黒い冷凍庫(冷凍品=文芸社、栗田工業、幻冬舎R等、クンちゃんブログ自費出版関連記事!クリタ創業者野崎貞雄氏発禁本全文)

旧文芸社=日本文学館、幻冬舎R等自費出版(費用著者負担エディション)よろず相談室 クンちゃんのエディタールームの過去記事

復活したシクラメン! クンちゃんブログも復活!

2015年03月15日 22時34分12秒 | ありふれた日常

       花どきは1回で終わりじゃなかった! 
                      うちのミニシクラメン

  
   復活したうちのミニシクラメン

 昨2014年、6月にクンちゃん犬を見送り、がっくりしてブログも中断。
 その後、ちょっとばかし再開して空白期を埋めようとしたものの、今度は体調不良の極みに追い込まれ、またまた長期中断していた。

 その間に、うちのシクラメン(小さな花なので、勝手にミニシクラメンと呼んでいるが、そういうのかどうか)が復活した。

 シクラメンはかなり長い間、花の大小にかかわらず、毎年12月ごろに買い求め正月の花として楽しんでいた。
 「花の大小にかかわらず」と書いたが、この意味はかなり個人的な領域に属する。、
 その年の懐具合によって大きな花の立派なやつだったり、小ぢんまりとしたものだったりしたということなのだ。
 しかし、いずれにしても、花が終わったら「はい、それまでよ」ということで、葉の元気がなくなる夏前には始末してしまっていた。

 ところが、いつだったか、かわいがって夏を過ごさせれば、またちゃんと花が咲く、ということを知人から聞いた。

 そこで、去年は夏の間は直射日光を避け、猛暑の時期は空調ありの部屋に入れて過ごさせ、時々栄養液を施したりしていた。
 しかし、だんだん衰えていって、秋雨のころには大人のにぎりこぶし一個半ぐらいに株が縮んでしまった。
 やっぱり、素人じゃうまくいかんわい、こりゃだめだな、と思いつつ、見守ってきたら、
 なんと、かなり時期はずれではあるが、2月に入って赤い花びらが開いた。

 続々と花芽も育っている。
 驚くべき、生きる力だ。


 一方、クンちゃん人も、ここ半月ほどかなり体調も良くなり、寝たり起きたり程度に快復してきた。
 そこで、花芽は到底無理だが、とりあえずクンちゃんブログをぽつりぽつりと再開してみよう、という心持ちになった。 


  
       まだまだ花芽がたーくさん!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« いくらか涼しくなるかいね?... | トップ | Myパソコンがぶっ壊れてしま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL