「安倍総裁をオルグ」へよせられた反論 (2015-06-10)

2017-05-19 14:39:20 | Weblog

 前回のブログに賜った反論をご紹介させていただきます。「政治的オルグに前例があるか」には、ありすぎる程ある、というのがそれです。

 志位委員長の”オルグ”なんて、可愛いものだ。政党間の離合集散は、いやというほどみてきているではないか。社会党の村山富市氏が、自民党に篭絡されていわば社会党政権がたんじょうしたのは、その典型では?

 なるほど、安倍自民党総裁に対し、志位委員長がポツダム宣言「世界征服」条項を容認せよとせまったのは、WGIPの走狗によるイヌ化の誘いゆえ、もし安倍総裁がこれにのっていれば、社会党自民党野合をはるかに凌ぐ、共産党自民党合体の契機となったかもしれないなアというわけですね。

 朝日NHK社共など左派左翼は、その実、地位金銭etc.利に聡く転びやすい。その醜悪さから、「左」は、訓読みされて、「ヴ」となったのですが、まさか、自共一体なんて想像もできませんでした。ともかく、公党間オルグは、「あり」ということです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍総裁をオルグ (2015-06-08) | トップ | 医療改革のベクトル (2015-06... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。