株と浮き世の話

株のチャ-ト分析と身近な話題

小沢一郎さんに思う 政治の世界

2017-10-21 22:34:25 | 人生いろいろ
あの小沢一郎さんが無所属で立候補している。
あの小沢一郎さんが共産党の支援を受けている 
40台で自民党の幹事長を務め総理より力をもった時代があった。総理を打診されて断った小沢さんが無所属で共産党の支援を受けるとは・・
政治の世界は解らないねぇ どこで間違えたかねぇ 若いときには一度政権をとってもらいたいと本気で思っていた。

策士策に溺れるというが、最後は好きか嫌いで決まると言うことか・・
最後は共産党の支援を受けるのは昔ファンだったものとしては悲しい・・(T_T)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新大臣が着任後 即次の総裁選に立候補しま-す  野田聖子さん

2017-08-04 16:26:02 | 人生いろいろ
新任の野田総務大臣が記者会見後 即次回の総裁選に立候補すると発言した
何をイキがっているのかねぇ 自分じゃ強がって見せたつもりだろうが、任命者に対して失礼だろう
まだ知能が大人になっていないのだろう。自民党の総裁になるには過半数の賛成が必要だ こんな仁義に反し人情の機微も分からないのが過半数を取れるかねぇ
とりあえず安部さんに信任されたのだから一生懸命やって下さいよ。 信なくば立たずです
ヤル気がないなら大臣を受けるべきではありません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

将棋の楽しみ方を教えてくれた「藤井四段ブ-ム」

2017-06-27 12:39:24 | 人生いろいろ
終戦直後 楽しみが少なかった時代、村のじ-さん達に見よう見まねで将棋を教わり一時熱中した中学の時期もありましたがそれ以来関心が薄れていました。今度の藤井四段ブ-ムで改めて楽しみ方を発見したような気がします。

野球の場合は野球を実際にやったことがなくともそれぞれに贔屓のチ-ムがあったりTV中継をみたりして、楽しんでいますが、将棋もそれに似た楽しみ方が出来るとかんじました。
竜王戦の 藤井四段対増田四段の棋譜をネットで10回ぐらいみましたが、おもしろいですね
昔は棋譜が紙の印刷であったことはあったのですが、素人には食いつきがイマイチでした。
いまは動画で盤面が自動的に動き実感があります、ハマリそうです。

昨日の藤井四段のコメントには苦しい戦いだったと言っていましたが、終盤の寄せは一方的な詰め将棋状態に見えましたが。。私のレベルが低すぎるからでしょうか・・
いずれにしても凄い少年が現れました、私の中学時代は何を考えていましたかねぇ 不肖私 藤井四段の6倍も歳を取っているのです
恥じ入るばかりです m(_ _)m m(_ _)m


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僭越ながらの 「藤井四段」考

2017-06-23 18:23:48 | 人生いろいろ
私83歳で中学2年の時に初めて松島湾で海を見て海水は本当にしょっぱいんだと実感した山奥育ちで、戦後村のじいさん達と見よう見まねで将棋を覚え少しは強かったのですが、詰め将棋とか定跡など何も分からず高校では友達とたまに指す程度でした。
そんな私ですが・・・・ 藤井四段の強さには驚いています

世間では連勝記録に関心が集まっていますが、私はオ-プン戦ながら羽生三冠との対局が真価を示した対局だったと思います。
あの棋譜を何遍も繰り返し見ているのですが、序盤はそこそこのようですが大駒の切り方に大物感を感じます。
70手辺りからは詰め将棋モ-ドになり、羽生三冠に良いところはありませんでした。
あの対局は4ヶ月前です。よく甲子園に来てから一試合ごとに強くなる高校野球チ-ムがあるじゃないですか。
藤井四段はあれから一局を指すごとに強くなっているんだと思います。
しばらくは負けないような気がします。もう異次元からの刺客・・と言う感じです。

私は故 升田幸三 九段のファンでしたが升田さんに見せたかったですねぇ 何と評したでしょうか。
願わくば周りが過剰に騒がず見守ってやりたいですね。 僭越ながらm(_ _)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石原裕次郎考

2017-05-13 11:31:20 | 人生いろいろ
柄にもなく最近 石原裕次郎さんについて思うことがある。
年齢も同じ世代だが、彼が映画デビュ-した当時私は夜学生でコッペパンをかじりながら、友人と二人で3畳間で下宿していた。
裕次郎氏は慶応ボ-イで湘南の海でヨットを操り私らとは住む世界が違うので好きになれなかった。

でもいま彼が残した唄を聞くと ちょっとしゃれていて、含羞を含んだ歌い方は何とも言えない味がある。けっして傲慢な性格ではなかったのだと思う。
かれは唄は本職とは思っていなかたようで、映画を作る為の資金作りと考えていたそうだ。
数ある映画のなかでは 「黒部の太陽」が良い。私は土木屋だがあの「黒部の太陽」を観て土木屋の道を選んだ後輩たちも多い。

兄の慎太郎氏は作家で政治家で立派な方だが、弟裕次郎氏を超えられないとコンプレックスをお持ちだそうだ。
贅沢なコンプレックスだが、50代で逝ってしまった裕次郎氏は永遠にあの若さだし、脳梗塞にはならないから 人生いろいろだねぇ
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加