HILLCLIMB

力を入れてバイクを造り、力を抜いてバイクで遊ぶ

ブロンプトンのための細いタイヤ

2017-06-23 15:34:18 | Weblog

Joseph Kuosacのブロンプトン用タイヤ、STROZZAPRETI
ブロンプトン・Sタイプに使われるシュワルベ・コジャックより幅が細い(25-349)。


タイヤサイドが薄くて紫外線に弱いコジャックに対して、サイドにもゴムがひいてあるので、そこは大丈夫そう。
箱に表示されている重量は195g、だけど実測では230g。
これはコジャックのワイヤービードモデルの表示とほぼ同じ。ま、コジャックも実測では250gなんだけど。
Sタイプの補修用タイヤにいかがですか?

価格
STROZZAPRETI 2,980円(税別)
専用チューブ(米/仏) 880円(税別)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BROMPTONで集まりましょう(⌒▽⌒)Vol.4

2017-06-14 12:08:27 | Weblog


日時 2017年7月9日(日) 11時〜
場所 広島平和記念公園(付近を予定)

何だかんだで4回目(⌒▽⌒)

BROMPTONで集まりましょう!
集まったら並べちゃいましょう!
並べたら写真撮っちゃいましょう!

ただそれだけのゆる〜いイベントです
自走でも輪行でも車載でもご自由に
BROMPTONならそれもアリかと

参加条件はBROMPTON
お持ちの方、興味のある方、冷やかし可(笑)
年齢・性別・職業・ツベルクリン反応・郵便番号・その他如何問いません

※集合場所、時間は変更される場合があります

※必須ではありませんが人数把握のためなるべく参加表明して頂けると幸せです

※詳しくはBROMPTONで集まりましょう(⌒▽⌒)Vol.4
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ディスクキャリパーのオーバーホール

2017-06-07 17:10:52 | Weblog

キャリパーピストンが固着して、リアブレーキがロックしているGT。



固着したピストンをはずすには、まずキャリパーを分解。
オイルラインの片側の穴を指で押さえて、反対側の穴からエアーを吹き付けるとピストンが飛び出てくる。
この時、ピストンが勢い良くどこかに飛んで行かないように気をつけて。
ゴムシールにシリコングリスを塗り、ピストンを馴染ませながら挿入する。
キャリパーを元通りに組み立てて、フルードを入れ替えれば完成。


キャリパーの構成部品は、これとディスクパッドだけ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お客さんの普段の足は?

2017-06-06 18:35:05 | Weblog
SWMというメーカーの125cc スーパーモタード。
発売されたばかりで、今のところ広島にあるのはこの1台だけ!

ま、販売元のデスモ広島の奥さんのなので、最初の1台目に乗っていても納得。



こちらは昨年マツダに就職した元市工自転車部員。

FCに乗って来た。愛社精神たっぷりで素晴らしい。

カッコいい・・・けど燃費は3Km/L・・・・これはアカン。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TTバイクのサイズ調整

2017-05-29 19:08:34 | Weblog
谷選手(ヴィクトワール広島)のタイムトライアルバイクのTTバーとサドルの位置をUCI規則に沿うように調整することになった。


サドルの調整は簡単。ハンドルもサクサクッと位置を合わせて終了。
と思ったら、TTバーを規定値に合わせて後ろにずらすと、TTバーの下にあるシフトケーブル取り出し穴が、ちょうどクランプ部分にかかってしまう。
問題の取り出し穴を通っている元のシフトケーブルを抜いて、バーエンドからケーブルを取り出せるように変更しないとダメだ。
結構大掛かりな作業になりそう・・・・・



一般作業の間に少しずつ、TTバーをカットしたりケーブルの入れ替えとシフト調整、ついでにブレーキ調整をしていたら、丸一日かかってしまった。




UCIのタイムトライアルバイク規定値は以下のようになっています。
サドル先端とボトムブラケット軸中心間の距離は、50mm以上でなければならない。
ボトムブラケット軸中心からハンドルバー先端(シフトレバーが付いている場合はその先端)までの距離は、750mmを越えてはならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まちづくりだよ!自転車でGO!

2017-05-27 17:07:56 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のHILLCLIMB

2017-05-24 17:41:53 | Weblog
傷だらけだったアルミフレームが、焼き付け塗装されて新品のようになって戻って来た。



クルマと同じ色にすれば、タッチアップペイントの入手が簡単だから、という理由で指定色はニューミニのボディカラーと同じ、ブリティッシュレーシンググリーンメタリック。



しかし心配しなくても、HILLCLIMBでお願いしている塗装屋さんは、塗装を頼むと小缶に入った予備塗料を付けてくれるのだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BROMPTONで集まりました

2017-05-14 18:25:36 | Weblog
開店時間を遅らせて「BROMPTONで集まりましょう Vol.3」に初参加させていただいた。



11時からということだったので、ピッタリ11時に平和公園に到着した。
すでにみなさんお揃いで、ブロンプトンは撮影用にきれいに並べてあり、スペースを空けてHILLCLIMB号も混ぜていただいた。



平和公園にブロンプトンを並べておしゃべりするだけという、ゆるゆるで気楽な「BROMPTONで集まりましょう」。
基本的に2ヶ月に一度開催されるということなので、ブロンプトンオーナーさんは参加してみては?



珍しいtikitと、そのオーナーさんも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

源田真也選手

2017-05-13 17:44:33 | Weblog
ヴィクトワール広島の斉藤選手と大阪産業大学2年生の源田真也選手


ヴィクトワールからスポットでツールド熊野にエントリーする源田選手
今日はヴィクトワールと合同練習した後で、BB交換に来店してくれた。
活躍を期待しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DOGMA F100 ジロ・デ・イタリア100回記念モデル

2017-05-10 17:19:56 | Weblog


DOGMA F100 ジロ・デ・イタリア100回記念モデル発売のお知らせ


現在イタリアで開催されているグランツールの一つであるジロ・デ・イタリアが第100回目を迎えたことを祝って、ピナレロはDOGMA F10の記念カラーを発売致します。
通常のF10ロゴが100回記念を表すF100に変更され、その他ワンポイントのロゴもマリアローザをイメージしたピンクカラーになっています。
発表以来多くの反響を頂いているDOGMA F10の誕生の年にぴったりな記念モデルです。



DOGMA  F100 Giro d’Italia
カラー:914 Giro d’Italia
サイズ:42/44/46.5/47/50/51.5/53/54/55/56/57.5/59.5/62(C-C)
定価:フレームセット 697,000円(税抜)
エアロヘッドセット・シートポスト付属
7月下旬頃より順次入荷予定

※写真はサンプルの為、デザインは変更される場合があります。
※為替相場等の事情により価格が変更される場合があります。
※限定生産ではありませんが、予告なく受注を終了する事があります。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加