党首同士の同一選挙区選挙戦 (2008-09-22 )

2017-05-14 13:43:51 | Weblog

 お彼岸中に、民主・自民両党の党首が決定。以前から、公明党太田党首の地盤東京12区へ、小沢民主党党首の落下傘立候補が、とり沙汰されていたところへ、麻生陣営から、小沢・麻生の一騎打ちを同じ選挙区でやろうの挑戦状! 

 これは面白い。はなしを発展させて、籤引きで選挙区をきめ、そこで、全党首が雌雄を決してはどうですか。大統領型選挙になるが、国民の意思が、立法権行政権双方に直接間接に反映されるメリットを得られましょう。また、各党の幹事長クラスでも、同様の手法を採ってはどうですか。議院内閣制の改良に資するのではありませんか。

 「10月26日選挙」という朝日のトップ記事に「解散権は朝日新聞にあるのか」という麻生新総裁の"紙爆弾"批判は、近時のマスコミによる政治主導に引導を渡したと思いたい。私たち国民も、もっとメディア批判力をつけねば!
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社保庁は八百長一家(2008-09-19) | トップ | 同じ土俵 (2008-09-24 ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。