株と浮き世の話

株のチャ-ト分析と身近な話題

モンゴル勢が上位陣にひしめいているのに優勝決定戦がない不思議

2017-11-30 10:09:09 | 真実の究明
相撲の番付で上位を独占しているモンゴル力士同士の優勝決定戦は未だに見たことが無い。
かつては同門・同部屋同士があった。
ましてや兄弟で優勝決定戦をやた若貴兄弟 この時代から見たらモンゴル同士がやらないで優勝をたらい回ししているのは不自然だ。
貴乃花親方はここに不信感を持っているのではないか。モンゴル同士で酒を飲みつるんでいる大派閥となったモンゴル派を許せなくなったのだろう。 その横柄さは白鵬の言動に表れている。

日馬冨士に同情が集まる空気だが、貴乃花の志も理解しないと国技は守れない。
モンゴル派閥に星の貸し借りはないのか、調べて欲しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日馬冨士の引退を考える

2017-11-29 12:16:38 | 人生いろいろ
日馬冨士が引退のようだが、急に同情の空気が出てきた。
でもこれは仕方がないことだ。われられ社会でも能力は抜群で日頃はいい人なのだが・・酒で失敗した人は多くいる。
あの人が酒さえ飲まなければ・・ ましてや横綱は文字通り綱をしめた神格化された立場だ。しょうがない

それより問題なのは白鵬のほうだろう。土俵下でゴネて勝負検査役から注意され、勝手に日馬冨士の土俵復帰をぶち上げ、観客に万歳三唱の音頭を取り横綱失格者だ。 さらに驚いたことにその万歳の中に 横審の池ノ坊ナンジャカ委員が万歳をしていて何ら恥じていない事は驚きだ
こんな横審委員もクビだねぇ 名前だけの見識のない委員は置かないことだ。横審が泣く (T_T)

また八角理事長の講話の後でモンゴル力士から貴乃花親方が巡業部長なら巡業に参加したくないとの発言があったようだ。
これは白鵬を頂点とするモンゴル派の対立を窺わせる。いまやモンゴル勢力が跋扈して日本相撲界がモンゴル化して徒党を組んでいる。

貴乃花親方はこれを一番恐れたのだろう。彼は捨て身だ 八角理事長がどう裁くか手腕を問われている





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横綱審議委員が怒った・白鵬の言動

2017-11-28 07:13:53 | 真実の究明
千秋楽の土俵下で白鵬は 横綱審議会の結論も待たずに
「ウミを出して日馬冨士も貴ノ岩も土俵に上げたい」と先走ったことを言った挙げ句に万歳三唱の音頭までとった。
天下の横綱審議会は完全に無視された。

さすがにこれには横綱審議会も怒ったようだ。これで日馬冨士の土俵復帰はなくなたねぇ
書類送検されれば立派な犯罪者だ。犯罪者が綱を締めって土俵に上がることなどあってはならないことだ

白鵬については、暴力事件の参考人でもあり、「待った事件」で土俵でゴネた横綱失格者だ。立ち振る舞いも目に余る
引退勧告をしてもらいたい。 これが出来なければ 横綱審議会の存在価値が問われることになる

ここにきて貴乃花親方の目的がはっきりした。 事件を協会に報告すれば 示談を強要されてうやむやになることを恐れたのだ。
法の裁きに従うのが正しい 貴乃花親方は捨て身だ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鵬の暴挙を許すな

2017-11-27 21:28:17 | 真実の究明
千秋楽の土俵下で白鵬は
「暴力事件のウミを出して 日馬冨士も貴ノ岩も土俵に上げたい」と発言した。
白鵬はそんなにエライのか。暴力事件としての、法の裁きも決まっていないし、ましてや協会の危機管理委員会も調査中だ。
横綱審議委員会も開かれていない。 それなのに「日馬冨士も貴ノ岩も土俵に上げたい」とは一体どういうことか。
 
それに白鵬は「待った事件」で土俵下でゴネて審判から注意を受け、更に千秋楽では勝負が決まってから更にダメ押しをして横綱にあるまじき行為をしていてこんな事を言える立場かよ。 目の前で日馬冨士の暴力を見逃した責任者でもある。また土俵下でゴネた事件は私は居酒屋での暴力事件より罪は重いと思う。

さらに 更に この後土俵の下で万歳三唱の音頭を取り万歳を叫んだ。何様のつもりか!!! やることが幼稚だねぇ
まぁ これに合唱した九州場所の観客もレベルが低いと言うかバカというか、あきれたもんだ
相撲協会よこんな暴挙を指をくわえて見てるのか。もう白鵬は相撲界を仕切っているつもりだ。八角さんよ なめられたもんだねぇ

横綱なんて要らないよ。クビを切ってすっきりした方ががいい


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴ノ花は悪いのか・日馬冨士

2017-11-26 18:43:32 | 真実の究明
日馬冨士の暴力事件では何故か貴ノ花が悪者にされている。また平手で殴ったかビ-ル瓶で殴ったかが問題となっているがそんなことではないだろう。何で殴っても規範となるべき横綱が他の部屋の力士を殴ったことがダメなのだ。これが良いなら相撲界の秩序は崩壊する。
相撲協会は 日馬冨士を即解雇するべきだし、これは刑事事件なので法に従うべきだ。
貴ノ花は場所が終わったら協会内で改革を迫るだろう。筋は通すオトコだ。

日馬冨士だって法に触れたのなら神格化している横綱に居座ることなく自発的にやめるべきだ。

白鵬だが行司・審判の言うことを聞かずに「待った」を主張したことは、横綱のやるべき事じゃ無い。
昨日の優勝を決めた一番も 相手を土俵の外に出して勝負が付いてから、「ダメ押し」をしている。これも横綱がヤル手じゃない。
この「ダメ押し」については先に協会から注意されているはずだ。

協会がだらしないのか、横綱がそんなにエライのか???相撲は国技じゃなくプロレス化している。
文科省は手を引くべきだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加