「左」に淫する日弁連 (2)

2017-07-06 22:59:31 | Weblog

② 財産の私有
 「左」共産主義国最大の特徴は、私有財産制の否認です。私有財産制を必須とし、同制度の下でしか成立たず機能しないのが、資本主義です。したがって、資本主義の カウンターism 共産主義が、財産の私有をみとめては、もはや共産主義ではありません。ism の回天です。

 私有財産制と共産主義は二律背反ゆえ、「左」向き日弁連は、またまた憲法問題にぶつかってしまいました。日本国憲法は私有財産制をとる旨、明記しているからです。日弁連は護憲。この護憲派が、「左」に与するには、29条を改正しなければなりません。でも、言っているのは改憲はんたい! 要するに、他の護憲組同様、言うこと為すこと目指すこと、すべて帰一せず、オバマ前大統領に嗤われた"trust me"君のようなものでしょうか。

 そこな君・日弁連に、あえて認識して戴きたい一事。それは、私有財産制の米と非私有財産制のソ連間でたたかわされた”冷戦”の勝者は、前者であったということです。これは、私有財産制の容否が、世界を二分した、冷戦の勝敗を岐けたということにほかなりません。

 

③ 思想表現報道の自由
 これらは、旧ソ連圏各国・現Qバ中北いずれの共産国家にも、無い・クスリにしたくも有りません! そこにあるのは、制限弾圧統制と存廃の廃であり、粛清投獄死に至る強制労働です。

 共産政権は、独裁専制全体主義政権ゆえ、標記の諸自由が認められるはずがありません。共産主義と自由主義は水と油で、混じりようがないのです。

 日弁連は、中Qバ北にいき、「自由に」ものがいえますか。複数政党制を認めよ・普通選挙制を布け・思想表現報道の自由は必須etc.というように。自由横溢するわが国内では、いいたい放題をいい捲っている日弁連も、彼国にいったら、青菜に塩であるのは、想像に難くありません。

 非日本人的日本人に手引きされた、「国連の方から来た」御仁が、「日本政府の言論弾圧」を放言しているのは、笑止千万! 手引氏が、どんなに見苦しい男(女)か窺い知れようというものです。日本の思想表現報道の自由は、”神ってる”・”世界一”といえるほど、その自由の度合いは、きわめて広く大きい。それは、検証すればすぐ確認できるはずです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「左」に淫する日弁連 (1) | トップ | 「左」に淫する日弁連 (3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。