朝日NHK宮沢シューレ日共、あんなもの要らない ⑹

2017-12-06 16:56:13 | Weblog

 4悪の共通項は、日本人ならだれしもが毛嫌いし軽蔑する、嘘吐きや力づく権柄づく、これらをこよなく愛して止まない処にみとめられます。わけても朝日は別格。
 彼らが、フェイクの常習犯であることは、すでに十二分に実証されました。北帰行(北への送還)における、「北は天国」との礼賛・「慰安婦強制連行」の肯定(これは韓国の日本集りに対する側面援助)・めぐみさん等「拉致」の否定。これら、朝日の力づく権柄づくで為つづけてきた代表的ウソの事例だけでも、実質は重大な犯罪ではありませんか。それでいて、己は全く責任をとらず、他の責任はとことん追及して止みません。
 このような類をみない凶状持ちでも、信じる人が少なくないのですね。最近(11月末~12月初にかけて)とくに耳目を集めた事例2。その1、長妻昭議員の「大新聞がそろって誤報しますか」。その2、小西洋之議員の「黒田成彦平戸市長の市は朝日新聞をとらない発言は行政機関による言論弾圧だ」。
 その1では、大臣経験者の国会議員までが、新聞はファクトをつたえ且つ公正公平である、と思い込んでいることを知り、唖然とさせられました。また、その2では、宮沢シューレの悪平等思想に毒された醜悪な姿が、くっきりと浮かび上がりました。いったい新聞購読者に選択権はないのですか。ミソもクソも一緒くたでなければならないのですか。朝日はヴ翼の単なる広報紙であるばかりではなく、フェイク塗れのウソ紙ではありませんか。あれほど国々民を貶めてなお依然カエルの顔にションベン然としています。朝日人(記者編者経営者)はみな、陸(碌)でなし人でなしで、刊行物の朝日新聞また新聞でなし。そう規定せざるをえません。

 また、国会閉会中審査における前愛媛県知事加戸守行証言(H29,7,10)を、翌日の朝日がスルーしたのは、同紙の偏執性と極端な偏向ぶりを如実にあらわしています。同証言は、”加計問題”の核心を衝いており、じっしつてきには、同問題を捏ね上げた朝日の犯罪的行為を炙り出しました。己が非を隠すため、スルーしたのでしょが、新聞の公器性を忘却した読者を欺く同紙らしい一幕ですね。 
 報道されない事実は無い事実、なのです。事実を報道しない新聞社は報道機関ではありません。重要なファクトの報道不作為は、捏造フェイク報道とかわりません。加戸証言無視隠蔽で、朝日は非報道機関であることを、自らゲロったのでした。

 上記2議員の発言だけとっても、朝日嘘吐大明神信仰の盲目ぶりには、空恐ろしさを禁じえません。国会議員にしてこうなのですから、朝日をしてオピニオン・リーダーと崇めてきた、その購読者の知性資質も、案に相違し、推して測れるほどのものであるのかもしれません。彼らの多くは、心ひそかに知識人を自任してきているはずですが、現実はこの体たらく! 嘘に和し、ゴリ押しに追随。これは既う、ヤクザの組員と肩を並べる程度のものでしかないのでは!?

 購読者のおおくは、垂涎の的である「霞ヶ霧ゴルフクラブに入る」・財閥と「姻戚になる」等と同じような、アッパー志向ブランド志向で、朝日をとり始めたのでしょう。一時、大学教員の7割方が同紙を読んでいたといわれるのは、同志向が購読の主たる誘因だったことを窺わせています。
 しかし、その実態はあまりにも無残。朝日は虚報誤報の旗頭でした。名門「霞ヶ霧ゴルフ・クラブ」で、賭ゴルフや会員間の酒池肉林パーテイ定期開催等が発覚し、会員は右往左往。朝日崩壊のスパイラルが、この図と瓜二つでなければ幸いです。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日NHK宮沢シューレ日共、あんな... | トップ | 朝日NHK宮沢シューレ日共、あんな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事