韓国の居丈高は誤った歴史認識に起因 (2015-05-28)

2017-05-18 16:29:05 | Weblog

 調べました。週刊朝日(1971年「街道を行く」) / NHKスペシャル(2002年「日本人はるかな旅」)。 いずれも、日本人のルーツを、半島乃至シナと決め付け! NHK朝日のGHQ/WGIP走狗ぶりが遺憾なく発揮されており、うんざり。

 韓国を教え導いてきたのは、太古の昔からわが国でした。それを日本潰しに躍起のヴ派ヴ翼のイヌは、否定しまくり、われわれのルーツまで大陸・半島としてしまいました。まさに売国奴といわざるをえません。較正炭素14年代測定法による暦年較正曲線は、日本の土器が、世界最古であることを証明しました。ときに1万6千年前。漆器の製作もまた9千年まえ。これは、シナより2千年も早く、とうじ人のいなかった半島との比較などするまでもありません。弥生期にシナや半島からの渡来人が、そのごの日本形成の礎となった。こんなでたらめも、ことごとく科学的に論破されました。かれら先進文化の担い手は、わが国に水稲栽培を伝え教えて国を根底から変えた、といった戯言も嗤うしかありません。わが国では、BC10世紀頃すでに大規模灌漑施設をもった水稲栽培がおこなわれており、その周辺には環濠集落すら形成されていました。勿論、オカボはそれより遥か以前から栽培されていました。

 司馬遼太郎や山本七平といった碩学すら、縄文時代は狩猟採集時代・弥生期になってはじめて農業をしった、といった妄言を弄しているのですから、歴史認識においては、イヌに影響されたこと疑いありません。しかしじじつは、全くあべこべであること、科学的に論証されています。炭素14年代測定法・分子人類学やDNA考古学・系統言語学・比較言語学etc.に拠り、ウソ塗れのファクタディクタの虚言虚構は完膚なきまでに破砕されました。お犬様も、どうぞ之をご確認ください。そしていくらイヌとはいえ、国や国民を貶めてそれほど嬉しいのか、そろそろ自らの不明と恥をしってよいころではありませんか。

 1万数千年におよぶわが国の歴史をウソで塗りたくり、淳風美俗を否定しまくって、かのくにに要らぬ塩をおくるイヌの責任はきわめて重い。それは、無い強制連行をあるかに書きたて、国々民の名誉を毀損し尽してきた朝日に象徴されていることどなたもお認めになられるでしょう。それでなくてもウソつき民族の国家である、かの国は増長しきって、とどまるをしりません。あの居丈高は、誤った歴史認識に起因しますが、それについては、我国のイヌどもの貢献度も与って大、といえましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウソ塗れの医療と戦後レジー... | トップ | 対認知症用社会的出費 (2015-... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。