10月14日

2016-10-14 | Weblog

ボブ・ディランと言えば、「風に吹かれて」です。これしか知らないのですが…。それだけでも、心に残る歌詞と歌唱に胸を打たれたものです。永遠の記憶に刻まれています。

今年のノーベル文学賞と聞いてびっくりですが、すぐに納得でした。ノーベル財団も、「良い選考をするもんだー」と、改めて感心です。文学は小説のみにあらず、ディランさんは現代の吟遊詩人かも?専門的な知識は持ち合わせていませんが、世界中の多くの人びとの心に残るメッセージを創造してきたと思います。

今後は芸術系も含めて、このような多くの人の心に影響を与え続ける人たちが、ノーベル文学賞に選ばれると良いと思いますねー。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月13日 | トップ | 10月16日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。