株と浮き世の話

株のチャ-ト分析と身近な話題

今年1年の有効だったシステム売買

2016-12-31 21:47:57 | 株式市場
 
  平成28年の日経225の週足
今年も終わりました。 結果的には 大発会と納会との差は約+300円で年足は 下ヒゲが約4000円と長いコマ足に近い陽線となりました。
個人的にはシャ-プと東芝で悪戦苦闘の年でした。 シャ-プは不本意ながら330円から意地になってナンピンで買い下がり平均値210円でしたが245円でウリ少し儲けが出ましたが、相場はまだ終わっていないと思い押し目を待っていましたが、押し目待ちに押し目無し のようでどうも置いて行かれた様です(>_<)
東芝は310で買い地獄を見ましたが、戻って350円でやれやれ売りで、これも450円超えで早まったと臍を噛みましたが、分からないものですねぇ  子会社の膨大な負債が発覚してシャ-プの株価とチョボチョボになってしまいました。さて東芝の買い場はどの辺でしょうか。

有効だったのは日経225先物のシステム売買でした。
気が弱くて全部を実行出来たわけではありませんが、
 N225先物の夜間取引+-の3日移動平均で次の日の日中での買い・売りを判定して 寄り成りで仕掛け 引けで精算 します。
これなかなかいけます。 下げ相場に強く 特に今年3月辺りまでは絶好調でした。
 来年も頑張りましょう。 よいお年をお迎えください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピックの旗を振る小池知事の着物は、ヤミ金融業者の愛人のもの

2016-12-25 10:28:45 | 真実の究明


週刊新潮によれば、リオでオリンピックの旗を受け取って旗をふる小池知事が着ている着物は、付き合いのあるヤミ金融業者の愛人のものだという。
これ 本当なら小池知事サン アウトでしょ (^_-)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小池知事と森元総理のガチンコ

2016-12-23 15:56:46 | 真実の究明
小池知事から標的にされて悪役だった森元総理が、オリンピック会場問題では 3勝0敗でワンサイドでした。
3連敗はまずいと4者会議では横浜アリ-ナにクリスマスまで猶予を求めたが、森さんにこれから何をやるのですかと念を押されて恥の上塗りとなった。
それでも400億の予算を圧縮したと強がったが、もともとドンブリ勘定だったものをいじっただけで、その40%は予備費を落としたものだし内容だって「ドンブリ勘定-2」だ。 さらに小池知事はこれは通過点だと強がったが、森さんには「ここがスタ-ト点だ」と切り替えされる始末だ。

自分のパフォ-マンスのためにコンパクト・オリンピックの国際公約をかき回し、ル-ルを守れとバッハ会長にクギを刺され、国際的な信用を失った。
やることが軽率なんだねぇ まだ選挙中の気分だな。 森さんさ慌てず騒がずさすがに貫禄だねぇ

豊洲新市場問題では関係者に 延期は自分1人で決めたのだから、委員会に預けないで1人で早く決めろと迫られた。
築地を通過する予定のオリンピック道路の着工は出来ないし、軽率発言のツケは大きい  今じゃ盛り土のことなど誰も言っていない。
豊洲新市場は現状でOKは関係者のコンセンサスのようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロシア漁船の蟹を食べるのを我慢して、歯舞・色丹を奪還しよう

2016-12-20 18:17:00 | 売国
安倍さん、プ-チンとの友情は国益レベルでは通用しないですよ。
70年前、不可侵条約を一方的に破り満州では一般人を含めて大量に殺され70万人がシベリヤに強制連行されて極寒の地で強制労働させられて7万人が日本の地を踏むことなく亡くなった。北方四島も盗まれた。 これは国際条約違反だがこれに対してロシアの謝罪の言葉は聞いたことがない。

首脳会談では平気で遅刻をし経済協力の話しはしても島の話しはしない。
こんな国の首脳を信用出来ますか?? 「島を返さなければ一切の経済交流を断絶する」という姿勢が正解じゃないですか。
日本人もロシア漁船が売りに来る蟹を喜んで食べている場合じゃない。主な産業が漁業だけの4島に日本が援助しているようなものです。
食べたくても我慢する事が出来なくて交渉なんてできない。蟹を買わなきゃロシアは向こうから歯舞・色丹等の島を売りに来ますよ。
クリミア半島の手口を見ても武力を使うことにためらわない国だ。70年前と変わらない。

「外交は国内事情が決める」これが友情より優先する 外交で「した手」に出て成功した例は聞いた事がない。
困ったら向こうからすり寄ってくる・・これが基本でしょ (^_-)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都議会・共産党と公明党・頭が良いのはどっちだ (^_-)

2016-12-19 18:30:28 | 真実の究明
東京都議会の公明党が自民党との連携を絶って、小池知事にすり寄った。驚いたねぇ
選挙目当てだろうが、来年の選挙まで小池人気が続くと思っているのだろう。 先日の決算委員会では豊洲関連の決算を不認定側に回って自民党と決別した。 でもねぇ- 豊洲新市場は 盛り土が無くても構造も環境も問題ないとの結論が出るのは明白だ。
マスコミも最近 盛り土の事は言わなくなったし、技術的には市場関係者も含めて豊洲は築地より良いとの合意が形成されつつある。
共産党はその辺を察知したのかギャアギャア言わなくなった。公明党より頭が良いのだろう。

来年は豊洲新市場の移転延期の補償をめぐって、熾烈な交渉が始まる。補償問題は双方がうまく納得することなんてない。
もともと立派に出来上がって安全なんだから、あの空騒ぎは何だったのかと言う事に帰着する。
小池人気は 「山高ければ 谷深し」と言う事になるだろう。都民も小池劇場には飽きてきた。
公明党が舵取りを間違えた事に気付くのに時間はかからない。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加