92の扉

近年は殆どが淡々とした呑み食い記録と化していますが、そこはマイペースで。よろしければ、扉を開いてみて下さいね!

おけらや、洋酒店 醇

2013-04-06 | 呑み (信州:松本市街)
 夜の松本は生憎の雨ですが、意外と気温は下がっていない上、予報で言われる程の強風でもないので何だか拍子抜け。東京の方が強風で、新宿からの「あずさ」は都内で軽微な遅れが出たものの、その遅れは拡大することなく、そのままの遅れを維持したペースで松本まで到着しました。

 既に新宿でクラフトビールを楽しんでいますが、せっかくなので松本でも軽く呑み食いしたいところ。そこで、松本での呑みの先発(でも実質的には中継ぎ)として向かったのは、松本駅前~伊勢町間にある「おけらや」(gooタウンページ)さん。このお店は焼酎や泡盛のラインナップで知られているので、以下の焼酎をロックでいただきます。

■ 麦焼酎「麦冠 情け嶋」(東京・八丈島、八丈興発

■ 麦焼酎「舞香」(大分、藤居醸造

 一方、お料理は「トマトのはちみつがけ」や「水餃子」(小)をお願いしました。

おけらや 外観 トマトのはちみつがけ 水餃子(小)


 大荒れの予報がニュース等で喧伝された影響もあるのでしょうか、遅めの時間帯にも関わらず入店時にはお店を独占状態。お訊きしてみると、どうやらウチが一番乗りなんだそうです。ところがその後、9名の団体さんや2人連れ、4人連れのお客様が来店され、一気に満席状態になりました。皆さん、天候の様子見だったんですかねぇ。

 さらに遅い時間帯となって、仕事を終えられた YK さんもご来店。今夜はお腹があまり減っていないとのことだったので、ウチが既にオーダー済みだった「きくらげと豆腐の塩煮込み」の他、追加で「青菜の塩にんにく炒め」と「辛みそきゅうり」をお願いして取り分けることにします。

きくらげと豆腐の塩煮込み(取り分け済み) 青菜の塩にんにく炒め 辛みそきゅうり


 いろいろ楽しくお話を聞かせてもらいつつ、その後ウチは以下の焼酎をロックでいただきました。

■ 麦焼酎「万年星」(宮崎、渡邊酒造場

■ 黒糖焼酎「長雲 一番橋」(鹿児島、山田酒造・鹿児島県酒造組合より

おけらや 店内(入店時1) おけらや 店内(入店時2)






 こうして程良くお腹を満たした&酔っ払ったところですが、やはり呑みの締めにはバーへ寄りたいところ。そこで今夜の呑みの抑えの切り札として YK さんとご一緒したのは、土井尻町(大名町と西堀の間)にある洋酒店「醇」(gooタウンページ関連ブログ)さんです。何となくビールな気分になっていたので、今夜のビールのラインナップの中から、ウチは以下をいただきました。

■ 志賀高原ビール(玉村本店関連ブログ)「THE FAR EAST - Barrel Aged Imperial House IPA -」
(Aged in barrels of Ichiro's Malt CHICHIBU The Floor Malted)

デ・モーレン醸造所(オランダ)「ゾマーホップ IPA」

志賀高原ビール THE FAR EAST 醇 お通し デ・モーレン ソマーホップ


 実はこのお店、以前より YK さんから「一度、行ってみたい」とリクエストされていたのですが、なかなかタイミングや気分が合わなくて、ご一緒する機会を作れずにいたのです。今夜も生憎の天候とあって、どうしたものかと思ったのですが、良い流れで御案内することが出来ました。

醇 店内 醇 外観


 すっかり酔っ払って、うっかり深い時間帯まで長居をしてしまい、「『軽く呑む』って難しいね」と突っ込まれちゃいましたが、明日は昼から呑み歩きイベントも控えているので、このあたりでお開き。コンビニ等への寄り道は控えて、ウチも素直に本拠地へ引き揚げるとしますかね~



前回訪問記録:
おけらや、NOMDOS(2013-01-05)
KADOKKO 米田屋、アガレヤ、洋酒店 醇(2013-02-23)
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Watering Hole Craft Beer Pub | トップ | 城下町ほろ酔い散歩 (第四回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。