黒い冷凍庫(冷凍品=文芸社、栗田工業、幻冬舎R等、クンちゃんブログ自費出版関連記事!クリタ創業者野崎貞雄氏発禁本全文)

旧文芸社=日本文学館、幻冬舎R等自費出版(費用著者負担エディション)よろず相談室 クンちゃんのエディタールームの過去記事

Myパソコンがぶっ壊れてしまった!

2015年04月03日 08時02分06秒 | ありふれた日常

 3月25日にベトナム・ハノイ経由でルアンパバーン(ラオス)に飛び、メコン川水系のダム建設現場などをうろついて1日に帰国した。成田に近づくと、雲海の上に見えるのは富士山の頭だけ、その下には春爛漫の桜吹雪が待っていた。

   破局は突然のごとく、出費も突然のごとく

 ラオス行きより前の話、突然、まだ5年も使っていないクンちゃんパソコンがぶっ壊れてしまった。
 まずこの話をしてから、次回は、ずっとひっかかっている問題、日本文学館刊行書籍の増刷関連費用をめぐって紛議を生じている問題のおさらいをしてみようと思っている。
 (ハードディスク破損・交換により、どこか天の上のほうでストックされていたデータ以外は全部失われてしまったので、大変使い勝手が悪くなりました。で、八十婆さんが豆食うように、ぽつりぽつりと書き足していきます。乞ご了解。)

 
    戻ってきたMyパソコン


 Myパソコンは、NECバリュースターVW970/Vというやつ。
 Windoes7ホームプレミアム搭載。
 購入して、まだ(もう、なのか?)5年たっていない。
 昨年秋ごろから、いわゆる「動きが重い」(動きに時間がかかる)という感じがあり、保存データ、録画番組などが多すぎるかもしれない、そのうち整理をしなければならないと思いつつ、そのままで推移してきた。

 ことし2月ごろから、ネット稼働中に、ちょいちょいかたまって反応しなくなることがあり、「ページに問題があり、開き直した」「応答していない」「長期間実行中のスクリプトが原因で応答しない」などの表示が出て、回復に時間がかかり大変不都合になってきた。

 3月8日朝、起動からパスワード入力、立ち上がりまでは通常だが、ここからインターネットエクスプローラ(ヤフーをホームページに設定)への接続に15分以上かかる、シャットダウンにもかなり時間がかかる、文字入力時の反応が遅れる(例えば、検索画面への文字入力は画面左肩にほんの小さな窓があき、そこに表示される)といった状態になったため、NEC121コンタクトセンターに電話相談した。(この電話は家電からはタダだが、その他からは有料で、込み合っていると目の玉が飛び出るような電話代になる。)

 NEC担当者の指示で、起動時にF8をたたきセーフティページを開く。ここからインターネットエクスプローラに接続するとただちにつながった。そこで、(よく聞き取れなかったが,★★★の問題ではなく)ソフトの問題であるということになり、21種類の登録があったシステム構成をひとつひとつチェックして、問題ありそうなシステムの登録をはずすよう指導された。

 その後、当日の8日と翌9日午前中、だましだまし稼働させる一方、コンタクトセンターから指示された、起動→F8→システムチェック→再起動、を繰り返しているうちに、F8をたたくとフェニックス画面があらわれるようになってしまった。この画面の末尾指示に従いF1を押して稼働を継続、数回システムチェックを続けた。

 すると、「ハードディスクエラー、バックアップして、メーカーに連絡せよ」との表示が出、その後もう1回出たため、コンタクトセンターに再度連絡。データバックアップをしていなかったため、いったん電話を切って遅ればせながらありあわせの外部ハードディスクにデータバックアップしようとしたら、もはやなにをやってもフェニックス画面、と、最終的には「BootfromCD画面」(英文文末は、デスクブートフェイリア、システムディスクを挿入してからエンターキーを押せ)しかあらわれないようになってしまった。

 これで万事休す、ということのようであったくやちい!
 立ち上げに時間がかかっても、我慢して、つまらんシステムチェックなんぞやるんじゃなかった、あれが死期を早めたと後悔しても、遅い。

 そのほかの所見としては、次のようなことがあった。
 システムチェックを繰り返している際のシャットダウン時には必ず次の表示が出た。「終了音を再生させています。」
 また、死亡数日前から、「Windows7ビルド7601このwindowsのコピーは正規品ではない云々」(記憶あいまい)という表示が何回か画面にあらわれた。(使用中のものはNECダイレクトショップから購入時に搭載済みのものだから正規品だんべよ。)




   この記事は、早ければ遅くともあした6日夜までに完成させますデス。少々お待ちを!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 復活したシクラメン! クン... | トップ | 約束のゼニを払わん、という... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL