黒い冷凍庫(冷凍品=文芸社、栗田工業、幻冬舎R等、クンちゃんブログ自費出版関連記事!クリタ創業者野崎貞雄氏発禁本全文)

旧文芸社=日本文学館、幻冬舎R等自費出版(費用著者負担エディション)よろず相談室 クンちゃんのエディタールームの過去記事

文芸社勇退の小川くんから連絡(小川くん問題最終リポート)

2014年01月15日 21時10分49秒 | 日本文学館=文芸社の労働問題

  奉祝 いずれ、旧文芸社支部HPのアドレスに
    小川秀朗くんからの「ご挨拶」掲載
 とのこと

 先週金曜日、10日付で文芸社を勇退した小川秀朗くんから、引き続き、次の連絡が入りました。

************** 以下、転載 ********************


 お世話になっています。
 なんだかんだとたてこんでいて、連絡不十分で申し訳ありません。

 きょう、弁護士の先生と打ち合わせをいたし、
 先日削除した旧文芸社支部のアドレスに、文芸社との闘争の終結ほかについて、
 みなさまへのご挨拶を掲載いたすことにしました。
 なるべく早く掲載したいと思っていますので、もう少々お待ちください。

 多くのみなさまに、折に触れて激励のお言葉をいただきました。
 あたたかいご支援に心より感謝いたしております。
 取り急ぎ、クンちゃんブログの場をお借りしてご連絡申しあげます。

 旧支部HPアドレスは、 http://www015.upp.so-net.ne.jp/office-o/index.html です。


************** 転載おわり *********************

   (以下、1月17日一部訂正加筆)
 要するに、未払い賃金支払い請求訴訟の中で、紛争全体の終結が図られた、ということのようです。
 つまり、判決以外の終結方法、普通に考えれば、「和解」という格好で終結したものと考えられます。
 こういうパターンは、通例「労働者側の勝ちぃ―」と言えましょう。
 いずれ時機をみて掲載されるという小川くんからの「ご挨拶」に注目したいと思います。

 当クンちゃんブログでは、およそ2年間にわたり小川闘争を断続的に報告してきましたが、こちらも勝利的終結を契機に小川問題にひとくぎりをつけることになります。
 振り返ると、2年前の2月11日に小川くんからクンちゃんへの初めての着信があって以来、西瓜谷南瓜(すいかや・かぼちゃ)時代から数えると、小川くんからの着信はパソコンに648件、携帯に278件となっており、なかなか感慨深いものがあります。
 また、忘れてならないのは、当ブログをご覧の方々からさまざまなアドバイス、情報提供をいただいたことです。小川問題の報告を閉じるにあたり、深く御礼申し上げます。ありがとうございました!


 なお、参考までに小川問題を扱った各種メディアの一部を列挙しておきます。

 *レイバーネット:平成25年3月2日
  http://www.labornetjp.org/news/2013/0302repo 
     『特別レポート:「追い出し部屋」には負けない!~㈱文芸社、地下倉庫で頑張る小川秀朗さん』

 *マイニュース・ジャパン:平成25年4月5日
  http://www.mynewsjapan.com/reports/1805 
     『「廃棄原稿を入力しろ」 現役社員が語る文芸社“追い出し部屋”の手口』

 *フジテレビ:平成25年4月23日
  http://blog.fujitv.co.jp/tokudane/E20130423003.html 
     『とくダネ 真相チェイス!直撃御免』
 
 *レイバーネットTV:平成25年4月25日
  http://www.ustream.tv/recorded/31935159  
 
     『レイバーネットTV第51号「追い出し部屋からの告発』

 *労働情報:平成25年7月 867号
  http://www.rodojoho.org/archives_tatakai/~2013/tatakai867.html 
     『追い出し部屋でおなじみの文芸社 逆切れ!』

 *マイニュース・ジャパン:平成25年7月12日
  http://www.mynewsjapan.com/reports/1854 
     『“追い出し部屋”の文芸社、今度は労務管理部長が“個人”で、ツイッターやウェブサイトが名誉棄損と内部告発者を提訴』

 *日刊ゲンダイ:平成25年7月26日 
     1面見出し『ここまできたか追い出し部屋』 5面『「追い出し部屋」戦慄の実態』                        




 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 文芸社小川くん退職、HP削... | トップ | んっ! 「諷詠社」という自費... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL