株と浮き世の話

株のチャ-ト分析と身近な話題

森喜朗 元首相が遺言を書いた

2017-04-23 14:11:16 | 真実の究明
森喜朗さんがガン闘病生活をしていて、東京オリンピックの開催まで生きられないことを考えて遺書を出版した。まだ紹介文だけで詳読はしていませんが小池東京知事について、築地市場跡へ予定されているオリンピック道路建設の遅れや、豊洲新市場問題の政治利用などこのままでは死んでも死にきれないと遺言を残すことにしたと言っておられる。

でもアホな都民もそろそろ気付き始めていると思いますよ。選挙で大衆を煽ることは上手だが行政の知識もセンスも実行力もないことが分かってきたと思いますよ。

選挙中には当選したら即都議会を解散する宣言(知事の不信任可決した以外解散権はない)
築地市場の移転延期を単独で決めて選挙利用(議会無視・後はプロジェクトTに丸投げ)
オリンピック会場・決めた経過も無視して国際的に恥をさらす
盛り土問題は契約書通りなのに職員を処分(あたかも手抜き工事のような記者会見)
今更 築地市場再整備案だって(工事公害・埃・排ガス・アスベスト、土壌汚染対策無視)
 等々その無知ぶりはバレバレなので、森さん大丈夫ですよ

それほど東京都民もアホばかりじゃないでしょ 田舎芝居のウソに飽きています
それにしてもマスコミも小池百合子サン絡みの報道はウソニュ-スが多かったねぇ
東京大改革って何??? (^_-) 自分は何もしないで過去の業績をほじくり返してケチをつけることか。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潮目が変わった豊洲新市場・... | トップ | 豊洲新市場を150億円で解体し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

真実の究明」カテゴリの最新記事