株と浮き世の話

株のチャ-ト分析と身近な話題

週刊誌の中吊り広告、森友の「も」の字も加計の「か」の字もない

2017-08-31 12:04:48 | 真実の究明
先週辺りから週刊文春や週刊新潮の広告字面が変わった。
あれだけ騒ぎこれ以上無いような大きな活字で書きまくった「モリカケ」問題も虚報のネタが尽きたか・・・
TV・新聞も偏向報道のあまりの酷さにさすがにボ-ットしていた国民も気がつき始めた。

安倍政権の支持率は少し上向き傾向だが、メディアの信頼度は容易には回復しない。昔と違いネットというチェク機能がありウソが長続きしなくなった。 歌舞伎町のエ-ス前川文科次官も賞味期限が切れて使い捨てされる運命にある。
それにしてもメディアの偏向ぶりは歴史に残るものだった。 彼らに何がそこまでの行動をさせたのか。安部憎しだけでは説明がつかない気がする。 気が狂ったとしか言いようが無い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無理が通れば通り引っ込む・... | トップ | 加戸守行は男の中の男だねぇ(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

真実の究明」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。