安倍総裁をオルグ (2015-06-08)

2017-05-19 14:19:15 | Weblog

 朝日NHK等のマスコミ、日共と傘下の労組。みな一様に、終戦によるわが国最大の利得者でした。その恵沢をもたらしたのはGHQですから、世のならいどおり、かれらは代償としてイヌに身を窶さざるをえなかったというわけです。

 GHQを解放軍と仰いだ、朝日日放(NHK)日共の”三日トリオ”は、そのごの70年を正月三ケ日も同然に、ご馳走尽くめで過ごせました。イヌの至福や想うべし。小犬仕官を熱望するそのた大勢も、GHQの戦前派パージが反射的効果をもたらし、お相伴にありつけました。ただかれらは早速に、GHQ製の新憲法に拠って、各種労働争議を頻発させる等の日本はかい活動に駆出されました。たとえば、日教組は国旗に向背・国歌に緘口。これに納得する児童生徒はおらず、目腐るとばかりに「セン公ワン公ウン公」の大合唱。それでも、イヌころどもは、生来の貧しき心性を覆い隠しきれず、一つ覚えの「思想の自由」を正当化事由として、いまに至っています。官公労のサボタージュ・国労動労私鉄各労組によるストの連発また、WGIPのシナリオ通り。GHQは、宛ら犬公方だったのです。
 ひきかえ、国家国民は、政治経済社会歴史文化教育など、生活の万般にわたって不利益迷惑不名誉を蒙りつづけてきました。いまもってその回復はしていません。

 もしマッカーサーが、OSSの非にきづかずWGIP政策を軌道修正せずに 大統領令を墨守し猛進していたら、日共の暴力革命は成功し、いまごろ日本は極東の”北”になっていたことでしょう。信長秀吉がバテレンの醜く狡賢い野心魂胆に気付かず、封じ込めていなかったら、そのごの日本は阿 米 亜とおなじ運命を辿っていたかもしれません。この点、マッカーサーは信長秀吉どうよう賢明でした。かれの日本理解の道程をしりたいものです。バテレンやOSSの日本人細胞・国内のイヌ等ヴ派ヴ翼反日勢力とは、心性を異にすること疑いありません。昨年来、うそ捏造トリッキィー朝日ばかりが売国奴として槍玉に挙げられていますが、そこに寄生する同類また同列とみるべきです。

 志位委員長のポツダム宣言奉戴は、イヌの自認とその正当化宣言といえます。それゆえ、安倍総裁に同宣言「世界征服」の条の容認をせまったのは、とりもなおさず、安倍首相あなたもイヌになれ、とのオルグにほかなりません。公党の党首間での政治的オルグ! 前例がありますか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 志位委員長の犬道一路 (2015-... | トップ | 「安倍総裁をオルグ」へよせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。