私は我が子を愛せるのか ~産後うつ~

本当に鬱のせいなのか、育児不適合者なのか。

ココロの変化?【Twitter備忘録】

2017-05-17 16:22:42 | 思う事。
時間がないわけではないのに、なかなかPCを立ち上げる事もなく
毎日があっという間に過ぎてしまっています。
そんな中で片手手間でリアルタイムの気持ちをメモするかのように
Twitterで呟き、自分の気持ちを確認したり
黒い気持ちを吐き出して共感してもらったり、と
同じような病気や気持ちの人たちに本当に助けてもらってるなぁと実感。
それで慌てて、Twitter使ってない人にも見てもらったり
自分自身の記録の為にここのブログにも表記されるよう、設定してみました。
↑ブログはかなり不定期ながら、Twitterはかなりブツブツ言っているので(^_^;A


あ、もちろん時間が取れる時には、こうやってブログとして
自分の気持ちを残していきたいなぁとは思っています。


ここ最近の呟きの中で、一番忘れたくないのは父だけに内緒で予定よりも
実家にムスメを連れて帰って来た時のモノ。

『ジイジにだっこをせがみ、そのまま寝かせつけてくれる父の背中が小さく見えた。
 そして空耳でなければ、半分寝てるムスメに
 「生まれてきてありがとうなぁ」って小さく言ってるのが聞こえて
 なんだかとっても嬉しかった。泣きそうなぐらい、嬉しかった。』

『なるべく早く自分達だけでムスメを育てていけるように、ってばかり思って焦ってたけど
 こんな風に思ってくれる人がいるんだもの。
 やっぱり焦らずこれからもどんどん頼っていこう。
 生まれてきて良かったね、とムスメに言えるよ。
 みんなを幸せにしてくれてありがとうとも。』


私は、周りから「ムスメの存在意義」を教えられてるかもしれません。
もし両親が私のようにムスメについてドライな態度を取っていたら
きっと今みたいには思えなかったように思うから。


・・・そう思いつつ、父とはちょいちょいぶつかるんで(汗)
ずっと同じ空間にいると私がイライラして(もしかすると父もイライラしてるかと)
気分が落ち込むっていうことになりうるのが痛いのだけど・・・苦笑
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そしてまた日常。だけどまだ... | トップ | ココロの変化?【Twitter備忘... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まい)
2017-05-17 21:45:28
ミツさんの言う通り、子育ては1人では無理なもので、みんなでするものだと思います‼︎

私は祖母(娘から見た曾祖母)はいるけど、残念ながら両親がいません。
祖母も高齢だから外遊びは難しいし。
この子はお婆ちゃん、お爺ちゃんという機会もないし、早くに孫ポジションを失うんだと思うと可哀想です。
よく母、娘、孫三世代で歩いてるの見ると、ちょっと寂しい。
育児でイライラしても祖母の時代の戦時中の子育てじゃ為にならないし。
ミツさんも娘さんもとてもたくさんの人に愛されて羨ましい。
欲しいと思っても手に入れられる物じゃないし。
その大事な時間、大切に過ごしてください(^ ^)
はじめまして、まいさん。 (ミツ)
2017-05-17 22:27:14
コメントありがとうございます^^
そうですよね、私は恵まれた環境にいますよね。
頼れる人がいる。何かあれば飛んでくから、と言ってくれる人がいる。
こんな単純な事にやっと気付けた気がします。
こんな自分を「羨ましい」と思ってくれる人がいるなんて思いもしませんでした・・・。

まいさんの周りにはお友達や誰か頼れる人はいますか?
ホント、沢山の人と一緒に育児ってしてくものですよね!
温かい言葉、本当にありがとうございました(*'-'*)
 (ぺこ)
2017-05-18 08:23:42
先日はお返事ありがとうございました。
最近のブログの内容を見ていると、娘さんへの思いが感じられます。
だから、最初の頃、ミツさんが娘さんを可愛いと思えなかったのは、やっぱり病気が原因だったのだろうな、と第三者から見ると感じます。
きっとこれから、どんどん可愛いと思えるようになっていきますよ☆

