933@goo.jp まで!

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田んぼの野鳥

2016年09月15日 | のうぎょう
田んぼの除草、誰か手伝ってくれたらいいのに・・・

と思っていた、7月のある日。


誰かが除草してくれていました。


そいえば・・・

田んぼにカモの家族がたくさん来ていたと、夫は言いました。


いるいる・・・


あっちにも、たくさん!


なんだか鳥がたくさんいるぞ・・・!

ちゃんと畦道に用を足していたので(夫がブツを確認)、田んぼを汚さず、
足ヒレでかき混ぜて行ってくれたようです。



けど、張り切り過ぎ!! イネがなくなっちゃうヨ・・・(><)


そんなこんなで、いろいろあったけど。

あれから2ヵ月が経って


実りの秋を迎えようとしています。



野菜もすごいけど、稲もスゴイ!

植物って、面白いですね~

それに伴う野生動物も面白いですね☆


人気ブログランキングへ
いろんな生き物 みんなみんな つながってるよ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古代米の稲刈り

2016年09月01日 | のうぎょう
台風の影響もあまり受けずホッと胸をなでおろし・・・そして過ぎたら暑い!夏のよう。


しかし


古代米は 秋の風景



ということで、早稲品種の稲を刈りました。


通り過ぎるご近所さんも、最初は「もう稲刈りな!」と、驚いていたものの3年目ともなると
「収穫の時期だべ~♪」と言いながら自転車で駆け抜けて行くようになりました。

人間、なんでも慣れるのですよね。(ちょっとつまんない)





着々と進み・・・




終わった~~~ 仕事おわった充実感は、言葉にできないほどの幸せ感です♪



束ねたものを


天日干し


稲の色が違うね~ と、息子が撮ってくれました



次は赤諸という品種の稲刈りになりそうですが

いつになるかなぁ~・・・


外での作業は暑いですが、とても至福な想いになります。




やはり 自然の風景って美しいから かなぁ



ダブルレインボーのうえに、半径がしっかり見える素晴らしい虹でした!




人気ブログランキングへ
頑張るつもりはないけれど ひとつひとつを大切にしたいと想うのです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田んぼに船?

2016年07月04日 | のうぎょう

寒くなったり 暑くなったり・・・ そんなこの頃


気候の変化に 体調を崩したりしていませんか?

たいせつなカラダ。 お風呂に入ったり、好きな精油をつけたり。

おいしい と感じるものを食べたり。

そんなことに、じかんを使いたいなぁ。と、心がけています。


寒い時には、友人が編んでくれたネックウォーマーが重宝しました。

ありがたいです


 
なんの鳥の足跡かな? 田植えしたばかりの時にはたくさん見えていました。


あれから1か月立ちました。

苗の生長が勢いよくなるまで草の勢いを抑えるために、今の時期は除草作業をします。


チェーン除草だったり

手押し除草機や田下駄除草機、


とる輪くん



みんな知恵を絞って、除草剤に頼らない方法を考えています。


「今回は船で行くか。」

という夫。

・・・え? 船?



まるで船の船頭さんのような・・・


そんな姿に一瞬 船に乗るの!?

なんて頭をよぎる。

いやいや そんなわけないんだけど。



ふねっこ

正式な名前は分かりませんが、昔は顆粒の追肥(肥料)をこれに入れて根元に埋めて
歩いたんだそうです。

そんな船を

浮かべて草を入れることにしました。
苗かごに入れて歩かなくていいから、楽ちんです。

中腰なので腰はきついですが、集中的に生えてるところがあったので
今回は、この船が登場した。という訳でした♪




人気ブログランキングへ
田んぼにお舟をうかばして♪ 行ってみたいな よそのクニ~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田植えの風景

2016年06月26日 | のうぎょう

苗の若々しい青さに こころ華やぎます




ところどころ、生長が遅かったりして、穴があいたみたいになったりしますが


今年も元気に育ってくれました。


朝日を浴びてキラキラ


苗箱の下には、シートを敷きます。
それは、土に根っこが張ると運べなくなってしまうからです。

苗箱を田んぼへ運んでいたら

シートに


苗が根っこを張っていました!


土がなくても育っている!?

何箇所かに、この苗が立っているのを見て

土いらないのか!?という疑問にぶち当たった光景でした。

植物の生長する力が強いということなのかな。

根っこの張りがいいと、田んぼで育てても、きっと逞しく育ってくれるはず。

そんな願いを込めて田植えをしました。


長男も一緒に田植え機に乗り込み、田植え実習♪


無事に植え終わったら 雨もやんで 晴れ間が広がりました。


毎年 毎年、人は決まったように田植えをするけれど

違う風景を見せてくれる 自然の姿。




今年も無事に終わったなぁ… と、自然と手を合わせて祈ってしまいます





人気ブログランキングへ
いろんな想いが 田んぼの風景のなかに 溶けこんでいるのですよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加