株と浮き世の話

株のチャ-ト分析と身近な話題

今年1年の有効だったシステム売買

2016-12-31 21:47:57 | 株式市場
 
  平成28年の日経225の週足
今年も終わりました。 結果的には 大発会と納会との差は約+300円で年足は 下ヒゲが約4000円と長いコマ足に近い陽線となりました。
個人的にはシャ-プと東芝で悪戦苦闘の年でした。 シャ-プは不本意ながら330円から意地になってナンピンで買い下がり平均値210円でしたが245円でウリ少し儲けが出ましたが、相場はまだ終わっていないと思い押し目を待っていましたが、押し目待ちに押し目無し のようでどうも置いて行かれた様です(>_<)
東芝は310で買い地獄を見ましたが、戻って350円でやれやれ売りで、これも450円超えで早まったと臍を噛みましたが、分からないものですねぇ  子会社の膨大な負債が発覚してシャ-プの株価とチョボチョボになってしまいました。さて東芝の買い場はどの辺でしょうか。

有効だったのは日経225先物のシステム売買でした。
気が弱くて全部を実行出来たわけではありませんが、
 N225先物の夜間取引+-の3日移動平均で次の日の日中での買い・売りを判定して 寄り成りで仕掛け 引けで精算 します。
これなかなかいけます。 下げ相場に強く 特に今年3月辺りまでは絶好調でした。
 来年も頑張りましょう。 よいお年をお迎えください。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリンピックの旗を振る小池... | トップ | シャ-プは目先ピ-クアウト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

株式市場」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。