私は、先日のコメントにも書いた通り、可愛いと思えるけど、それよりも夫婦二人の生活に戻りたい気持ちが勝っている感じです。今、子供のいる生活といない生活どっちを選ぶか、と聞かれたらいない生活を選びます。
こんな風に思うことってありますか?
ぺこさん。 (ミツ)
2017-05-18 17:47:24
またもコメントありがとうございます^^

えーと・・・ここなので本音書きますね。
もし皆の記憶からムスメの事を全て消せるとしたら
まだいない世界に戻りたいなぁと思う時の方が多いかもです・・・。
それでもそういう事は絶対に出来ないと分かってるし
何よりも私を差し置いてもオット、オットの両親、
私の両親他がムスメをとにかく愛していることを
肌で感じてしまっているので、もう自分が受け入れるしか無いんだなと思ってるだけで。
ムスメが生まれてきてくれた事で
気付いた事も確かにあるんですよね。
自分の親が言葉にしないまでも孫に会いたがってた事、
そして今回こうやって生まれてきてくれて
その存在をとにかく愛おしく感じてくれている事。
・・・私が、というよりは周りから必要とされてる存在なんだな、という感じでしょうか。
逆を言ってしまえばそういう存在がいなければ
迷う事無くムスメのいない世界を選んでる気がする、とも言えます(現段階では、ですが)
なんかちょっと質問とズレた答えになってしまってるかもですが、スミマセン。
お返事ありがとうございます (ぺこ)
2017-05-19 10:10:10
全然質問とずれた答えじゃないです!
むしろ、こんな質問に丁寧に答えていただいて嬉しいです。

子供を全く可愛いと思えないのも辛いとは思うんですが、可愛いという気持ちと、いない方が良かったな、の気持ちが同居してるのも、なかなか辛いなぁと思っていて…
これが自分の本音なんだなぁと思わされるというか…色んな負の感情を病気のせいだと思おうとしても、自分の答えはこれなんだ、と再認識させられる感じです。
先日言っていただいたように、諦めて現状を受け入れて、慣れるしかないのは頭ではわかっていますが、なかなか心が追い付きませんね(^-^;
心が追いついてくるのをゆっくり待つしかないんでしょうね。

あと、先日のコメントでミツさんが子供を可愛いと思えなかったのは、病気が原因だったのだろうな、みたいなことを書いてしまいましたが、何か失礼な言い方だったかな、と思って、気を悪くされてたらすみません。性格が原因じゃないかと思ってしまうことの辛さは自分も感じているので…

長々と書いてしまいましたが、ミツさんのブログとお返事にとても救われています☆ほんとうにありがとうございます。
ぺこさん。 (ミツ)
2017-05-22 17:53:40
こちらこそ丁寧な返信ありがとうございます^^
ぺこさんはお子さんを可愛いと思える時あるんですね!
私はしばらくなかったので、逆に羨ましいかもです。
可愛いと思えれば、もう少し早く一緒に暮らせたかもしれない、とか
そういうふうに思えるから。

私はぺこさんの言うとおり、病気のせい、
プラス性格もやっぱり関係してるかもなぁと今も思ってますよ?
病気が寛解したって、うちの母みたいに
犠牲愛みたいに無性の愛をムスメにあげられるか、と問われれば
やっぱりNOだろうなぁと思いますしね(^_^;A
結局自分が一番大事、みたいなのが私なんじゃないかな、と。
ムスメを可愛いと思えてきた今だって、
面倒な事は面倒だし、ムスメがいなかったら○○するのになぁとか思うし。

ぺこさんももしかしたら私と一緒なのかもしれませんし、
1年後、私なんか足下にも及ばないぐらい親バカになってるかもしれませんし、
性格が問題だったら、それを飲み込んで付き合っていくだけだし
もし病気のせいだけだったら寛解したら子供が可愛くて仕方ない病になるかもしれません。
ぺこさんの焦る気持ちはめちゃくちゃ分かりますが
(だって私がそうでしたからね)
今はそんな先な事は考えず、ゆっくりいきましょう☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL