gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

爆笑問題

2010-03-01 22:57:44 | 日記
爆笑問題(ばくしょうもんだい)は、太田光と田中裕二の二人から成る日本のお笑いコンビ。所属事務所はタイタン。略称は爆笑、爆問など。メンバー太田光(おおた ひかり、ボケ担当、サブリーダー)田中裕二(たなか ゆうじ、ツッコミ担当、名目上のリーダー)芸歴日本大学藝術学部在学中に出会い、中退後の1988年3月に結成。太田は大東文化大学第一高等学校から現役で日本大学藝術学部に合格。渡辺正行主催のラ・ママ新人コント大会でデビュー。その場で太田プロにスカウトされる。ホンジャマカ、浅草キッド等と共に「お笑い第三世代と第四世代の狭間の世代の代表」と言われる。1988年7月に『笑いの殿堂』でテレビデビュー。以降順調にレギュラーを増やし、若手芸人のホープとなる。ショートコント全盛の時代に、「生徒指導室」「東京の不動産屋」などの作り込まれたコントで注目を集めるが、次第に漫才を主体とするようになる。太田の毒に満ちたボケと田中のストレートなツッコミという正統的漫才で人気を集めた。1990年に太田プロから独立。しかし、この独立は一方的に辞める形だったため、太田プロの怒りを買うことになり、一時的に仕事がなくなりテレビからも姿を消す。いわゆる干された状態だった。辞めた理由については、自分達のやりたい仕事がしたかったから、人気者となった二人を当時の担当マネージャーが唆した、など諸説あるが、このことについて自ら話したりネタにすることはなく、周りもその話題に触れることはない(2009年にさんまのまんまに出演の際、明石家さんまに「もう一度地獄見せたろか!」と脅された)。太田はこのことについて、当時は面白ければ仕事がなくなることはないだろうと思っていたと語っている。この時期は、田中は主にコンビニのアルバイトで、太田は妻・太田光代のパチンコやパチスロでの稼ぎで生計を立てていた。太田は暗算が非常に苦手で、レジのバイトをすると客から苦情を言われないようにと釣銭を多く渡す等、まともにアルバイトせず家に引き篭ってファミコン漬けの日々だった。また、田中が売れ残ったコンビニ弁当を届ける際にも顔を出さなかった。一方、田中はこのまま社員にならないかと声をかけられるほどの仕事ぶりであった。しかし3年間全く仕事がなかった訳ではなく、オムニバスドラマ番組『悪いこと』では脚本(太田)・出演(太田、田中)、オムニバス映画『バカヤロー!4』

<陸山会土地購入>大久保秘書、虚偽記載関与認める供述(毎日新聞)
「自殺サイト知り合った」鎌倉で男女3人の遺体発見 練炭自殺か(産経新聞)
流氷 網走で接岸初日 昨年より11日早く(毎日新聞)
捜査員を香港へ派遣 銀座の時計窃盗で警視庁(産経新聞)
インサイダー認める 元プルデンシャル生命社員ら(産経新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1等陸佐発言「ふさわしくな... | トップ | 難治性疾患対策の検討チーム... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。