株と浮き世の話

株のチャ-ト分析と身近な話題

北朝鮮が石油を絶たれると言うことは 日本が歩んだ道

2017-09-07 22:16:15 | 真実の究明
経済制裁はある意味で戦争状態だ
かつて日本も大陸進攻してアメリカから石油を止められて、万事窮して太平洋戦争へと暴発した
石油を止められれば 零戦も大和も動かない 開戦の時は1年間分の備蓄しか無かったという

大陸を放棄しても何れ石油で締め上げられて植民地になってしまうとの判断だったようだ。それで東南アジアの石油を取りにいった
これがアメリカの虎の尾を踏んだ と言われる。 田中角栄さんも東南アジアの資源外交でロッキ-ド事件にはめられたとの説が有力だ
北朝鮮がこれを知らない筈はなかろう。 核を放棄したら組織は持たない
しかし1発打てば瞬時に国は報復で壊滅する。かつての日本よりも難しいねぇ 真珠湾と言うわけにはいかない

アメリカは歴史から学んでいない 中国はさすが歴史大国かなぁ  斬首作戦ってあるのかな

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加戸守行は男の中の男だねぇ(... | トップ | 文科省前次官の歌舞伎町出会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

真実の究明」カテゴリの最新記事