同じ土俵 (2008-09-24 )

2017-05-14 13:54:07 | Weblog

 前回の、同じ選挙区での全党首による選挙戦構想は、まず実現しないでしょう。それは、政治の表舞台から消される可能性が大だからです。とくに「古典的反対政党」の党首は、政治の実践力0%が証されて、再起不能となりかねません。進歩革新を標榜する人物や政党にかぎって、とってつけた理由で、その実、自己改革を頑なに拒む。これ、進歩革新を声高にさけぶものに要注意とするゆえんです。

 最前から、当ブログでは、治療器AMTと東大慶大等の有名教授・その他有名病院の有名先生・有名会社の有名薬品や有名治療器とを、競争治療させるよう提案してきました。「治す」部門ばかりでなく、「副作用」部門もふくめ、AMTの圧勝は、既定の事実といってもよいでしょう。それは、80年の歴史が証しているからです。
 しかし、党首同士の選挙戦を、実際政治の非力を自覚する泡沫政党から忌避されるのが必至であるように、実効性にとぼしい、"名だけ"の医薬からは歓迎されないでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 党首同士の同一選挙区選挙戦 ... | トップ | サイパンでのサイバン (2008-... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。