朝鮮人参的朝鮮人

2017-06-19 17:51:46 | Weblog

 BC2千年以降は、縄文人と北方民族との共生がつずき、古墳期ごろまでには、縄文人は半島から姿を消したようです。ただ、共生期間中、新羅や百済の王朝づくりにかかわるなど、文化文物ばかりでなく 国づくりにも与っており、王位に就いていた者もいたようで、それがわが国の天皇家百済説に繋っているのかもしれません。しかし ことは真逆で、皇族の何人かが、両王朝に入ったとかんがえるべきでしょう。民度や経済力そして和語が共通語であったことから推しても、それは単なる当てずっぽうではないはずです。

 ここで改めて想い致すのは、縄文人のDNAです。植民地解放を一大目的とした大東亜戦争の挫折・終戦後も、インドネシアでは、1千人余の日本兵が現地にのこって、現地人と共闘し、独立に貢献しました。また、同戦争のけっか、東南アジア諸国が一斉に独立を果たしました。これらの事実は、他人につくす・協力するといった縄文人のDNAが、現代にも承継がれている、そのなによりの証左ではないでしょうか。

 引き換え、朝鮮人にはそれがみられません。我欲一点張りは、韓国経済の財閥寡占支配に、絵を描いたように顕現しています。技術や情報を盗む真似る、嘘をつく誤魔化す平気で違約する、これらは、あらゆるジャンルでみられ、その姿は、あの朝鮮人参の捻じ曲がった蛸足擬きグロテスクに絡みあう根っこがシンボライズしている、そのようには映りませんか。

 BC5千年(それ以前の半島は無人の地)から BC2千年迄の、3千年間の半島は 縄文人の地。BC2千年以降 2千年間は、北方民族と縄文人の共生の地。彼我のY染色体DNAが異質とされる科学的根拠から、Y染色体DNAの完全置換は、ほぼこの間になさたとみて可いでしょう。
 事大主義・我利々々亡者・反公共反信義・血縁ファーストは、半島が北方民族Y染色体DNAで支配された由縁を雄弁にもの語っています。それは同時に半島からの縄文人退去消滅を意味し、朝鮮人参的朝鮮人は、縄文人の末裔ではなく、北方民族のそれで、日本本土の文化文物も、縄文人のDNAの継承者が進化発展させてきた、そうみて大過ないでしょう。
 弥生期に、半島人が大挙渡来し、半島の高度な文化文物を「伝え教えた」などといった荒唐無稽説を信じこまされてきた我々は、まさにオレオレ詐欺の犠牲者です。その詐話にのって、捩れ朝鮮人参根っこに絡めとられ、無用のコンプレックスに苛まれ続けてきました。吉田清治と朝日の慰安婦詐話に、32年間もだまされてきたのと、毫も違わないではありませんか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日韓とりかへばや物語 | トップ | Kの「歴史」は、「政治」show... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。