92の扉

近年は殆どが淡々とした呑み食い記録と化していますが、そこはマイペースで。よろしければ、扉を開いてみて下さいね!

摩幌美、Ganesha、Osteria Italiano Vin Vino、洋酒店 醇

2010-05-29 | 呑み (信州:松本市街)
 今日は「あずさ」での松本への移動。途中は雨が激しく降るときもありましたが、松本では雨の気配が無く、曇り空でした。

 せっかく夜の松本駅前に居るので、本拠地へ戻る前に夕食がてら呑んでいくことにしましょう。当初、行こうと思ったお店は残念ながら貸し切り営業中で、通常営業に戻るまで少し時間があります。そこで今夜の先発としては新伊勢町通り沿いにある「摩幌美」さんへ久しぶりに寄ることにしました。

 今日はビールスイッチが入っているので、こちらでもビール(ジョンスミス)でスタート。その後は話題の流れから「タリソー」(タリスカーのソーダ割)をいただきます。

タリソー 摩幌美 店内


 カウンター席には「酒 宗夜」の SOJA さん夫妻がいらっしゃっており、マスター(酋長)を交えて楽しく歓談。キシリトールの本場お土産なども頂戴しました。

キシリトール 摩幌美 外観





 続いて中継ぎとして向かったのは、同じ新伊勢町通り沿いにある Beer Garage「ガネーシャ」(松本経済新聞より)さん。先ほどまでの貸し切り営業を終え、大急ぎで通常営業に戻したそうです。

 早速、生ビールの「志賀高原ビール」(玉村本店)の季節限定もの「ウィートエール」を経由して、おすすめと言われた「エーデルワイス・スノーフレッシュ」を美味しくいただきました。

志賀高原ビール・ウィートエール エーデルワイス・スノーフレッシュ


 一方、フードは何故か揚げ物モード。がっつりと「BBQチリポテト」や「油淋鶏(ユーリンチー)」をオーダーです。

BBQチリポテト 油淋鶏


 当初は空いていた店内も、徐々にお客様が来店。遅い時間帯が賑わうイメージのあるこのお店にとっては、これからが本番かもしれませんね。

ガネーシャ 店内 ガネーシャ 外観





 今度は同じ駅前で「トラットリア ジラソーレ」さんの2号店としてオープンした「オステリア・ヴァンヴィーノ」(松本経済新聞より関連ブログ)さんへ向かいました。このお店はワインがメインのお店なので、店長 Ma さんのおすすめで白ワインの「モンテベッロ・トレッビアーノ・デル・ルビコーネ」や「オスコ・ビアンコ」をいただきます。

オスコ・ビアンコ Vin Vino 外観


 一方、お料理は黒板メニューの中から「安曇野産有機ルッコラとトマトのサラダ」や「ジャガイモとパンチェッタのオムレツ」をお願いしました。

ルッコラとトマトのサラダ ジャガイモとパンチェッタのオムレツ





 すっかり満腹&酔っ払ったところですが、やはり今夜の呑みの締めはバーへ寄りたいところ。そこで今夜の抑えの切り札として向かったのは、土井尻町(大名町と西堀の間)にある洋酒店「醇」(gooタウンページ関連ブログ)さんです。再びビールモードが復活したのか、軽井沢高原ビール「アイリッシュレッド・エール」(関連サイト)をオーダーした模様。

醇 カウンター 軽井沢高原ビール「アイリッシュレッド・エール」


 その後はモルトへ移行。「春のイチローズモルト」という特集に惹かれたようで、カードシリーズのクラブスから6(9年・クリームシェリーバットフィニッシュ)とJ(15年・米オークシェリーバットフィニッシュ)をいただいたらしいです。

イチローズモルト クラブ6&クラブJ


 こうして楽しく過ごしたところですが、さすがに眠気も強くなってきたので、寝落ちる前に本拠地へ引き揚げることにしたみたいです。

醇 外観 ウェルカムボード





 とか言いつつ、ふらりとコンビニへ立ち寄りって買い出し。

買い出し




トラックバック先:
酒 宗夜:クラフトフェアと洋食厨房、摩幌美のカウンターにて。(2010年5月29日・松本)(2010-06-22)

前回訪問記録:
厨 十兵衛、摩幌美、Chazu・Ya(2009-11-14)
Ganesha、厨 十兵衛、洋酒店 醇(2010-03-21)
OLD ROCK、Osteria Italiano Vin Vino、厨 十兵衛(2010-05-15)
笹のしずく、風林火山、洋酒店 醇(2010-05-08)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Little Delirium | トップ | quatre gats のランチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。